九州の豪雨禍 2017.7.11

九州北部の水害はひどいものでした。
流木の多さに驚きます。山間部に雨が降ると流木が
災害を大きくします。

山ぐに日本では、「治山」をもっと考えないと
今後こんな災害は、何べんも起ってくることでしょう。
「治山、治水」を政府は真剣にやって欲しいと思います。

急に真夏日になって、暑くてぐったりしています。
去年頂いた釣りシノブが葉っぱを延ばして大きくなってきました。
もう、終わったと思って冬の間も放っておいたのが、急に芽を出して
元気に広がってきました。
その下には風鈴が釣り下がって、リーンリーーンと鳴っています。

月日は容赦なく過ぎ去っていきます。
歳だからと甘えないで、しっかりと一日を過ごさなくてはと
分かっているのですが、なかなか気力がわかなくて、
歯がゆいものです。

昨夜はお月様がよく見えました。
9日が満月でしたが雲が多くて、見えなかった。
昨日は期待していたわけではないが、きれいなお月さま。
やっぱり満月の下は欠けています。乱視だから仕方がない。
見えるだけでも幸せ。

こんな美しいお月様を見ると、被災地を思います。
まして、ご家族を失われた方の思いはどんなに深いことでしょうか。
平穏な日々が、早く訪れますように。


by hekiku | 2017-07-11 17:38

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る