<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

早春の雨

今日は、朝から雨がずっしりと降っています。
しばらく雨がなかったものですから、軒下に置いてある鉢物を
雨の当たるところに出してやりました。
しかっり恵みの雨を吸収することでしょう。
一雨ごとに春の息吹を伝えてくれます。

うちでは、さくら草が満開ですし、
沈丁花も例年より早く、満開の体を示しています。
これは、匂いがいいので、芳香をあたりに撒き散らしています。

今日はオリンピックのフィギュアーの決勝戦。
浅田真央ちゃんを「金」にと願いましたが。
キムヨナが優勝しました。恥ずかしいことですが、失敗して欲しいと
ずっと思っていましたがキムヨナは完璧でした。

「銀」だったけれど、真央ちゃんの踊りはきれいです。
上品です。柔らかくて美しい。
私の希望をいうなれば、衣装がもう一つ。
ブル-かパープル系にすればよく映ったのではないかと思います。

フイギュアーはどの選手もよくやりました。おめでとうございます。
by hekiku | 2010-02-26 17:49

乾燥肌

今朝起きてみると、顔が痒い。
数日前から、手首など痒かったのですが、
今朝の私の顔は腫れて湿疹が一面に広がっている。
火照って、熱い。

皮膚科へ。8時30分到着。
9時半からの診察を一番で待つことに。
去年の同じ頃にも、このような症状になったが、それは健康食品の
ヒアルロンサンコンドロイチンを飲んでいたので、
甲殻アレルギーのせいと思っていたのです。

が、どうも季節的なものと、老人性の乾燥肌によるところが
大きいらしいです。暖房も皮膚の乾燥を助長するので、
保湿を心がけるようにとのことでした。
毛のものが直接皮膚に当たらないようにしなければなりません。
アレルギー体質がこうさせるのです。

首筋に塗るもの、顔に塗るもの、手に塗る保湿薬、飲み薬などを
処方していただきました。1週間もすれば、治るでしょうとのこと。
by hekiku | 2010-02-22 11:02

京都大原

 今日は京都の大原へ行ってきました。
以前、比叡山からまわって三千院に行ったことはあるのですが、
そのとき、寂光院に行けなかったので、心残りになっていたのです。

 寂光院は、平家物語で有名なところです。
「大原御幸」で、後白河法皇が建礼門院を訪ねて行くところです。
この段は、平家物語でも大好きなところなので、
行ってみたかったのです。

 お友達のDさんをお誘いして一緒にいきました。
そこは想像どおりの鄙びた里でした。小さなお寺ですが
本堂に、建礼門院の像があってその美しく、キリッとしたお顔に
魅せられてしまいました。ご本尊は六万体地蔵尊です。

 あと、三千院にお参りして帰りましたが、
また行って見たいものだと思っています。
真冬のこの季節、人が少なくて侘しい山里の寺。
そんなところを味わってみたかったのです。
 
by hekiku | 2010-02-16 20:57

祥月命日

今日は2月13日。
夫が亡くなって、4年の月日がたちました。
いつものように8時頃、お寺さんがお参りにきてくださいました。
やはり、毎月の月命日とお経が違いました。それに、
焼香盆を用意してくださったのですが、私一人のお焼香です。
1周忌、3回忌というのは、ちゃんと法要をしましたが、

次は7回忌だと思っているだけで、
祥月命日の、意義を軽く考えていたようです。
夫に申しわけないような気がしてなりませんでした。
その当時の無我夢中で過ごした日々を、思い返して過ごしました。

陽射しは明るくなったのですが、風は冷たくて春暖の日までは
まだしばしというところ。
でも、日が永くなりました。
うれしくなってきます。
あちこちへ行きたいところがいっぱいです。
by hekiku | 2010-02-13 19:14

誕生日

先日、私の誕生日のこと。
自分もうっかりしているのに、書道塾に来ていたSちゃんから
電話があってお祝いに来てくれました。
いつも、誰かが必ずお祝いに来てくれるのです。
ありがたいことです。

Sちゃんは高校2年生。学校から帰って、すぐにケーキを焼いて
チョコレートケーキの熱々を持ってきてくれました。
甘さもいい具合、おいしかったですね。
久しぶりに会ったのですが、背が高くって170ぐらいはあると思います。

彼女は、将来の自分の方向づけなど希望を交えて話してくれまた。
Sちゃんのしっかりした考えに、大きな衝撃をうけました。
すごいパンチでした。刮目のおもいでした。
年寄りだからと自分を甘やかさないこと。まだまだやれることがある。
わたしは、大きな活力をいただきました。

不景気だといわれる社会、不透明な経済状態、暗雲はいっぱいでも、
こんなに明るい夢いっぱいの若者がいる。
わたしも、毎日、明るく、あかるく、あかーるーくー。暮らします。
by hekiku | 2010-02-11 08:56

朝青龍

よく解からないけれど、横綱としてあるまじき行為として、
世間の非難を浴びて、昨日、朝青龍は引退しました。

私は、「残念組」です。
「こんなことで、こんなことになるなんて」とは本人の心境です。
マスコミや、協会によって、その場に追い込まれていった彼の
無念さがよくわかります。

品格、品格。といわれますが、
激変した世相のなかで、相撲はどうして波長を合わせていくのでしょうか。
勝った時のガッツポーズがいけない。
相手を睨みつけた態度が悪い。
ちょんまげを掴んだ。等々

それと同じくしてのニュース、小沢幹事長の不起訴は納得いきません
検察庁という所にも、不信感を持ちました。
「すべて私の責任です」となぜ言わないのでしょうか。
検察庁も権力に負けたのですから、後は天に任せましょう。
「天網恢恢疎にし漏らさず」

もう、バカらしくて、私は、
税金は納めたくありません。
選挙にも行きたくありません。
by hekiku | 2010-02-05 08:38

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る