<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夏越の祓

夏越の祓(なごしのはらえ)と読むそうです。
今日は6月30日。一年の折り返し点の日です。

私は、この言葉をはじめて知ったのです。
今年の初めからの半分を無事過ごしてきたことを感謝して
これから後の、半年の健康、幸福を願う行事がアチコチの神社で行われるらしいです。
テレビで見たのは京都の北野天満宮でした。

茅の輪をくぐったり、形代(かたしろ)という人の形をした紙を、
神に供えたり、川に流したりするそうです。
折り返し点で、禊(みそぎ)をするのは、古来からの風習だそうですが、いかにも日本人らしいですね。

テレビでは夏越を名越という字を使っていました。
祓いも(はらえ)と読むそうです。私の知らなかったことばかりでした。
やっぱり、知らなかったことを知るということは、うれしいことです。
楽しいことです。

さあー、あした、7月1日は折り返し点のはじめての日。
お正月のようなものです。気持ちよく迎えましょう。
by hekiku | 2008-06-30 20:51

オープンカレッジ

一学期の講座、太極拳10回、パステル画を楽しむ10回が終了しました。
なかなか充実した、受講だったと思います。
太極拳の方は、皆さん知った中でのことですから、気分がラクですが、
絵のほうは、初めての教室ですから緊張しました。でも、どちらも皆勤で通しました。

健康にも恵まれたからのことでした。無理をしない生活がよかったと思っています。
でも、7月からはスケジュールがつまっています。
3日は六甲山にスケッチにいきます。これはジパングクラブのY先生の
水彩画のほうです。また、7月の中頃は、上高地へいって、
ゆっくり歩いてきます。太極拳も自主講座がつづきます。

昨日、在家仏教の講演を聴きに行きました。これはとてもよくわかるお話でした。
感想を文章にして残しておくつもりです。
日々の積み重ね、累積の動かしがたい重みを感じます。
講演のあと、お友達とケーキセットを頂いて、楽しいひとときを持ちました。

感謝、かんしゃ、ありがとうございます。
by hekiku | 2008-06-28 22:25

ナメクジ

ポーチュラカなど花の苗を数種類、植木鉢に植えたのですが、
先日もらった三つ葉、青じそなどもすぐ、ナメクジや、ダンゴ虫にやられてしまいます。
「負けてなるものか」と薬を置いて、毎朝、植木鉢の底まで調べて駆除していますが、その数が多くなると考えますね。
植物をまもるためには仕方のないのですが、やっぱり、虫の命でもそれを亡くすことは、苦しいものです。

私たち人間も、たくさんの命を頂いて生きているのですから、
日々それを忘れないことだと思うのですが、ついついおいしいものですから
たくさん食べてしまいます。「おいしく食べれる時に食べておく」などと理屈をつけて、傲慢きわまりないことです。

先月の仏教講演会で、浄土宗の水谷幸正師のお話は「懺悔のこころ」というのでしたが、(仏教では「ざんげ」ではなく「さんげ」と読みます)
「ありがとう」は後の問題であってまず、「申しわけないという懺悔の気持ちが一番先です。」と教えていただきました。

「日中礼讃げ」という経文のコピーを頂いたので、よく味わいたいと思っています。
by hekiku | 2008-06-23 10:17

ネギ、三つ葉

チューリップが終わった後の植木鉢から球根を掘り出して、
ポーチュラカの苗を植えた。
近くに、畑の好きな友達がいて、毎年、この季節に、ネギの苗やら三つ葉を持ってきてくれるけれど、育ったことはない。
ナメクジにやられたりして、自分の口に入るまでに虫に食べられてしまう。

その友達は、懲りもせず、いやな顔もせずに
今日は、ネギと三つ葉と大葉のかなりしっかり育っているのを
持ってきてくれた。根がしっかり着くまで日陰において置くように様子を見て、日当たりのいいところにと、丁寧に教えてくれた。

よーし、今年こそは三つ葉のおしたしや、きざみネギをおそうめんに使えるように、心して育てようと思う。大葉は虫がつくので、恐ろしいけれど
いつまでもそんなことを言っていないで、虫に負けないように頑張ってみます。
by hekiku | 2008-06-16 18:50

6月いい季節

私の一番好きな季節が来ました。
雨が多くて、鬱陶しいという感じですが、
何よりも夜明けの早いこと、そうして夕暮れは7時半になってもまだ明るいのです。
それにしっとりと落ち着いた空気の流れ、滴るみどりにかこまれて、うれしいというか、感謝感謝の満足の昨今です。

でも、喜んでばかりというわけにはいきません。
岩手、宮城内陸地震。山々が大きくえぐられている様子。
高速道路が寸断されているさまは、私たちの気を引き締めてくれます。

災害は、いつどこにくるかわかりません。
懐中電灯、靴の用意、リュックの中身を確認しておかねばなりません。
このところ、世界的に次々と襲ってくる天災には
人間の、驕り、高ぶりを戒められているように思うのです。

今日はポーチュラカの苗を植えようと思っています。
by hekiku | 2008-06-15 09:19

加賀野菜

今日は、コープで加賀太きゅうりというのを買ってきました。
「いいね金沢、加賀野菜」と書いてあってずんぐりむっくりの形をした立派なきゅうりです。長さは16センチでした。

私の、なんでもやってみたい性質はかわりません。
普通のきゅうりと違う味をたしかめたいと思いました。
炒め物、煮物、酢の物、サラダにと書いてありましたあるので
夕食に酢の物にしました。
直径は6センチありますが、縦に割っても中身はしっかり詰まっていて
中心のところも透明で種は小さくて柔らかく、なかなかの芸術品です。
薄く切って、塩を軽くして、わかめとチリメンジャコをいれて
酢の物にしました。きゅうりといっても柔らかくとてもいい味でした。

私の酢は、りんご酢にゴマ油、薄口しょうゆ、かつをだしを少々入れて混ぜ合わせます。リンゴ酢はハチミツ入りでとても甘いのです。

夕食後、明日の朝のお漬物にと、塩をして大葉をチラシて一晩ねかしておくことにしました。
今まで使わなかった食材に楽しみが倍増しました。
by hekiku | 2008-06-08 21:34

中国旅行記

先月起こった四川省の大地震で20年以上も前の
中国旅行を思い出しました。
省都の成都はとても落ち着いた町でしたからよく覚えています。
アルバムを出してひも解いているうちにその当時を思い出して
一文を書いてみました。

テレビの画像に映し出される山とか川の荒れようは半端ではありません。
これからの治山治水のたいへんさが思いやられます。
災害があったとき、子供などの「弱きもの」にしわ寄せが行きませぬよう充分に配慮して欲しいものです。

ミャンマーのサイクロンでも日を追って被害のひどさが大きくなります。
私も阪神大震災の被災者として言わせてもらうなら、
報道も偏っていると思うのです。救援も公平であって欲しいし、報道も冷静に地道に出来るだけ公平に伝えて欲しいのです。

災害、原油、食料、地球上には問題が山積です。
人類は、こんな中でずっと生きてきたのでしょうか?
by hekiku | 2008-06-04 08:45

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る