<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏越の祓(なごしのはらえ)    2012.6.29

明日は、夏越の祓です。
6月30日は一年のちょうど真ん中。
半年の穢れを払うという行事が、神社などで行われる日です。
昔から日本の行事はとても意味があって、なるほどと合点しています。

あっという間に過ぎる日々。うかうかと過ごしてしまいますが
気がつけばもう一年の半分が来てしまったのです。
無事に過ごせた半年に、感謝、感謝です。

いよいよ夏です。衣食住、すべてに用意をしなければ。
扇風機を出す。二階の冷蔵庫にスイッチを入れて。
ウーロン茶作って冷やしておく、台所の窓にスダレをかける。
床の間、玄関の掛け軸、額を取り替える。

こうして日本の風土に合わせて、永いあいだ生活をしてきました。
四季のあるケジメを楽しみ、まわりの自然に慣れ親しんできました。
ありがたい日本です。その時その時を充分に味わいたいと
思っています。

先日から、アジサイ、ベゴニア、ミント、ポーチュラカを
写生しました。
by hekiku | 2012-06-29 14:47

ふかみどり      2012.6.27

樹木のミドリは一段と濃くなりました。
葉っぱはずっしりと茂っています。
それに雨が降るととても美しいのですが、これからの天気予報は
どうなっているのでしょう。
私はこの雨の季節がとても好きなのです。

実朝の歌に、
時によりすぐれば民の嘆きなり 八大竜王雨やめさせたまえ
というのがありますが、この季節災害のないようにと思います。

民主党のごたごたはもうイヤになります。「国民のみなさま」という
言葉を使いながら、政権維持に固執しているのです。
「増税は反対」です。不健全ではありませんか!
財政が苦しかったら、出費を締めることです。それが健全な財政です。
社会保障にどんどん出費して、赤字の財政をどうして緊縮しないのですか?

消費税を上げて、「不自由な人にはお金をあげる」だなんて
何んと幼稚な考えでしょうか。
もう絶対に「バラ撒き」はしないでください。悪い社会になっていきます。

自立自尊の社会であって欲しいのです。
健全な財政であって欲しいのです。
by hekiku | 2012-06-27 08:18

矢のように    2012.6.21

ブログを書いているとよくわかります。月日は矢のように
過ぎ去ります。本当に4.5日はすぐたってしまうのです。
これほど厳然としたものはないと思います。
そして公平です。「一生過ぎ易し」です。

台風、大雨、災害大国日本は、緊張の連続です。
それに比べて、政治はどうなっているのでしょう。
野田首相は、政治生命をかけてとか、命を賭けてとか言われますが、
そんな言葉を、ぬけぬけと恥ずかしくもなく使うセンスに驚きます。

一国の首相が、努力する、頑張る、など当たり前のことを
言葉に出して言うのですから、おかしいではありませんか。

私は後期高齢者医療制度が廃止にならなかったのは残念です。
高額の保険料と、医療費、で不公平な政治に腹を立てています。

しっかり自立している者から、たくさん搾り取って、「社会保障にまわす」
こんなことを政治家がしていいのですか!

もっと自然でいいではありませんか。大自然の運行に任せなさいよ。
人の手でいじくり回さない方がいいですよ。
社会保障、社会福祉は、「度」が過ぎると、国家が潰れるし、
人間は堕落してしまいます。

そんなことは政治家なら知っているはずなのに、
権力に目が眩んで、その座を守ろうと必死ですね。
by hekiku | 2012-06-21 18:51

老人ホーム        2012.6.16

今日は、箕面の病院に診察に行って来ました。
3ヶ月に1度の診察です。なにごともなく終わりました。その後
箕面市と茨木市の境界に近い所に、彩都という新しく開発された
地域があります。

そこにある老人ホームに、旧友を訪ねて行ってきました。
私と同じ年令。ころんで腰を痛めて、車イス生活を送っているのです。
一人暮らしだったので、どうしても施設に入って看てもらわなければ
ならなくなったのです。

昔は、この丘陵地帯は竹やぶなどの森林だったという。
空気は良くて、視界は広くていい場所だと思いますが、
私はやっぱり、自宅がいい。
こけないようにして、最後まで歩いていたいと思う。
どんな終末になるかは、それこそ想定外かもしれないが、
願望として、日々の努力は怠るまい。

