<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

厳しい寒さ     2012.1.28

今年は特別寒いと聞きますがどうでしょうか
寒いのはイヤですね。

昨日は、在家仏教会の講演会に行ってきました。
しばらく行けなかったので、久しぶりでした。
薬師寺管主の山田法胤師でした。演題は「次代への転依(てんね)」
東洋の文化は発見から始まるという。
ものをよく見て発見をすると、その根源がよくわかる。
お釈迦様は発見して精神文化を打ち立てられた。
西洋は発明の文化という。

人間に三毒あり。貪る、瞋る、癡う
それに、限りなき欲望という毒。
人間の心変わりは、気象条件と同じ、定まることなし。

天武天皇が古事記を書き残すよう命じられて1300年という
それに万葉集も。いい国ですね。日本の歴史を、もっと学びたいと思います。
発見という、この心を忘れないようにしたい。
発見とは、みずみずしい心のように思います。
by hekiku | 2012-01-28 21:29

君がため        2012.1.24

君がため 春の野に出でて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ

百人一首の光孝天皇の大好きな歌です。
近ごろは陽射しが、ぐんと明るくなってきました。
明るい光は春を持ってきてくれますが、
戸外はまだ寒く、雪がちらちら降っているそんな情景です。

天皇の歌だけあって、格調の高い歌だと思います。
この季節になると、まっさきにこの歌が浮かんでくるのです。
厳しい寒さは残っているが、陽射しは明るくなって春近きことを告げてくれます。
「君がため」という歌いだしも、やさしいですね。

私は年を重ねて、寒さに弱くなりましたから
家の中でも手袋をはめています。手が冷たくて、冷たくて。
春暖の日が待ち遠しく思います。
もう、すこし。
by hekiku | 2012-01-24 17:27

あめ     2012.1.20

やっと、雨が降りました。庭の木々もうれしそう。
あまりの乾燥に、火災を心配したものです。
やっぱり適度の雨は必要です。農作物もほっとしたことでしょう。

阪神大震災の文章を書いて、絵を描いていたらアッーという間に
1週間がたっていました。でも平成24年度の随筆1作目ができました。
2000年からパソコンをいじって、13 年の月日が流れました。
遅々とした歩み、
恥も外聞もなく、表に出していますが、お許しを頂いて少しずつ
書き溜めていこうと思っています。
お手休めの時に目を通してくだされば幸甚です。

何があるか分からないこの娑婆の世界で
今日一日、パソコンに向かい文章と絵を描いて
喜んでいます。緊張と努力が私を支えてくれているように
思うのです。
by hekiku | 2012-01-20 09:34

増税      2012.1.13

野田改造内閣が発足しました。
私はニュースを見るのもイヤです。

野田首相は何を考えているのでしょう。いや民主党は
何を考えているのでしょう?
「社会保障と税の一体改革」などと大義名分の旗を振っていますが、
おかしい。
いまの世の中は、消費税が上げられる状態でしょうか!
それも、増税してそれを社会保障に使うのです。

イタチごっこですよ、また増税をしなくてはなりません。
国家がそんなに社会保障をしなければならないのですか?

なぜ、個人が努力する社会を造ろうとしないのですか。
保障、保障、あげる。あげる。もらう。もらう。
そんなことがいい社会なのでしょうか?
国家の衰退は目に見えています。

社会主義国家を目指している政治家に任せている不安はぬぐえません。

国民は、自己責任をしっかり持っています。
「国民のために」などと、国民を利用しないでください。
それよりも健全な財政で、安心させてください。お願いします。
by hekiku | 2012-01-13 19:35

成人の日       2012.1.9

成人の日という。

男の子が和服を着ているのをテレビで見るようになりました。
どうして?女の子は振袖を着て、白いショールをしています。
わからない。人と同じことをするのは「イヤ」と思わないのかしら。
個性がなさすぎるゾ。

