<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

えてかれい

小春日和の穏やかな日が続きます。
今日から3連休。

こんなに休んでばかりで、よく食べていけるものだなあーと感嘆する。
日本は、経済的に豊かだから、こんなにラクに生きていけるのかしら?
昔の日本を知っているものには、不思議な気がします。

妹が、香住から取り寄せたといって、えてかれいと、せこがにを持って来てくれました。せこがには小さいけれど、赤い子がいっぱい入っていたし、
かれいは、かなり大きく、肉厚で脂がのってとってもおいしかった。

明日は、娘が、ふぐを持ってきてくれるという。
まーなんとうれしいことが続くのだろう。
よろこんで頂戴することにして。

私も、さりげなく人に喜んでもらうことに、心を入れなくてはと思っています。
今夜は満月でカーンと冴えわたった夜空に輝いています。
by hekiku | 2007-11-23 20:52

みずき

東京女子マラソンを始めからずっと見ていた。
野口みずきに勝って欲しいと思いながら。

私は1000メートルも走れない人間なのに
「こんど生まれ変わったら何になりたいか?」という質問に
「マラソンの選手」といったぐらいだから。
私にとっては、絶対不可能なことであり、体の丈夫な人が
うらやましいという心でいっぱいなのです。

野口みずきさんは小さな体で、どこにそんな力があるのと思えるぐらいすばらしい走りだった。150センチのの体が大きく見えました。
しっかりしたスライドは最後まで安定していて、独走しているときは感動を覚えるほど立派なものでした。

150センチといえば私と同じです。鍛えに鍛えた体は強い精神力があってこそだと思うのです。
考えますね。「体が弱い」と自分で隠れ蓑に隠れて生きてきた弱い自分に反省しきりでした。

小さい体を、良い方に利用して、世界のひのき舞台で活躍する野口みずきさんに万雷の拍手を送りたいと思います。
by hekiku | 2007-11-18 21:54

是好日

昨日までの温かさに比べて、今日はかなりの冷え込み。

8時半ころチャイムが鳴って、植木屋さんが来てくれた。
いつも完璧な仕事をしてくれる植木屋さん。
小さい庭を丁寧に息子さんと2人でやってくれる。
私は何も心配はいらない。
もみじを見に行こうと約束していた友達に、圧迫骨折のことを言って
春まで延期にする。その友は「たくさんゴマを摂りなさい」という。
「とにかくゴマはいいから」とのこと。友の言葉は神の声と聴く。

インフルエンザの予防注射に近くの内科医に行く。
先生は「骨粗しょう症を治すためには、「小魚を食べて、適度の運動をして、日光に当たることですよ」といわれる。

昼頃、地域のグループの友達から電話連絡があり、昼食会を近くの[N」ですることになった。まあーそれぐらいの距離だったら歩けるだろうと思われる。
そうそう植木屋さんは、おやつのかわりに、「かえりちりめん」を食べたら」と教えてくれた。

6時頃、「福井からかけてます。誰かわかる?」と女学校の友達から電話があった。彼女は同級生の一番の大物、出世頭というところ。
先日の同窓会に私が欠席したので、「声がききたい」とのこと。
次に、大阪にきた時、是非会いましょうとの約束をする。

いい日でした。
約束がたくさんあるから、どうしても、体を治さなければと思うし、人の心のありがたさを、しみじみ味わっています。
by hekiku | 2007-11-16 22:25

第一腰椎圧迫骨折

2週間ほど前に、ピリピリと背中を走った痛みが、だんだんひどくなってきた。
私はじっとするより、普段どうりにして治していきたいと思っていたが、
そんな甘いことを考えるのは、おかしいと思うほどの痛み。

今日は、予約なしで病院に行ってきた。
レントゲンの撮影の結果、「第一腰椎圧迫骨折」と診断されてベルトを装着された。装具屋さんにコルセットを作ってもらわなければならないかもしれない。

「1ヶ月はじっとしていてください」といわれる。
「いやいや、今年中は、動かないようにしてください」と釘を刺される。
いよいよ、自粛しなければならないようになった。
でもそれはそれなりの楽しみがあるだろう。

それよりも、病気を治すことに専念しなければならない。
骨粗鬆症がすこしでもよくなるように努力しなければしならない。
by hekiku | 2007-11-07 18:12

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る