<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

緑したたる

数日前からの寒さは少し和らぎましたが、やっぱり寒い。
しかし、もうゴールデンウイークを前にして、どこかざわめいています。
サクラからみどりへ、この四月は急ぎ足で去っていきました。

いよいよ新緑の季節です。
もう、我が家の樫も、お隣のカシも緑の柔らかい葉っぱが出揃いました。
びっしりと若葉が重なり合ってキラキラと輝きあってその美しいこと。
したたるとはよく言ったものです。緑の雫が落ちてこないかと思うぐらい。

ついこの間まで、古い葉っぱが落ちて、毎日、それも一日に何回も
掃きました。おとなりの樫はとくべつの大木ですから、落ち葉のすごいこと。
そんなことをしたものですから、生成化育の様子が良くわかります。


岩手山、八幡平、田沢湖、角館方面に行ってきます。
寒さが心配ですが、それよりも、写生の方がどうなりますことやら、
描けなくても、しっかりと山を見て来たいと思っています。
岩手山は大好きな山なんです。

旅をして山を見るのことができて、感謝しています。
家族には気ままさせてもらっていますが、許してもらって。
その分、たくさん楽しんできまーす
by hekiku | 2009-04-28 17:42

さむい?

昨日から少し寒い?感じがします。
やっぱり、暖房器具をしまわなくってよかった。と思うくらい。
今週は、初めての接骨院に3回いきました。
ずっとヒザが悪いので、いろいろと手当てをしていますが、
じょじょに悪化しているように思うのです。

その接骨院は、先生が一人でマサージしてくださいますし、
コチラの主訴をよく聴いてくださるのです。
今の社会はすべてが自己責任の時代です。
病気でも、治療は自分で選択肢を決めなければなりません。
むずかしいことです。

信頼と、納得が問題です。
日常の生活の中で健康を守ることが、どんなに大事なことか分かります。

今週から武庫女のオープンカレッジが始まりましたので、パステル画と
太極拳の勉強をしています。週2回は忙しいのですが、やってみます。

太極拳はもう4年目に入りましたので、結果を出したいと思いますが
それには、毎日のたゆまぬ練習がいるようです。
それをしなくて、成果を得たいとはあつかましいことですね。
by hekiku | 2009-04-25 20:50

3ヶ月ぶり

昨日は、土曜日。長い間書道教室を開いていたので、
土曜日はいつもお稽古日でした。それが、今年の1月の末日をもって
終わらせていただきました。

残る余白の時間を心おきなく使いたいと思ったのと、
弱ってくる体力を考えた時、ここでケジメをと思ったわけです。
この2点が大」きな理由ですが、それは私のほうから見たこと。
長い間きてくださった生徒さんにとっては、迷惑な話です。

勝手なお願いをして、自由になりました。
40年間の教室です。淋しい思いは身にこたえましたが、
すぐに土曜日が埋まってしまうのです。
余裕を持ちたいと思っていたのに、かえって忙しくなりました。

前日に、電話があって、30年近く書道教室で勉強された最古参の
Nさんが、中1と4年生の姉妹と一緒にたずねてきてくださいました。
「元気な顔をみたい」といって。

新中学生の制服を着て、卒業証書を見せてくれました。
その子は5歳の時から私のところに来ていましたが、
もう私より背が高くなりました。妹さんのほうも、書写展で入賞したといって
賞状を持ってきてくれました。
皆さんありがとう。ありがとう。
とてもうれしくって。胸がいっぱいです。

優しい人達に囲まれて、私はしあわせです。
by hekiku | 2009-04-19 18:00

君子蘭

君子蘭の3鉢の花が開きました。
何も手を掛けないのに、その時期になると濃いオレンジ色の見事な花を
咲かせてくれます。置き場所も一年中同じところ。

思い当たることは、水遣りはただの水でなくて、お米の研ぎ汁を
やっています。無洗米などを買わず、普通米を買って、研ぎ汁は
バケツに採っておきます。
その汁を杓で丁寧に根元にやります。そんなことをしているだけですが、
どの鉢植えも元気に育っています。
お米の研ぎ汁には栄養分が豊富なのでしょう。

そうそう、吉野山へ行った時、たけのこを買ってきましたが、
きのう、たけのこご飯をたいて、近所のご先輩をひるの食事に
お誘いしました。「はつものよ」と、とても喜んでいただきました。

「お昼ごはんを食べましょうといわれた時、とても、うれしかった」とのこと。
3合も炊いたので、お弁当を作って、一人住まいのお知り合いに届けました。
この人も「とてもうれしい」とのこと。

