<   2009年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

国民の皆様

久しぶり雨の日となりました。
大きい樹木や草花も喜んでいるようです。
土もお湿りがうれしいようですが、もっとしっかり降って
地面の中まで充分に潤したいものです。

ずっと気になっていたのですが、鳩山首相は演説や会話の中で
「国民の皆様」という言葉を何度も使われるのです。
「国民の皆様のために」
「国民の皆様と一緒にこの国を変えようではありませんか」
「国民の皆様の生活が第一です」
巧みな言葉に乗せられる人もあるのです。
巧妙な話術に心を動かされる人もおおいのです。

国身の皆様とは誰のことですか?
会社の経営者もいれば、高級官吏といわれる公務員もいます。
一方に厚くすれば、当然なことに他方は薄くなります。
努力して結果があるのですから、
それを一律にするのが良い政治とはいえません。

鳩山総理へ
「国民の皆様」という言葉は耳障りです。
本当に自助努力を尊重する公平な政治をしてください。
by hekiku | 2009-09-30 10:51

アメリカンブルー

日中の残暑は、ことのほか厳しいです。
それに雨の降らないこと、こんなに雨量が少ないと庭の草木も
かわいそう。毎日水遣りをしています。

先日のこと、もう花が咲かなくなったアメリカンブルーを切ってしまおうと
思ったのです。
それがこの暑さのせいか、茎がしっかりと伸びてきて真夏のような元気さ。
今朝はすごい花が咲いていました。
びっくりしました。思いもよらぬことでした。数えてみると74りん。
「わあーきれい」

紫がかったブルーのはなやかなこと。
もう終わりと決めていたのに、
どうしてどうしてこんな力を残していたのですね。
とてもうれしいことでした。

このアメリカンブルーは去年からずっといるのです。
冬を越してずっといるのです。
次の冬も越させてやりたいものです。
by hekiku | 2009-09-25 18:59

シルバーウイーク

今日は5連休の4日目。
10時頃駅前のポストに投函に行った。外出の人で賑わっていた。

「ちょっとお尋ねしたいのですが。」と声を掛けられた。
60歳代ぐらいの婦人。「今日は何曜日ですか?」とのこと
「火曜日ですが」と答えると、
「お医者さんに来たのですが休診なんです?」と医院を指差された。

「今日は祭日なんですよ。国民の休日というんです」
「ええっ」と絶句。

よくわかります。私もその手の人間ですから。
よくもまあ、これだけ休みがあるものです。
それで生活が出来るのですから、日本が豊になったのでしょう。

もう人間の基本的な生態も変化してしまったのでしょうね。
朝、お日様とともに起きて働く。
夜、暗くなると休養して、眠りに就く。
こんなことは夢物語になりました。

私のような昔人間は、なんだかもったいないような、
バチが当たるような気がするのです。
by hekiku | 2009-09-22 12:32

補聴器

今日、補聴器が来ました。
2ヶ月ほどまえに型を取ったのですが、体調があまり良くなかったので
待ってもらっていたのです。
いろいろ説明を聞いて、自分の耳につけてみました。あまり聞こえ過ぎなので、
一番低いところにセットしてもらいました。

私の場合は、補聴器をつけないと聞こえないというのでなくて、
高い方が少し聴きとりにくい程度なのですが、
テレビでも講演でも聞き取りにくいことを、近頃は時々感じるのです。
それで思いきって、作ってもらいました。

コープさんの補聴器専門部です。
来宅して検査をしてくださるし、調整も何度も来てくださるとのことで、
知人に紹介してもらいました。毎日の着脱やら保管、電池の入れ替えなど
できるかしらと心配ですが、徐々に慣らしていこうと思っています。

歳をとると、本当に忙しくなります。
自分の不自由なところを、カバーするだけでも用事がたくさんあります。
まあー、使いこなしてより快適に暮らしたいと思っています。

時候も良くなって来ました。また旅に出ようと心が騒ぎます。
by hekiku | 2009-09-18 16:07

モンテンルパ

昨夜、8チャンネルの「戦場の灯、、、、」というのを観ました。
これは戦後、フィリッピンのモンテンルパ刑務所で戦争犯罪者として
非法な裁判で死刑囚となったたくさんの日本人が、
日々執行の恐怖に怯えながら、何人も執行されます。

自分たちの作詞、作曲をした「モンテンルパの夜は更けて」と
という歌を渡辺はま子さんが歌って、日本人に訴えるのです。
それは、奇跡として現れました。
キリノ大統領が特赦として108人の日本人戦犯を釈放するのです。
その影にはたくさんのドラマガありました。

その運動に全力をつくした教戒師の加賀尾秀忍さん。渡辺はま子さんには
頭が下がります。こんな人、今の社会にいますかしら?

この話は、私のホームページ(2004年8月の碧空-2)に書いています。
私はこの時、20歳くらいでしたが、モンテンルパに手紙を書きました。
そして、その戦犯の人たちから手紙を頂いたのです。
あす、死刑を執行されるかもしれない人たちから。
皆さん立派な人たちです。
釈放が決まった時どんなにうれしかったことか。

もう、50数年前のことです。
すばらしい日本人がいたことを、誇りに思います。
日本国、日本人、人間に確かな自信を持てる世の中であって欲しい
ものです。
by hekiku | 2009-09-13 10:30

桜草の手入れ

今朝はさわやかな空気が流れて、気持ちが良いので
桜草の手入れをしました。
私の場合は、勝手に自己流でやるものですから
植物も迷惑しているかもしれません。

春に、こぼれ種からたくさんの芽が出てまるでコケのよう。
それを小さな鉢やポットに植え替えたのですが、
今では大きくなって窮屈そう
100株くらいはあるでしょう。
一つ一つ大きな鉢に植えてやればいいのですが、そんな鉢が無いし
今日はまだ寄り合い所帯になっていますが、
間引いたり、根元に土を補ってしっかり押さえました。

まだこれで半分。北側の涼しい所にもう半分がいます。
「早く大きい鉢に入れて頂戴」と言っているようですが。
もらってくれる人を見つけなければなりません。
これ大仕事。
これからカットにするスケッチを描いてみます。
by hekiku | 2009-09-11 10:26

残暑

今、温度計は32度です。
夜など窓から冷気が入って寒いぐらいですのに、
昼間の暑さは格別です。きびしい残暑です。

新しい政権に期待する人は多いらしいですが。
簡単ではないと思います。
国家社会がよくなることを一縷の望みとしています。

少しづつ元気になりましたので、
早く旅にいけるようになりたいと思っているのですが
無理をしないことが肝心です。

昨日は一枚絵をかきました。
書や絵の創作をしている時が一番楽しいのです。
まあ性に合っているとでも言うのでしょうか。
つまるところ私はこんなことくらいだったと納得しています。

すぐに秋冷の日がやってくるでしょう。残暑をいとわないで、
名残惜しく味わっておきます。
by hekiku | 2009-09-06 15:07

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る