<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夏越の祓(なごしのはらえ)

 明日は夏越の祓の日です。
早いものです。1年の折り返し点に来ました。
この半年間の禊(みそぎ)をするのです。

 無事に過ごした感謝と、これからの半年の平安を祈願するのです。
昔から神社では茅の輪くぐりとかの行事があったらしいですが、
私はあまり知りませんでした。
しかし、もう半年たったのかという感慨はありますし、
元気に過ごさせてもらったことを、とてもありがたく思っています。

 このところ、お相撲の世界が野球賭博で大揺れです。
真剣に1対1の相撲をとっている人が、野球の勝ち負けに
心を動かしているとはどういうことですか?
やっぱり粛清をして襟を正さなければなりません。
ここで、厳しい処分を取るのは当然でしょう。

 季節の変わり目、
気をつけて過ごしたいと思っています。
by hekiku | 2010-06-29 15:04

良寛

 今日は、京都現代美術館へ行ってきました。
良寛の没後180年を記念しての「良寛遺墨展」を観てきました。
旧友がずっと良寛の書を学んで、それも30年以上もの歳月を
心酔して学びを深めてこられたのです。

 その友と一緒に良寛の肉筆を目の前にして、良寛のひととなりの
高さに、また自己に厳しく内省される姿に感動しました。
詩歌のすばらしさ、何んと深い教養の持ち主でしょうか。

 「人の一生はどう生きるべきか?」
大きな課題ですが、考えずにはおれない気持ちになりました。
良寛のような、学識もなく、才能もなく、清澄な心もなく、
その上、なまけものの私は、どうしたらいいのですか。

 高潔な人の作品は、ひと時でも自分を知らしめてくれます。
そして、「たかみ」を見せてくれます。
by hekiku | 2010-06-25 21:49

夕焼け

今日は、すご-い夕焼けでした。
私が見たのは7時30分頃。
もう少し早ければ、もっと豪快な夕焼け空が
見れたのかもしれません。
西から北にかけて空の半分ぐらいが、真っ赤に染まっていました。

北の空がこんなに夕焼けに染まるのは、珍しいのではないかと
思うほどでした。自然がかもし出す現象にはただただ驚異です。

今日は参院選の公示日でした。各党の党首がテレビに
何回も出て政策を述べていました。

私は今の日本には経済の活性と、財政の健全化が最重要と
思っています。
民主党は、消費税を持ち出してきました。
ばら撒きをして、増税とはどういうことですか?

増税をするより、まず、各自が質素に暮らすことです。
「収入に見合った生活をする」 国家も同じではありませんか?

選挙の為の政策は、民主党さんもうやめてください。
by hekiku | 2010-06-24 21:29

なめくじ

梅雨らしくよく降ります。
木々もたっぷり水を得て、緑がいっそう濃くなりました。
地面もしっかりと雨を吸収していることでしょう。

こんな時はナメクジが植木鉢の底にいるのです。
で、今朝は塩水を作って、かわいそうだけれど退治することにしました。
収穫は10匹ぐらい。
もっと大物をと狙ったのですが、見つかりませんでした。
重い植木鉢を動かすことはできませんし、だんだん私の目も
とろくなって、小さいものは見つけることができません。

今日は、一日中ゆっくりしておれそうなので、
ドクダミと、アジサイの写生をするつもりです。
苦手な水彩、迷ってばかりの水彩。
娘は油絵を習ったらと言います、やってみたいのですが。

ものを習うのにはまず先生。
いい先生に、ご縁があればと思っていますが。
by hekiku | 2010-06-19 08:17

goal

わー、わアーと大騒ぎ。
サッカーで緒戦を飾れたと、喜んでいます。
情報が民意を大きく左右するという感があります。

私も、勝ったことはうれしいですが、前監督のオシムさんは
「ゴールを決めた本田ひとりの手柄ではない」と言っています。
みんなの力ということですね。
報道というものは偏っていることが多いのです。

華々しいところをクローズアップするのです。
きっと、本田選手も面映く思っていることでしょう。

昨日は良く降りました。ツユの季節。
以前は雨のこの季節を喜ばれなかったのですが、
今は一番お気に入りなのです。
日が永い。緑が美しい。
緑陰に憩う。憩いの季節と思います。
by hekiku | 2010-06-16 08:25

はやぶさ

こんなすごい話って。
もう、私の頭では考えられないことばかり。
プロジェクトの川口教授は「これは神がかりてきなもの」とその
奇跡的な成功をよろこんでおられます。
うれしいことです。

あまり報道されないところで、はやぶさは大きな仕事を
宇宙でやっていたのです。その仕事に携わっていた科学者たちの
努力とご苦労はいかばかり。
やっぱり神様のご褒美であったに違いありません。

今日はサッカーのワールドカップの試合があります。
これからテレビを見ます。
日本の選手達が強気で戦ってくれますように。
by hekiku | 2010-06-14 22:37

ポーチュラカ

6月の半ばとなりました。
足のリハビリに行って帰り道、花屋の店先で
ポ-チュラカの苗を見つけたので赤2株、ピンク2株を買いました。
白と黄色がなかったので、それはこの次にして。
それと、アメリカンブルーも2株買いました。

チューリップやパンジーを抜いた後のプランターに、土を換えたり
マグアンプやオルトランを混ぜて植えてやりました。
そうそう、ケイトウの種をまくのを忘れていたのを思い出して、
急遽3鉢に土を作って、種を蒔きました。

慌てて一挙にしたので、うまく着いてくれるでしょうか。
時は、容赦なく確実に流れて行きます。
のんびりする間もありません。

緑の葉は一日いちにち、濃くなっていきます。
時の移ろいに付いていけない自分を感じながらも、
青々と繁る木々の中で、
ゆっくりした気分で暮らさせてもらっています。
by hekiku | 2010-06-09 13:33

菅内閣発足

 8日に、新しい内閣が出来ます。
「菅さんなら」と言う声を聴きますが、
私はそう思いません。

 あの人は副総理をしていた人ですよ。
鳩山さんを助けたでしょうか?
追い詰められていく、総理を目の前にして黙っていた人です。
小沢さんのことも黙っていた人です。

 お鉢が自分のところに来るのがわかっているものですから。
冷静に見ていたのですね。政治家の世界は厳しいものです。

 民主党の代表を決める時など、笑ってばかりでした。
内からこぼれる笑みは隠しようもなかったのでしょう。
イジワルおばさんと思われるかも知りませんが
樽床さんの真剣な態度とは違っていました。

 大宅映子さんも、菅さんのパホーマンスがどうもと
言っていました。四国88ヶ所参りでも、黙って行けばいいものを
写真をたくさん撮らせてと言っていました。 同感

 来月の参院選は良く考えましょう。
1票がどんなに重いものか、もう絶対に許せないのは、バラ撒き政治です。
by hekiku | 2010-06-06 15:40

子供手当て

今日から、子供手当てが支給されることになりました。
日本は社会主義国家になりました。
国力が弱ることは確実。

「自分の子供は自分が育てる」
これ鉄則。
富裕層でも、貧困層でもそれは鉄則。
国家の財政が逼迫しているのに、いいことを言って票集めをした
民主党の大失政です。

「社会が子供を育てる」などと言っていますが、
ますます、親子家族の絆は弱くなります。

しっかりしなければ、日本の国はギリシャのように衰退の一途が
加速するでしょう。

転落の日本を救う道はないのでしょうか?
慨嘆の至りと、嘆いている人は多いのですが、どうしたらいいのか
わかりません。

まず、選挙。しっかり考えたいと思います。
by hekiku | 2010-06-01 17:25

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る