晩秋雑感  2015.11.15

今日も雨もよい。
晩秋のこの季節、静かに木の葉のみはらはらと落ちる。

暗きより 暗き道にぞ 入りぬべき
はるかに照らせ 山の端の月   (和泉式部)

日に日に秋は深まります。物思いにふけっていたら、
パリでテロの事件がありました。
たくさんの犠牲者を出して、こんな戦いが都心のど真ん中で
起こされるとは。
我が国も安閑としていられません。何が起こるかわかりません。

この戦いは宗教戦争ではないといいます。
私は根底には、弱肉強食があると思っています。
イラクはフセイン大統領のとき、ムチャクチャにやられました。
核兵器を持っていると疑われて。結局はノーでしたが。

イラクはひどい目に遭いました。
欧米諸国の強い国は、何かしら正義派ぶって、よその国を
潰してしまうのです。傲慢無礼者ですね。
これは弱いからやられるのですが、
よその国に介入し過ぎです。

こんな戦いは終わることはありません。
自国の利益のためには他を顧みることをしないのです。
一寸の虫にも五分の魂というではありませんか。

一般市民が、大きな被害を受けるのです。
弱肉強食をやめようといっても、人間にある原罪です。
皆その心を持っているのです。

人間って、罪が深いものですね。






by hekiku | 2015-11-15 08:54

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る