<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ダウン

もう、2週間になります。風邪でダウンして。
セキがきつくって困っています。これは私の持病みたいなもので、難しい言葉で言えば、「宿痾」のやまいなのです。

いちど風邪を引くと、セキで七転八倒して苦しむだけ苦しまなければ治らないのです。一ヶ月ぐらいはかかります。こんな弱い人はほかに出会ったことはありません。効くといわれることはやってみるのですが、時期がこないと治らないようです。

今回は、こんなになるのに思い当たることがあります。
「ノドが痛い」とかぜの最初の兆候がありながら、石垣島にいったことです。
あったかい所に行くから大丈夫と、軽く考えました。
ところが2泊3日のスケッチ旅行が、3日間ずっと雨だったのです。
休養の日々を送りながら考えるのに、行きたいと思ったらいく。
その自分の欲の深さを思うのです。自分の来し方を考えても、
この「欲」は「意思」とは違うと思うのですが、もう、年をとったのですから
おとなしくすることが、肝要かと思っています。
by hekiku | 2007-01-26 21:56

温暖

温暖な日がつづきます。

倉本 聡さんの文章の中に、「地球温暖化」というのは不謹慎な言葉だ。
温暖とは暖かくて快適ということ。「地球高温化」というべきとだとありました。
北海道の大自然の中にいると「高温化」というのがよく分かるそうです。
私たちには、その機会が少ないといっても、「お正月は暖かだった」と
喜ぶ半面、厳しい寒さを懐かしく思ったりします。
そして、みんなの胸に「こんなんでいいのかしら」と不安がよぎります。

倦むほどの物質と、快適な生活環境に恵まれ、自然までが、
真冬というのに温暖な気候をもたらしてくれると人間はどうなるのでしょう。
感覚が鈍り、霊性を喪失して、ただの動物になってしまうのではないでしょうか。

地球という星が、健全な姿で少しでもながく存続して欲しいものです。
私たちが乗っかっている「星」ですもの。
だれか、地球規模で指導してくれる英雄はいないでしょうか。
by hekiku | 2007-01-11 09:52

2007年元旦

平成19年1月1日元旦の朝を迎えました。
穏やかな天候に恵まれて、静かなお正月独特の雰囲気です。

小さな我が家の庭には、今、赤い山茶花と、白い山茶花がきれいに咲いています。
白いのは、一重で、その透き通るような繊細な花びらを毎朝一ひら二ひら散らしています。
赤いほうは、八重でいつもの年より大輪です。その年その年によって、様子が違います。
でも花は人間に比べて、年々歳々花同じく、歳々年々人同じからずです。

心と体は別物といいますから、今年はしっかり強い心で、弱い体を支えていかなければと、思っています。
by hekiku | 2007-01-01 09:59

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る