娘のクルマに乗せてもらって行ったのですが、かなり走ったようです。

老いのきびしさを、身に沁みて帰ってきました。
by hekiku | 2012-06-16 21:01

降りそうで、      2012.6.15

梅雨入りがあって、天気予報では雨かと思っていても
なかなか降りません。
気温が高くなると、地面はすぐ乾きます。
庭の木や鉢植えは水を欲しがっているので、しっかり降って欲しい。

先日アジサイの鉢植えを買いました。
葉っぱも花も元気そうなのを選らんだのですが、
どうも花の色がミドリ色でくすんでいるのが気になる。
そのうちに色が変わるかしらと思っているが、
そうでもない。

品種登録済みと書いてあるし、「大空」と名前が付いているから
今はあまりきれいでない色も、そのうち美しいブルーに
変って驚かしてくれるのかも知れない。

この季節、雨が降ってほしいといっても、
降り過ぎても困るので、いい塩梅の雨量でありますようにと、
人間の勝手なお願いをしています。
by hekiku | 2012-06-15 19:52

兄の法事      2012.6.10

昨日は、兄の25回忌
私達姉弟、兄の子供や孫達などで、大勢の集まりでした。
お寺はんも3代目、昔話が次々と出て、なつかしさで胸がいっぱい。

この檀那寺の僧は3代目といっても、一番お経が上手で、法話もよくわかります。
それは声が良いこと、言葉がはっきりしていること。
なかなかの実力とお見受けしました。法事はやっぱり僧侶の力に
左右されますから、感動を受けた法要でした。

その後は、会食と会話で、兄の遺徳を偲びながらタイムリミットの時を
楽しみました。きっと兄は喜んでいるだろう。
父や母も喜んでいるに違いないと思いました。

その僧の法話に「歳をとる」というより「歳を重ねる」という言葉の方が
深みがあって、自分自身にとっても良好な意識がもてるとのこと。

何十年経っても、変わらぬ肉親の愛情をしっかり感じながら
この世を去った人への感謝を新たにした法要でした。
by hekiku | 2012-06-11 09:02

スケッチ        2012.6.6

今日はスケッチをしようと段取をしました。
買い物にも行かず、洗濯などの家事もパスをして、
リンゴとアメリカンチェリーの2枚を写生をしてやれやれというところ。
月曜日に絵を教えてもらっているのですが、先日はリンゴを描きました。
その時もう1枚書きたいと思っていたのです。

何の基礎もないものですから、いつもヘマばかりで
納得できませんでした。基礎から教えて欲しいと思っていたのです。
ラッキーなことに学校でしっかり勉強した人が身近かにいらっしゃって、
見ていただくことになりました。

今からでも遅くないと、空威張りをしていますが、
1枚、1枚を大切に描いています。
予習、復習、たくさん描きたいのですが、トロイものですから、
遅々とした歩みです。どうなりますことやら。

なにごとも、創作は楽しいものです。モノを作るということ。
私の性に合っているのでしょうか。
楽しいひと時を過ごしています。
by hekiku | 2012-06-06 22:36

広島へ        201.6.2

きのう、広島の義兄の葬儀に行って来ました。
新幹線では広島まで1時間30分ほどで着いてしまいます。

うちのおばあさんや、夫が亡くなった時は、夫の姉夫婦は広島から
何回も来てくださいました。自分がその立場になると、
老いの身でよく来てくださったと、そのご苦労がよく分かりました。

葬儀にはたくさんの人が参列くださって、また親戚も多いものですから、
とても盛大に行われました。94歳でしたから、子が3人、孫7人、曾孫5人
ですから、その縁者を合わせるとたくさんの人です。
幸せな人生であったと思います。

諸行無情、ひと時も止まることはありません。
動き流れていくのです。人間に何が分かるものですか。
まして、凡庸なものは
その日、その日をしっかり努力することだと思うのですが。

帰るとき、広島在住の従妹が、原爆ドームや、記念館などをタクシーの中からでもと
案内してくださいましたので、鮮やかなミドリに輝く広島を見てきました。
被爆67年。立派な広島。美しい広島を見てきました。
とても良かったかったです。
by hekiku | 2012-06-02 12:04

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る