<   2009年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

結果

民主党が圧勝しました。
ここまでとは思わなかったですけれど、すごい勢いです。
小選挙区では、小沢ガールズが民主党というだけで当選しました。

どんな人物であるかも知らずに、ただ民主党というだけで、
投票した人がたくさんいるのですね。
その反対に、小泉チルドレンは殆ど姿を消してしまいました。

人を傷つけ倒すことはまた同じ目にあいます。
栄枯盛衰。盛者必滅です。

「いっぺん変わってもいいのでは」という声はよく聞きました。
それが大勢を占めたのでしょう。

さーこれからどんなことをしてくれるのでしょうか?

民主党は初め後期高齢者医療制度の廃止といっていました。
マニュフェストでは医療保険の一本化といっています。
言葉を少し変えて、消極的に漠然としています。
政治家というのは概してそんなものです。

今日は桜草を植え替えようかと思っています。
それに、絵も描きたいし、楽しいことがいっぱいです。
by hekiku | 2009-08-31 11:27

選挙の気配

明後日が投票というのに、妙に静かです。
大勢が決まったとでもいうのでしょうか?

政権が交代したからといって希望はありません。
私は良くなるとは思いません。かえって心配の方が大きいですが。
「政権を交代して、この国を新しく変えましょう」といわれたら
その気になる人が多いのには驚きです。

まあー「大きな川のながれ」というものがあります。
時の流れがその方に組したら、仕方がありません。
どんな流れになっても、じっと受けるより手はありません。

国家が衰退の方向に崩れていっても、
「昔々、戦争をしていた時よりましか!」とじっと耐えることです。

私が今言いたいこと、
甘い言葉で、児童手当て26000円など与えることばかりを言って
人の心を、動かしているのはどうかと思うのです。
そうしたら社会がよくなりますか?
立派な人が育ちますか?

ケネディ大統領の有名な言葉「国家が何をしてくれるかではなく、
自分が国家のために何ができるか!」だと思います。

怒らないで選挙の結果を冷静にみたいと思っています。
by hekiku | 2009-08-28 15:58

冷気

ひんやりと、というよりも夜など寒さを感じるほどです。
今夏は、酷暑など何日もなかったように思います。
ここ数日体調もよくなってきました。

めまいとクラクラ感に悩みながら7月の中ほどから
ずっと、はかばかしくない体調でした。
内科、眼科、耳鼻科、の検査も受けましたから、
それもセカンドオピニオンも含めて、それに接骨院も行きますから
医者通いをしていたようなものです。

いつまでも、気は若くても体は物理的に老化してきます。
それに対応しなかった自業自得です。
これからは、すっきりと改めるつもりです。
休養をもっととるようにします。
それから食事です。

ハラ7分目といいますから、
毎日ヘルスメーターに乗っています。
2kgの減量を目指しているのですが、どうなりますことやら。
いただいた体を大事に大事にしなければ

今日はこれからちょっと出かけてきます。
by hekiku | 2009-08-28 09:36

準々優勝

蒸し暑い残暑の中で高校野球はピークをむかえました。
今日は準々優勝戦です。
第一試合の大分明豊と岩手花巻東のすばらしい試合。
私は花巻を勝たせたいなど勝手に考えていたのですが。

ここまであがってくるチームは実力があります。
花巻の菊池が体の不調でピッチャーが変わりました。
4-1だったのに逆転されてしまいました。
もう、だめ。

しかし、花巻はまた同点に追いつきました。
何より私が感動したのは、明豊の今宮がサードからピチャーをして
154ぐらいの速球で3人を三振に打ちとります。
その子の気迫はすごいものでした。

この大舞台で胸のすくような実力を発揮するちから。
6-6で延長戦になりましたが、結局、花巻東が制しました。
どの選手にも実力があって、力は伯仲だと思います。
今宮は負けて泣いてる明豊のチームの友達に
「泣かなくてもよい」と言っていたといいますが、そうでしょう
あれだけの仕事をしたら、勝ち負けは運のもの。