私がその頃はどうだったかしら。もいろん成人の日などありません。が
もっと考え方が自由だったと思います。
「みな同じ」ということはなかったようですが。

若いってすばらしい。これほど値打ちのあることはありません。
社会のために、国家のために、世界のために役立つ人になったください。

昨日は私の兄妹会の新年宴会でした。
みんな元気に集まりました。8人兄妹だから配偶者とで16人だった会も
2人欠席で昨日は10人になりました。自然のすがたです。
老いの中で生きているには、覚悟がいります。

「仲良きことは美しきかな」でいい会でした。
by hekiku | 2012-01-09 17:45

横断歩道      2012.1.7

3連休です。今までこれが気に入らなかったのです。
昔人間の私は休むことが怠惰に思えて、どうもという感じ。
それで朝6時25分のテレビ体操をすませて、歩くことにしました。

ふだんは息子の出勤にあわせて朝食の準備がありますので、
ウオーキングの時間がありません。
この休みの日は、ゆっくり、きょろきょろ歩けます。で、
防寒具を充分にして、出ていきました。

まず、武庫川に行って朝日を見る。これは私のパターンです。
ただ、まっすぐ東に向かっていくと堤防に横断歩道が無いのです。
今までは左右を見て渡っていたのですが、
娘は「そんな危険なこと!」という。

運転ができない私には分からないことですが、
人が通ってない時はスピードを出しているらしい。
堤防の道は狭いけれど、渡りきれると思っている私は超高齢者。
山手幹線も同じくといたら、あきれていた。

「信号のある所しか渡ったらあかんよ」という。
老いたら子に従えというから、
これからは信号のある横断歩道を、安心して渡りましょう。と
ぶらぶら歩きをして帰りました。小1時間でした。
by hekiku | 2012-01-07 09:45

穏やか         2012.1.5

年が明けてもう5日目です。早いものですね

北の国では雪がかなり降っているようですが、
こちらは穏やかな日がつづきます。でもよく冷えます。
年を重ねると寒さに弱くなりました。

よく北海道に行きました。何度も、何度も。
わざわざ雪に遇いたくて、網走の天都山では猛吹雪の中を歩いたり
石北峠ではクリスマスツリーのような幻想的な雪の林に感動したものです。
昭和天皇は摩周湖に3回行かれたけれども、天候が悪くて見られなかったという。
私は、「霧の摩周湖」も「厳冬の摩周湖」も「青空の摩周湖」も
堪能することが出来ました。

若くて元気だったので、自分で「晴れ女」と自信満々でした。
しかし、いつの間にかそうはいかなくなりました。
雨の日も、曇りの日もあるようになりました。
でも、年の功とでもいいますか思うようにいかなくても、
雨でも曇りでも、それを味わう心ができるようになりました。

秋から冬眠していますが、暖かくなったら、また旅をするのが楽しみです。
by hekiku | 2012-01-05 18:08

2012年のお正月    2012.1.2

新年明けましておめでとうございます。
しばらくご無沙汰していましたが、これからゆるりと始めることにします。
どうぞよろしくお願いいたします。

電車に乗っていても、講演を聴きに行っても、大勢の中で、
太平洋戦争を体験した人は、もう僅かになったと痛感しています。
貴重な体験に基づいて、私のものの考えなどは形成されているのですから
やっぱり書いておきたいと思うことがいっぱいあります。

今、この世といいますか社会で、若くてきれいな女の子がいっぱいですし
一生懸命働いている男性達、老いとか死とかに何の関係もないような
人たちの中で、もう私などは社会のワクから外れてしまっている
存在だということはよくわかります。

でも、日々感じることは、山ほどあります。
お見苦しいかもしれませんが、思ったままを綴っていきますので
どうぞ、お読みくださればとてもうれしく思います。

今日は西暦2012年1月2日
新年の挨拶に娘の一家が來てくれました。
一人孫娘は仕事の都合で、昨日東京に帰りました。で総勢6人です。
お料理は娘が手配して万端の用意をしてくれるので助かります。
和やかな、賑やかな一日でした。

新しい年を元気で迎えられてとても幸せです。
by hekiku | 2012-01-02 19:47

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る