この筍はとても柔らかくて、風味もあり、最上級の作物のように思います。
今日は我が家でも、若竹汁をつくりました。
きっと息子は、黙って食べることでしょう。
by hekiku | 2009-04-15 19:49

吉野山へ

今日は、日帰りバス旅行で、娘と孫娘と一緒に吉野山にいきました。
今年はやっぱりサクラは早く咲いたようで、下の千本は散っていました。
去年は4月10日に行ったのですが、ちょうど満開でした。
同じ場所でも、その年によってずいぶん違うものです。

今日は蔵王堂のお祭りだったので、それに土曜日が重なってたいへんな
人出でした。道は人でいっぱいで動きのとれない状態でした。
餅撒きがあったので、ラッキーにも頂くことができました。

途中の道の駅で野菜をたくさん買いました。
からし菜、菜の花、ワラビ、たけのこ、しいたけ、草もち、蓬ダンゴ、など。
帰宅後の仕事がたいへんでした。たけのこを茹でるのは時間が
かかりますし、ワラビは灰汁を入れてゆがきます。
からし菜はお漬物にしようと、まず塩をして重石をしました。
すべて、我流です。
明日は菜の花のごまあえをしようと思いますが。

どうも、買いすぎたようです。
しばらく、たくさんの野菜と格闘しなければなりません。
by hekiku | 2009-04-11 21:53

懐旧の日

このところ忙しい毎日だったので、気がついたらもうサクラは満開。

近くの公園のサクラはきょう散り始めていました。
「待ッテー」そんなに急がないで。
これから楽しむところなの。明日は夙川公園に。土曜日は吉野に。

私家の住環境の中では、わざわざどこかに行かなくても
あちらにも、こちらにもサクラはいっぱいです。
サクラの下で友と語らう。サクラを見ながら山を歩く。ということなんです。

サクラに、心を奪われているうちに、春暖の日は駆け足で過ぎていきます。

昨日は、しばらく会うことのなかった旧友と、久しぶりに我が家で食事を
共にしました。同年輩の3人組です。30年も前からのつき合いですが、
長い人生の間にはお互いにいろいろあります。ご無沙汰が続いても
会えばたちまち元気いっぱいで、話し合えるのはうれしいことです。

私は、前の日から、買い物や下準備に頭を使いました。が、
なんせ身軽に動けませんから、はかどらないのです。
失敗ばかりで、肉じゃがの、じゃが芋はかなり崩れてしまいました。
新じゃがを使ったからです。豆ご飯にしようと思ったエンドウは、
あまりよくなかったので、急遽、寄せ揚げにという具合です。

朝、イチゴを買いに行こうと思っていたのに、すっかり忘れてしまいました。
ミスだらけの昼食会でしたが、友達はおいしいおいしいと、言ってくれました。

私は、お客さんに食事を出す時は、献立を絵に描くのです。
たいがい、そのとおりにいかないのです。途中で気が変わるのです。
やっぱり料理は創作だと思うのです。

また、しよう、来てもらおう。と思っています。
お料理が好きなんです。おいしいものを食べてもらうことは、とてもしあわせ。
by hekiku | 2009-04-08 16:45

但馬

但馬に行ってきました。
「あなたにあいたい兵庫」というイベントにのって
豊岡を中心とした北部をまわってきました。

出石でおそばを食べ、「コウノトリの郷公園」でコウノトリをはじめてみました。
ツルに似てとても美しい鳥です。戸島湿地では高い鉄柱の上で卵を抱いている
のも見ましたが、もうすぐ、4つの卵が孵化するそうです。
たくさんの予算を使って、この鳥を育てているのです。

その日のお宿は城崎温泉です。
川の両側には柳が緑の新芽を吹いてとても情緒のあるものでしたが、
大正、昭和の温泉街という感じで、郷愁をさそうものでした。

翌日は、香住から浜坂まで船に乗って、山陰海岸ジオパークを見る予定でしたが、
波がきつくて、欠航となりました。それで、あまるべ鉄橋、大乗寺をめぐって、
山越えで浜坂漁港に行きました。

兵庫県はとても大きい県です。南北が海に面していて、氷ノ山などの山も深いのです。
鉢伏、神鍋などスキーでは有名な所ですが、行ったことがなかったのです。
今回初めて通りました。まだ雪が残っていました。

どこに行っても日本は美しい国ですね。
山は木々の芽吹きでピンクいろに霞んでいましたし、
流れ落ちる谷川は清冽な急流となって青い色をしていました。

満足の旅でした。
by hekiku | 2009-04-03 19:19

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る