春色濃厚 2017.3.14

春の気配が濃厚になりました。もうすぐですね。
周りが明るくなったのも、いい気分です。

先日、外出の時のこと、私はキャリーを引いているのですが、
駅の階段を降りるのに、そのキャリーを持って、一段ずつ降りて
いたら、「ああー、持ちますから」と、高校生ぐらいの男の子が
キャリ―と手提げを持ってくれました。

その男の子は下から上がって来て、私の姿を見てすぐ持ってくれたのです。
「ありがとう」その一言しか言えなかったのですが、嬉しくて胸いっぱいですが
それは言葉になりませんでした。
その少し前にスーパーで買い物をして、レジで並ぼうとしたら、
若い男の人が、「どうぞ」と自分の前を譲ってくれたのです。

こんな行動を何のためらいもなくスッ―とできる人が、
いらっしゃるのです。たくさんいらっしゃるのです。きっと。
どんなご家庭で育ったのかしら?
親御さんはどのようにして、立派な教育されたのかしら?

私の子供は、こんな行動をスッとしているかしら?
もしそうしていてくれたら、どんなに嬉しいことでしょう。
孫たちはどうかしら?

いえ、いえ。私はそんな親切な行動がさっとできたかしら、ノー。
手伝ってあげたいと思っても、グズグズしていたでしょう。
行動ができるかが問題ですね。

年寄は年寄なりに、できることがあると思います。
顔施、言辞施。明るいにこやかな顔。やさしい言葉。
私もしっかり心に入れて、実行しなければ。

感謝、感謝のうれしい日でした


by hekiku | 2017-03-14 16:32

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る