<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

空しく      2012.8.27

8月ももう終わろうかとしているのに、この残暑。
午後からの熱暑には、耐え難いものがあります。
とくに、夕方から夜にかけてがきびしいです。

朝はまださわやかな涼風が流れています。
閑散とした、雰囲気の中で、しきりに虫のすだく声が聞こえてきます。
夏休みが終わり頃の、この静けさは毎年味わっていますが、
この時期の旅行はなかなかの穴場です。

あまり動きもなく、空しく過ごした日々は心も晴れませんが、
私の場合は、すぐに体重に表れて、500gはピンと跳ね上がります。
やっぱり動くことが大事ですね。
自分にあった運動量は、毎日こなさないと心身ともに悪影響。

空しいなどと、余分なことを感じるよりも、
体を動かしてさっぱりしようと思っています。

空がきれいです。
まだ夏の雲ですが、よく澄んで爽快です。
by hekiku | 2012-08-27 08:40

まばたき      2012.8.22

人の一生は、仏様が、まばたきを一回される間ぐらいという。
なるほど、一生過ぎやすし。
残暑がきびしいといっても、周りは秋の気配が漂い始め、
あんなにやかましかったセミも静かに、そして
虫の鳴き声があちこちで聞こえるようになりました。

ほんとうに、ほんとうに。
一日過ぎやすし、光陰矢の如し。
あせる気持ちはいっぱいですが、どうにもならない。

尖閣島、竹島、日本は甘く見られて、隣国からの進入に悩まされています。
何んと破廉恥な、恥ずかしくもなく、とあきれていますが、
人間はこうして弱肉強食の歴史を、繰り返してきたのではありませんか。
国の間でも、人の間でも。
悲しいことです。

隣国から、なめられないことです。
いじめに会わないことです。
日本人独特の誠実さ、思いやりなど、甘いことはしないことです。
毅然としましょう。

スキあらばと虎視眈々と隣国は狙っているのです。
これが人間の正体です。
by hekiku | 2012-08-22 09:46

雷        2012.8.18

今日の雷はすごい。
あんなに長時間荒れ狂う雷はあまり記憶にない。
高校野球を見ていたら、東南の空が真っ黒になって稲光がと
アナウンサーが言っていましたが、すごい黒雲が迫ってきて、
ひどい雷鳴で野球は中断。
その後、激しい雨も加わって、それが2時間以上も続いたのです。
大気が不安定なんですね

野球は再開されましたが、負けた新潟明訓は気の毒な気がしました。
勝った方の明徳は、中断されるまえにリードしていたのですから
無理のない結果でした。が、途中で気がそがれるのは、お互いにいやです。
でも、この世の中、何があるか分かりません。
そんな、体験もプラスになればいいと思っていますが。

携帯に、防災ネットというのを、娘が入力しておいてくれました。
雷の異常なあばれように不安になっていたらメールが入って、
大雨注意報が出ているとか、西宮市内で停電しているところは、
順次回復していくからとか、情報を得て心丈夫になりました。
ありがたいものです。

時代の利器に順応していくことは、大事ですね。
by hekiku | 2012-08-18 19:37

竹島、尖閣諸島       2012.8.15

67回の終戦記念日です。
正午に、テレビにあわせて黙祷をしました。
今年は特に気が重い。

韓国大統領の非常識な発言と行為。
一国の大統領ともあろうものが、実に恥ずかしいことを言っています。
「天皇陛下が韓国を訪問したかったら、まず謝罪せよ」と。
人格の低廉な人ですね。「なめたらあかんで」と、憤りが湧いてきます。
日本を凌駕する勢いの韓国ですが、それにふさわしい礼節が欠如しています。
恥ずかしい国です。

今日は、中国のおかしい人が尖閣列島に上陸しましたが
逮捕されたそうです。
日本の政府のハッキリしない姿勢が、相手をつのらせるのです。
パソコンの動画で、共産党の志位和夫委員長が尖閣列島の領有権の問題について
冷静に証拠をいくつも挙げて日本の領土であると説明されとました。
完璧です。

うれしかったです。志位委員長を尊敬します。
官房長官が、もっと早くにそれを表明したら良かったのに。
政権をとっている人の責任です。
はっきり国の内外に、表明してください。
もう弱腰はだめです。
by hekiku | 2012-08-15 21:30

お盆の日       2012.8.13

今日は夫の月命日で、お盆のお参りにお寺はんが来てくださいました。
浄土真宗の宗旨では、特別なお供えとか、行事はしないのですが、
世間並みに、お供えとかを、平素より多くしてそれらしくお盆を迎えます。

