今日は冬至 2016.12.21

一年中でいちばん日中が短い日です。
私は毎朝6時に起床して、廊下を歩いて階段を下りて、
1階のキッチンに入ります。

今朝は真っ暗、照明をつけていきます。
もう半月ほど前から、真っ暗がつづいています。
さあー、これからは少しづつ明るくなるんだ。と
希望が湧いてきます。

昨日は娘と、梅田にお買い物。
私の欲しかった腕時計を見に行きました。
が、私が目をつけていたものが無いのです。
大丸の時計売り場のセイコウのお店で、しっかり見ておいたのに。

無い、ない、ナイ?
一か月前に100パーセントお気に入りのものがあったのに。
その時、買っておくべきだった。残念至極。

色々見せてもらったが、もう妥協するしかない。
予算オーバーだったけれど、ピンクゴールドのものを選んだ。

これで思い出したことがある。京都法然院の墓地で
河上肇先生のお墓を見つけられなかったこと。
何度も行っているのに、何故かわからなくなって、
とうとう見つけられなかったことを。

思いもよらぬことがある。何故かわからない?
これが「年老いた」ことなのか。
娘は「時計の記号をメモしておくとよかったね」という。

記録、メモ、は大事なこと。
思い違い、感覚の変化などに対処するために、しっかりメモをして
おこうと思う。

大体私は、感情で動いている人間だから、こんなミスがある。
怜悧に、落ち着いて、行動しなければ。

by hekiku | 2016-12-21 08:51

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る