せとか  2017.2.18

「せとか」という柑橘類がこんなに貴重なものとは知らなかった。
平戸市にふるさと納税をしているので、お礼品として送ってきた。

粒はあまり大きいわけではないが重い。形の割には重量感がある。
外の皮は薄くてさっと剥ける。が、中の袋は薄くてとても
剥けるものではない。

輪切りにして、スプーンで食べるか、一口大に切って
食べるのがいいと思う。

友達に少し差し上げたら電話があった。とてもおいしかったと。
「せとか」を調べてみて「清見」と「アンコール」を掛け合わせたものに
「マーコット」を交配させたものとのこと。
日本人はいろいろと研究して、よりよいものを育成する。
とくに果物は新しいものが次々と作り出される。
それを頂けるのだからありがたいですね。
収穫期は2月中旬から3月中旬ぐらいで短いらしいです。

陽射しは、明るく春めいてきましたがまだまだ、寒い。
この季節、私は島崎藤村の千曲川旅情の歌を口ずさむ。
 
 小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ
 緑なすはこべは萌えず 若草もしくによしなし
 白金の衾の岡辺 日に溶けて淡雪流る

 嗚呼古城なにをか語り 岸の波なにをか答う
 過(いに)し世を静かに思え 百年(ももとせ)も昨日のごとし
 千曲川柳霞みて 春浅く水流れたり
 ただひとり岩をめぐりて
 この岸に愁いをつなぐ

ああー、浅間山や千曲川を見に行きたーい。


by hekiku | 2017-02-18 20:29

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る