5時46分 2017.1.17.

阪神大震災から22年の日が経ちました。
テレビで追悼会の模様を見ながら、5時46分に黙祷を
しました。亡くなった人を思い出しながら。
Oさん夫婦、K先生夫婦、Hさん、A子ちゃん、Yさん、
Nさんのお孫さん二人。

我が家も全壊のシールを張られましたが、「命があるだけで
よい」と思いましたからそれで納得した胸の内です。
被災の大きい人のためにと、民生委員をしていたのでお手伝いを
させていただきました。

こんな災害は、理不尽極まりないものです。何故?どうして?
亡くなった人のことを考えても、なんと無茶なことをと胸が痛みます。
これが天の配剤というものか! わからない。

そんなこんなで、物事は年月とともに徐々に治まってきました。
我達も2年後には、新築した家に入ることが出来ました。

日本は火山列島だから、地震に脅かされます。
仕方のないことですが、そのあとの東北の震災、熊本の震災など
心休まることはありません。

で、今は災害のための防備をしっかり考えています。
日本中どこにいても、安全なところはありません。
人間はどこまで防備することが出来るのでしょうか。

きのう、娘が水仙を持ってきてくれました。私の大好きな花です。
香りが漂う中で、暖かい縁側でパステルで描こうか、パソコンで
描こうかと迷っています。今坐っているパソコンの部屋は、
北向きですごく寒いのです。

たくさん用事があるのに、ぼやぼやしてられないわ。と
思いながら、ぼんやりしています。





by hekiku | 2017-01-17 09:15

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る