土曜日に、息子が大谷本廟のお墓のお掃除に行ってくれましたし、
昨日は、娘が孫娘と一緒にお参りに来てくれました。
また孫息子も後日来るらしく、娘婿も来るでしょうから
しばらくは、忙しい日が続くと思います。
私はもう少し涼しくなってから、京都のお墓に行くつもりです。

オリンピックも閉幕式があって、祭典が終わりました。
最後に、ボクシングと、レスリングで金をとりました。どちらも26歳で
孫より若い人です。とても迫力のある試合でした。
スポーツでこんな根性のある人たちが育っていると思えば、とてもうれしく
胸がスーッといたします。

お盆の最中、じっと家で休養をとるつもりです。
by hekiku | 2012-08-13 16:15

槍ヶ岳      2012.8.9

娘が槍ヶ岳に登って、無事帰ってきました。
3泊4日の行程ですが、今日は、画面にその様子を映してくれました。
毎年この時期、8月の上旬に3000m級の山に登ります。
去年は薬師岳、一昨年は北穂高というふうに。
近場の山は、月に何回も行きます。

私にはとても出来ないことです。
でも、山は好きなんです。景色を見ることだけで感動いっぱいです。
こうして、カメラに映ったものを見るだけでも、楽しいものです。
槍の姿は、新穂高温泉で見ているのですが、やっぱり登ってこその
ものだと思うのです。

疲れているだろうに、槍ヶ岳(3180m)山荘で買ったホルダーを
持ってきてくれました。9月の下旬には、一緒に山を見に行くつもりです。
ツアーは無理だから、どこか考えてくれるでしょう。
山を見て、絵を描いてと思っています。
立山か、御岳か、穂高か。

娘が元気で帰ってきたので、やれやれです。
by hekiku | 2012-08-09 17:20

お米      2012.8.8

熱暑の日が続きます。
若い時は、暑いのは耐え難いと嫌いだったのですが、
老年になって、寒いのはもっとこたえるようになりました。
だから少々の暑さは、黙って凌いでいますが。

きのう、友達との会話で、その人は、7月31日にひんやりと秋を感じた
そうです。私は同じく、7月31日に月を見て秋を感じたのです。
二人とも同じ日に秋を知ったのです。

でも彼女は、農村の生まれだから「夏の日照り」が欲しい。
お米や農作物には、夏の強烈な日照りが必要なので、
早く涼しくなると心配なのと言っていました。

夏には夏のきびしい太陽が、必要なんです。
農作物の生育は、私たちの生活に大きな影響を与えますから
まして「お米」はその根本ですから、豊作を願わずにはおれません。

カンカン照りの夏空も、猛暑も、ありがたく感じると
だいぶ気がラクになりました。
by hekiku | 2012-08-08 08:54

ユカタ     2012.8.5

炎暑の日が続きます。
毎朝の、庭の水やりがひと仕事になりました。
特に鉢植えのものなどは、一日の日も欠かすことはできません。

きのう、夕方になって大阪に出て行きました。
お供え物をデパートに頼みにいったのですが、電車の中は
若い娘さんたちが、ユカタを着ていっぱいでした。
これはどうしたことか?
聞いてみますと、「淀川の花火大会」とのこと。

用事を済ませて、帰る時は、大阪駅のプラットホームは
こぼれんばかりのユカタ姿で、駅員さんも必死で整理していました。

今日一日の健康を願って暮らしている、老いた身にとって
まばゆいばかりの、命のエネルギーを浴びながら、
自分にもあった若き日を思いました。

塚本の駅は降りる人でいっぱい、ホームは満艦飾のユカタです。
からっぽになった車内で、隣の席の人が、「きれいですね」といったら
ほかの人も「きれい、きれい」といいました。
若者のユカタ姿は、本当に美しい。
by hekiku | 2012-08-05 18:10

残念      201.8.3

熱暑はきびしい。
まあ、夏らしい暑さもいいもんだわ、とやせ我慢をしています。
ここのところ、雨も降らず、炎熱の日が続いています。

今日は、デパートへ行こうかと思っていましたが
あまりのカンカン照りの戸外を見ると、
出る気も失せてしまいました。

毎日のオリンピックの競技を見ていると、「悔しいだろう」と
思うことばかりです。
人生の縮図のようなものですね。
「金」を目指しているのに、少しのことで「銀」になったとか。
極端な例だと予選で敗退したとか。

「金」は実力の上に、「運」があるように思います。
水泳と違って、柔道は審判の判断がありますから、悔しいことばかりです。
天運がついていないと、「金」は掌中におさめられません。
本当に残念至極。

しかし、こんなはげしい運動ができるアスリートたち。
丈夫な体を頂いたことは、ラッキーでした。
どんな努力をしてきたかを思うと、みんなに「金」をあげたい。
by hekiku | 2012-08-03 17:18

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る