炎暑 2017.7.22

今朝は明け方にかなりの雨が降ったらしい。
庭のバケツに溜まっている雨水は15センチぐらい。
木々も鉢植えも、十分に水分の洗礼を受けたようで良かった。

ご近所の人に、温度湿度計を買って、エアコンを入れるとか
指示してくれるので、熱中症にならないようにしたらいいですよ
と、教えてくださった。
私はあまりクーラーを使わないようにしてきたから、というのは
我が家は涼しいのと、密閉しての圧迫感がが苦しい。自然の鈴風が欲しい。
などの理由はあるが、高齢になって鈍感になっている部分が多いだろうと
思うので、考えてみようと思う。

高齢者がいつも、体温、血圧、心拍数などが分かるように、腕に着けておく
ものが紹介されていましたが、自分の健康管理がますます過熱してきた
ようです。長生きしても健康でなければと、みんな一生懸命。

私がこの地に住んで62年、それは実に閑静な処であった。
そんな頃からのご近所や知った人は、年月とともに一人また一人と
去って行かれる。自然の理だから仕方がない。
近ごろは、私より若い人の訃報をきく。寂しく、悲しく、空しい気持ち。

私もこの老齢だから、皆さんはお声をかけてくださる。
その気持ちがよく分かって、ありがたさでいっぱいだけれど、
もうそんな歳になったのかという面映ゆさもある。

明るくしっかりと歩んで、皆様のお心づかいに心から感謝しよう。
とても幸せです。

この炎暑の季節、うまく乗り越えられますように。


by hekiku | 2017-07-22 21:12

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る