<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

卯月の終わり

東日本大震災の重い気分を持ち続けて
4月は過ぎていきます。
苛酷な被災を蒙られた人の胸中はいかばかり。
被災地域にありながらも、被災の状態はものすごく違います。
それは私が、阪神大震災の被災者ですからよく解かるのです。

被災者にもレベルがあります。
家族を失った人の悲しみは、他が推し量ることができません。
まして津波によって、数人の肉親をなくした人の苦悩の深さは
言葉で言い表せるものではありません。

理屈では解決できないことばかり、でも
「時」は過ぎていきます。冷酷にも、過去形となって、
大きな災害はすぎていくのです。

牛や豚たちも餓死とか殺処分で処理されました。
そんなむちゃなこと、可哀想ではありませんか。
この世は、不条理です。本当に神様はいらっしゃるのでしょうか。
そんなことを考えながら、4月が終わります。
by hekiku | 2011-04-30 12:49

春学期

今日から太極拳の新学期が始まりました。
10回の授業です。新入生が5人。
私が始めたのは5年前ですから、6年目に入ったわけです。
その1年前に武庫川女子大のオープンカレッジに太極拳クラスが
できました。だから私は2期生です。
1期生も数人いらっしゃいますから、みなさん、永い間続けておられます。

谷先生は、神戸女学院の名誉教授になられましたので、授業の前に
お祝いの会を持ちました。このクラスは、私流に言えば、
とても居心地のいい場所なのです。きっと皆さんも同じと思います。

私のように老齢のものにとっては、居場所に恵まれているのは
とてもありがたいことで、感謝いっぱいです。
いつまで続けられるか解かりませんが、出来るだけ頑張ってみようと
思っています。「休まない」これが私の鉄則です。
by hekiku | 2011-04-28 21:03

選挙

市会議員の選挙に行ってきました。今回はとてもひっそりとして、
選挙への関心がとても薄いように思いました。

震災の後、あまりにも被害がひどいのと、これからの財政を考えると
先行きが不透明で、希望が持てないのが原因ではと思いました。
私のように、選挙に必ず行くものでも、今回は気が向きませんでした。

私の場合は、候補者が自分の意思をはっきり表明しないのが、
イヤなのです。どの党に所属しているとも言わないで
やたらと無所属が多いのです。
これは、「どうしたら当選するか」そればかり気にしているのです。
そんなつまらない人には、入れません。

それに、議員さんが多すぎます。
国会議員でも、地方議員でもそんなに必要があるのでしょうか?
無駄な経費を削減するのなら、議員さんを減らすことです。
たくさんの小沢チルドレンが、膨大な給料や手当てをもらっているの
ですから、おかしい話ではありませんか。

やっぱり、気が進まなくても、
自分の一票はしっかり投票するべきです。
by hekiku | 2011-04-24 11:01

花冷え

花冷えとはサクラの時期のことと思いますが。
サクラはもう終わったと思う時期ですが、かなりの冷え込み。
東北地方では、雨また雪という予報でしたから
被災者にとってはかなわない思いでしょう。

「もういいかな」と思って洗濯したベストやカーディガンが
必要な寒さ。仕舞うのを早くしないことだと反省しきり。

太極拳の先生に聞いたのですが、中国では、春、暖かくなっても
薄着をして体を冷やさないこと。冬の間に、体が冷えているので
充分暖かくなるまで油断しないこと。そして秋口になると、薄着で過ごしても
それは大丈夫。なぜなら夏の間に体が充分温まっているからとのこと。

中国4000年の智慧です。冷蔵庫の食べ物も、常温に戻してから
口に入れること。冷たい物をそのまま食さないことと聴きました。
今の中国ではそんなことはしていないと思いますが。
私のように老齢のものは、体のため留意しなければならないことです。

早く温暖な、安定した日々が訪れて、東北地方の人の心が和らぎますよう
と願っております。
by hekiku | 2011-04-20 16:58

信貴山

去年に続いて今年も信貴山へ。
サクラを見るということですが、満開のものもあるし
谷から舞い上がってくる花びらが、花吹雪となってずっと、
落花の舞いが全山に降り注いでいました。

信貴山は妹二人が太平洋戦争のとき、学童疎開としてここの玉蔵院と
成福院というお寺に疎開してましたので、なつかしい所なのです。
女姉妹5人で、ワアーワアーとおしゃべりしながら過ごしました。
お風呂は見晴らしがいいので、サクラを満喫しながら、夜はライトアップされた
サクラに堪能しました。露天風呂には花びらがヒラヒラ落ちてきますし、
サクラとともに湯浴みしている超豪華な気分を味わってきました。。

