旧友と会う 2017.1.29

私達が今井凌雪先生の社中で、書道をしていたころ
今から40年ほど前のことになるかしら、20年は猛勉していたから
思い出話は尽きないし、同じ釜の飯を食べていた親密感はなかなかの
もの。

2人が来れなかったので、4人でよく話しました凄く、すごく。
お互い歳がとって弱っているかと思いきや、元気、元気。
体力があるというより、気力が半端じゃない。
しっかりと腹が座っている。
心の持ちようですべては決まる。のではないかと思う。

書道のあり方について、いうことがいっぱい。
マスコミなどに物申したい。
殆どわかってない人が書家のような顔をしている。
書というより、イラストではないか。
古典の臨書などをしっかり勉強しているとは思えない。
中国の古典など臨書するすることがどれだけ大事なことか
勉強してほしいと思う。

昨日今日と出歩いて、主婦業が出来ていない。
まだしばらく忙しいことが続くが、ひとつひとつこなしていこう。
5年以上も会っていなかった旧友と、胸襟を開いての一日
とても楽しかった。



by hekiku | 2017-01-29 20:17

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る