<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

若葉の候

木々の新芽が輝いて、まばゆいぐらいです。
今日は4月の最終日、明日からは5月です。
人々がこの好季節を謳歌して、休日を楽しんでおられる様子を、ほほえましく感じますが、私は、じーっと家で休養していたいと思っています。

最近、自分に襲いかかってくるいろいろな症状(せき、めまい、ヒザ関節痛)
など、「老いたのだから病は仕方がないなー」と受け取りながらも、本当にそれを受容できているかとなれば、じつに不安定なものです。

あつかましいことですが、そんなことが達観できたらいいなーと心のせいり、胆(はら)のすえかたに暗中模索しているのです。
というより、迷い、もがき続けている昨日、今日です。
by hekiku | 2007-04-30 11:02

新学期

オープンカレッジが始まりました。
太極拳の初日です。先生は、基礎的なトレーニングに時間を
かけられます。私にはそれが一番いいのです。両膝はいたいし、最近は左のくるぶしが痛くて、階段のくだりはかなり不自由しています。
だから、先生のお話を聴いて、基本的なことを練習すれば
それでいいと思っているのです。

今日の練習は、上半身の側線を伸ばす運動です。
日のあたるところは陽で当たらないところは陰らしいです。
その「陰」を伸ばしてリンパの働きも活発にするのです。
とにかく、いい気持ちです。体の芯からほぐれた感じです。

今学期、10回の練習を身につけたいと思っています。
by hekiku | 2007-04-19 21:18

カラー

今日、我が家の鉢植えのカラーが1本咲きました。
里芋と、同類らしく、花に見えるがそうではないらしい。
私が昔、華道を習っていたときは、「かいう」と言っていました。

この鉢植えは、毎日、目を離したことはありません。
水はどれ位いるのかしら。
お日様に当てたほうがいいのかしら。
冬は屋外で大丈夫かしら。
どうしていいかわからないまま、育てていたのです。

これは、2年数ヶ月前(2004年12月)に亡くなった友達が
苗を持って来てくれたのです。彼女はたった1ヶ月の入院生活であっという間に、この世を去りました。ガンでした。
花好きの彼女が、最後に私のところに持ってきてくれたものです。

[Tさあーん咲いたよう}」「見てみて」
私のように、育て方の分からない、ドンくさい者のところで、花を咲かせてくれました。
ありがとう。ありがとう。
by hekiku | 2007-04-18 18:07

震源地

昨日、書道仲間6人が顔を合わせました。
現役が三人とリタイアー組が三人というメンバーです。
私はリタイアーの一人です。
メンバーの一人が三重県桔梗が丘のご自宅に招待して
くださったのです。広大なお屋敷には大きな木々や、小さい
草花にいたるまで、よくお手いれがされています。

一歩、家に入るとミュージアムのように、書、絵画、陶器の類が飾られてあるのです。何から何までが趣味のよい逸品ぞろい
目からウロコが落ちるとはこのこと。
自分の生活の楽しみ方を、おおいに考え反省しました。

今から、20年以上も前のこと、このメンバーで何回か中国へ行きました。
また、書道が盛んな時でしたから、展覧会の作品づくりに練成会で頑張ったものです。同じ釜の飯を食った大事な仲間です。

と、その時。グラグラ、ガタガタとすごい揺れ、地震だあ。
きつい揺れ、ただ事ではない。
震源地は三重県の亀山あたりであると分かりました。
そのすぐ近くにいたわけです。

幸いに、被害が少なくすんだようですが、日本国中どこへいっても、
地震から逃れられないようです。
私たちは、その日一日じゅう、ご夫妻の手厚いおもてなしを受けて、感動と、感謝、感謝で帰途につきました。
by hekiku | 2007-04-16 22:00

満開

さくらが満開です。
今年は、大阪の造幣局の通り抜けもかなり早い時期に始まりました。
日本の四季もあやしくなってきました。

先日、夙川にさくらを見に行きました。八分咲きぐらいだったでしょうか
我が家の近くにもたくさんのさくらが今をさかりと咲いています。
さくらといえば入学式でしょうか。明日から、新学期が始まるそうです。

私の子供たちの頃は、母親は入学式に着物を着て、黒い羽織をはおったものです。
トレードマークのように、皆、同じ格好をしていたのが今はおかしく思えます。
満開のさくらの木の下で撮った、スナップ写真がありまます。

こどもを育てるのに、一生懸命だったころが、いちばん幸せだったとなつかしく思い出されます。
by hekiku | 2007-04-08 21:39

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る