季節は容赦なく過ぎ去りますから、
これで今年のサクラともお別れかも知れませんが、
「その時」を楽しむことをもっと上手にならなければと思ったしだいです。
同じことは2度とないのですから、心を作るとか修練するとかを
重く考えなければと思った次第です。
by hekiku | 2011-04-16 15:44

黒川サクラの森

一昨日は、娘の車で能勢の奥にある黒川という所に行って来ました。
そこは大阪府の北の端、能勢の妙見さんよりまだ奥ですが、
里山のボランティアでは日本一という所らしいです。

黒川サクラの森といって鄙びた山奥ですが、お茶に使う菊炭を焼いています。
ボランティアは自然に生えたサクラを守って根元の木を切ったり
囲いをしたりして頑張っておられます。のどかないいところでした。
一番大きいサクラで、高さ24メートル、樹齢150年とありました。
エドヒガンサクラです。ぼちぼち知られるようになったのか、
カメラで撮影している人が数人いました。


帰途、能勢の妙見さんに行いこうと、ケーブルに乗りましたが、沿道はサクラ
サクラでピンクの濃いのやら、薄いのやら満開でした。
サクラも空の色によって変わるのです。お日様が照ると、鮮やかな色に
なります。遠くの山々は春霞に包まれていました。

世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし 在原業平(古今和歌集)
桜ばないのちいっぱい咲くからに 命をかけてわが眺めたり 岡本かの子
by hekiku | 2011-04-13 10:13

衣替え

昨日も、今日もよい天気に恵まれています。
穏やかな春の日です。
この時期はたくさん仕事があって、冬物の洗濯に追われています。
辞書を見ますと、平安朝では4月1日と、10月1日が衣替えといって
夏装束、冬装束に改めたということですから、昔も忙しかったのでしょう。

ウールのものでも、手洗いのできるものは、家で洗いますから
少しずつ丁寧に洗っています。寝具の手入れなどたくさんの洗濯ものが
ありますが、ゆっくりとクリアーしていくつもりです。

今日は県会義員の選挙の日でした。
私はいつものことですが、朝早く済ませました。
どんな結果になることやら、選挙の重大さは身にしみます。
甘い言葉につられて、国家の大計を損じてはなりません。

この国難の時期をどのように乗り越えていけるでしょうか?
日本の国が再建できますようにと祈っております。
by hekiku | 2011-04-10 16:36

雨の丹波路

きょうは、柏原(かいばら)にカタクリの花を見に行きました。
雨になることはよく分かっていたのですが、やっぱり
動きにくいし、せっかくの群生しているカタクリの花も蕾の状態でした。
これがいいお天気だと、花びらを後ろにそらせて咲くそうです。
薄紫の色も可憐です。

しかし、久しぶりの丹波で、日本の美しさを確認しました。
サクラはまだ満開とはいかないけれど、よく咲いていました。
丹波は歴史の古いところで、見るところがたくさんあるのです。
ジパングクラブのツアーですから、JR柏原駅に現地集合して、
そのあとバスであちこち回りました。

雨は降っていても、雲か、霞みか煙立つ山々に囲まれた
丹波市は静かにたたずんでおりました。
水別れ公園では分水嶺を見ました。由良川となって日本海に流れるものと、
加古川となっての瀬戸内海に流れるものがそこで分かれるのです。
日本で一番低い所にある分水嶺だそうです。

旅はどんな時もある。人生と同じです。
どんな時も、「よし」と受け取る。
そして、いいところを喜ぶ。
これが旅の醍醐味と思います。
by hekiku | 2011-04-08 22:03

2011.4月

4月となれば、春らしくなりました。
しかし、今日はすごく寒くて、オーバーコートなどクリーニングに
出そうと思ってたものを、また引っ込める始末です。

以前は、土、日と休みがあるともったいないと思っていたのですが、
老齢になると、休みの日がありがたく思えるのです。
私は、独身の息子と一緒に暮らしているものですから、
主婦現役、会社の代表者現役として、仕事がたくさんあるのです。
休みの日はゆっくりしたいのですが、
今日は、絵を描いています。

書道をしていた時は、展覧会の創作に追われていたのですが、
その制約がなくなっても、やはり、創作といえばオーバーな
表現かもしれませんが、何か創りだすことに心を砕いています。

お料理でもそうです。アレコレと挑戦しています。
美味しくできた時の悦びは、喩えようもありません。
「おいしいもの食い」で恥ずかしいのですが、
料理は創作ですし、毎日の献立も創作です。
自分らしく、納得したものを創りり上げて、日々喜んでいます。

今週は、柏原の達身寺へ行きます。リュックを背負って。
カタクリの花を見たり、水別れ公園にも行きます。
やっぱり春はいい。
by hekiku | 2011-04-03 14:50

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る