作る幸せ  2015.3.24

昨日に続いて、今日も寒い。
春の気配濃厚で、日照時間もうんと長くなったので、
うきうきしていたら、真冬のように寒い。
冬物のコートをまた着なおして戸外へ。

暖かかったり、寒かったりの季節の変わり目、
こうして季節は運ばれてくるのですね。

平凡な日々の中で、今日は食事拵えをしながら、つくづく
考えました。この食事を作る幸せを。

おいしいものを作る幸せ。食べる幸せ。
当たり前のようですが、いえ、いえ。当たり前ではない。
私は、外食より家庭料理がいいのです。なぜなら、外食で
おいしいと思うことはあまり無いのです。

私はどちらかというと、味覚に敏感なものですから、妥協できないのです。
「やっぱり家がいい」となります。

歳とともに面倒になってきましたし、しんどい。
でも、おいしいものはどこにある。ない。
だったら、手間でもわが家で作ったものを食べよう。
そこに落ち着きました。
だったら、それを作れることはどんなに幸せなことか。

今日の夕飯は、鮭とマーボー豆腐と蕗の煮つけの三品を作りました。
蕗には、旬の生わかめとちくわを入れて煮つけました。
蕗は昨日に茹でて晒しておきました。
手間がかかったぶん、とてもおいしくできました。

料理好きだから、作っている時は無我夢中。
一刻、一刻のわが命。
一生懸命になれる幸せ。
今日は、それを実感しました。




by hekiku | 2015-03-24 20:52

鶯の声を 聞きつるあしたより 春の心に なりにけるかも 良寛


by hekiku
プロフィールを見る