桃の節句  2015.3.3

桃の節句、雛祭りの日です。
あいにくと寒くて、曇り空、時々ぱらぱらと降っています。
私の実家では、というより大阪では、雛祭りを4月3日にします。
暖かくなっているし、春休みというのが何よりです。

子供のころは、お雛様を飾るのがとてもうれしかったので、
いまだに5人囃子や右大臣、左大臣の顔を覚えています。
お友達を呼んで、大勢でにぎやかにちらし寿司などを
戴きました。母は、いつもたくさんのお料理をしてくれました。
この歳になって、母の心遣いがよくわかります。

母の命日は3月4日です。
きのう、妹達と北御堂にお参りに行ってきました。
平成3年でしたから、もう24年の歳月が流れました。
北御堂の大きな本堂で、お坊さんは
「仏説阿弥陀経」をあげてくださいました。

私たち姉妹も近頃は、寄る年波で老いの実感を味わっています。
でも、みんなは、この世を去っても、両親のそばにいけると思って
安心しているのではないでしょうか。
親の光はいつまでも私たちを包んでくれるのです。

今日は、息子と二人。晩御飯はふつうの、魚の煮つけにお豆腐。
それと野菜の炒めものです。
来月の3日には、おいしいお寿司を作るつもりです。


by hekiku | 2015-03-03 18:16

鶯の声を 聞きつるあしたより 春の心に なりにけるかも 良寛


by hekiku
プロフィールを見る