<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

暖かくなりました

暖かくなりました。うれしいです。

きのう、友達が、三つ葉とねぎとパセリの苗を持ってきてくれました。
去年もいただいたのですが、失敗してしまいました。
ねぎは種をまいて作ったそうで、まだ針のように細いのです。
それでも、太くなるとのことです。
それで、今年こそは、三つ葉のおひたしができるようにと、思っているのですが。

鉢うえとじか植えのふたつに分けてみました。
ナメクジなどにやられないよう、二階のベランダにも置いてみました。
さあ、今年はサラダにパセリをかけたり、三つ葉のおひたしが食べられるでしょうか?
楽しみです。
by hekiku | 2007-03-30 17:58

この寒さ

ここ数日の寒さはこたえます。
暖冬、暖冬といわれながらそれに慣れていた体は
腹立たしいほど、寒さを感じます。

今日は、久しぶりに、地域の仲良しグループの6人が、
顔を合わすことになりました。皆がそれぞれしゃべっていると
すぐに時間が経ってしまいます。
永い間のつき合いですから、遠慮なく会話が弾むのです。

タテの関係が弱くなった今は、ヨコのつながりを大切にして、
「遠い親戚より......」というわけではないのですが、
地域の人間関係はとくに心したいと思っています。

「4月になれば、どこかへ行こう」と約束して、別れましたが、
忙しいことです。たくさん約束があって。
うれしいことです。お声が多くって。
by hekiku | 2007-03-19 21:11

伊吹山

12日は、「残雪の伊吹山」のスケッチツアーだった。
こちらを出るときは、快晴だったが、湖北に近づくにつれ、
雪が舞い、目的地の三島池では、猛吹雪で足元も
積雪の状態だった。伊吹山は見えず、バスは南下して、
彦根城の周辺を描くことになった。

彦根も、昨夜から雪が降ったとのことで、白い漆喰の壁に
黒い瓦、そのうえに雪が積もって、なかなかのコントラスト
だった。

青い空に雪の伊吹山があり、自分のすわる場所が
安定していること。など好条件ばかりを考える身勝手さが
よくわかりました。

しかし、雪にも出会い、スケッチもできていい旅だったと
思います。「画伯になるわけでないから、自分が描きたい
ところを、思い切って楽しくかくこと」と先生はいつも
そうおしゃいます。

いつも描けないとあきらめる私が、どうにか1枚かきました。
by hekiku | 2007-03-15 11:39

こども

今朝、庭の植木や、鉢植えの草花に水をやっていると、
家の前の道を、若い夫婦と、子供4人がにぎやかにやってきた。

一番上らしき女の子は、6歳ぐらいの小1か幼稚園ぐらい。
その下に男の子が2人、大きいリュックをかついでいる。
赤ちゃんは、お父さんがベビーカーにのせて押している。

きょうだいと思われるが、(従妹が入っているかもしれない。)
年齢がつまっているのが珍しい。
私は、躊躇なく声をかけた「どこへ行くの?」
「おばあちゃんのところ」とすかさずお母さんが返事した。
一番上のお姉ちゃんも「おばあちゃんのところ」
同じ答えがかえってきた。

「そうー」「おばあちゃんのところ、いいねえ」
「いっていらしゃーい。」

昔々、70年ほど前、わたしの姉妹もこのように、2つおきに
つまっていた。まわりの家庭も、そんな様子だった。
しかし、なんと健全な姿だろうか。
なんと幸せな姿だったろうか。

どこの人かは、知らないけれど、気持ちのいい朝をありがとう。
by hekiku | 2007-03-10 22:05

久しぶりに今日はしっかり雨が降りました。
庭の木々や、鉢植えの草花も、最近の陽気で乾燥して
いましたからたっぷり吸って喜んでいるでしょう。

ホースで水をやっても、たいしたことはないのです。
やっぱり、天から降ってくる雨で、幹も、葉っぱも、根っこも
たっぷりと、水分を蓄えなければと思います。
ありがたいことです。雨で潤うのは。

いよいよ、春暖の季節になろうとしていますが、
例年より1ヶ月ぐらい早いのではないかと思う草花を
あちこちで見かけます。沈丁花もそうでしたし、みやこわすれももう花が咲きそうです。

年々歳々、花同じからず。になるかもわかりません。
by hekiku | 2007-03-05 21:32

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る