小春日和  2015.11.11

11月11日は1が4つ並ぶので、ポッキー、プリッツの日とか
靴下の日とか鮭の日とか、いろいろイメージから記念日とされています。

穏やかで晴れた日、晩秋の温暖な日を小春日和といいます。
春のようなということでしょうか。
今日はリハビリデイサービスで散歩の日となっています。
近くの、二見公園に行って紅葉した木々を楽しんでまいりました。

押し葉にしたいと、ハゼやサクラの葉っぱを拾いました。
ハゼは南京櫨と言って、葉が落ちた後に白い実がパーッとはじけて、
青い空に白い実が輝くのです。
とても美しい。まだもう少し先のことになります。
大きな木ですから、碧い空によく映えるのです。
11月の終わりころかな。

柔らかい日差しを浴びて、ベンチに座っていると、これぞ極楽浄土と
いう感じ。
一本の木で、緑と黄色と赤い葉っぱでコントラストの美しいのがありました。
自然の運営に驚嘆するばかりです。ゆっくりと心ゆくばかり味わせて
いただきました。

もう、ひと月もすれば、師走の冷たい風が吹いているかもわかりません。
そして一年が終わります。
来年もまた、ハゼの木を見ることが出来るかしらと、話し合いました。
日本の国なればこそ、四季を味わえるのですから、幸せなことです。
寒くなるという予報でしたが、温暖な日でした。

人生と同じですね。
照る日もあれば、曇る日もある。
どんな時も受け取る心のありかたですね。

by hekiku | 2015-11-11 20:13

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る