見ごたえのある試合でした。
感動をありがとう。
by hekiku | 2009-08-21 15:46

秋の気配

お盆が過ぎて、ちょっと静かなたたずまいが戻ってきました。
蝉の声も落ち着いています。

昨日は高校野球で関学が負けてかわいそうでした。
熱闘甲子園、いつもここには血と涙の物語が繰り広げられます。
灼熱の太陽を浴びながら、美しいドラマです。
よく観ていますが、両方のチームを勝たせたい思い。

だんだん選挙が近づいてきました。
恐ろしい。
今度の一票の重さ。
考えると重苦しい。「不満の自民、不安の民主」私は後者が恐ろしい。

政権の交代が確かのような雰囲気です。
が、どうしてそんな流れをつくるの?

情報、報道それがどんなに責任のあるものか。
それに携わる人の、自覚を促したい思い。

静かに秋の気配が忍び寄っています。
by hekiku | 2009-08-18 10:35

戦争が終わった日

64年目の終戦記念日です。
本当は敗戦記念日というべきです。しかし
負けたとか敗戦などそんな辛いことは口にも出したくありません。

その時、私は14歳でした。
悔しく、悲しい日でした。
これからどうなるのだろう?
日本は、兵隊さんたちは、私たちは

軍隊が悪い、陸軍が悪い。政治家が悪い。
そんなことを後で言う人が殆どです。

私はそうは思いません。
時代の大きな流れというものがあります。
汚名いっぱい、満身創痍、罵詈雑言を受けましたが
日本が果たした大きな仕事がたくさんあると思うのです。
欧米の植民地政策から多くの国を独立させたではありませんか!

侵略日本ではありません。それは欧米諸国のこと。
日本は中国に介入するのが早すぎたのです。
じっと、見ていたらよかったのですが。
中国がどれだけ欧米諸国に侵されていくかを冷静に
見据えることが出来なかったのです。

私は、戦争体験者として、戦争は絶対反対です。
人の命は大切です。
これほど、不条理で間尺にあわないものはありません。
by hekiku | 2009-08-15 11:34

洪水、地震

なにかと騒がしい雰囲気です。
度重なる大雨の被害は山国日本にとっては、土砂災害になります。
がけ崩れ、土石流は大きな被害をもたらします。
その雨量が半端じゃないのです。それがおかしい。
ただごとではない感じがします。

今朝は、地震のニュースです。
ただでさえ、アタマが弱いのに、頭の中は混乱を極めます。
大麻というか薬物の件でニュースがいっぱいのうえ
災害の報道、それに総選挙が絡んで、

もうーーー。テレビを消します。
自己防衛のため。

わたしにとって、この時期、終戦の厳粛な日を迎えます。
64年たっても、忘れることはありません。
紺碧の空。静まりかえった日本国中の気配を感じ取った日です。
私は戦争体験者として何を伝えようかと考えます。

拙い文章でも、書き留めておきたい。
残された日は僅かとなりました。
by hekiku | 2009-08-11 09:15

節目

8月に入って梅雨が明けたという、今年はおかしい。
大雨のせいで農作物の出来が心配。
それよりも、天変地異の方が恐ろしい。
何だかだと言いながら、無事に月日は過ぎ去っていくのかもしれないが。

自分の体すら思うようにならない者は、
黙ってひそやかに生きることだ。
ジパングクラブ、JTBなど、旅行の案内が来る。
秋のプランだから行きたい所がいっぱい。
もう一度、立山の室堂にい行きたい。
しかしあそこの立山ホテルは日本最高所にあって海抜2450M。
いつ行っても息苦しかった。
少しでも無理なことはもうできない。

「無理をしたら、モトもコもなくなりますよ」と医者の言葉。
ふん、ふん。
ここで、智慧を出さなくっちゃ。
仏教は慈悲と智慧が大きな柱。

今は五里霧中のなかだけれど、きっとそれなりの燭光が見出せると思う。

暦の上では8月7日が立秋。
by hekiku | 2009-08-05 18:47

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る