<   2012年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

名月         2012.10.31

名月や 池をめぐりて 夜もすがら   芭蕉

昨夜はきれいな月でした。
心が洗われるような気がしました。前日が十三夜といって
月見ダンゴが売られていましたから、月の美しい時期なのでしょう。
寒いぐらいの外気の中で、しばらく観賞しました。

小さい時から、お月様が好きでよく眺めたものですが
だんだん娑婆のアクタの中に浸かって、
忘れていましたが、やっぱり美しい。
古来から、たくさんの歌に読まれただけあって、
人の心をとらえて放さないものです。

月の兎の話
猿、狐、兎の3匹が山の中で、倒れているみすぼらしい老人を
助けようとして、猿は木の実を集め、狐は川で魚を捕って、老人に
食べてもらった。兎はどうしても食べ物を採ってくることが出来なかった。
自分の非力を嘆いて、火の中に飛び込んで、自分の身を捧げました。
その時、老人は帝釈天となって、兎の慈悲行を後世に伝えるため
月に昇らせたという。

いじらしい兎です。で、お月様の中で、御餅を搗いています。
by hekiku | 2012-10-31 16:10

神無月の終わり        2012.1029

もう、10月も終わりです。
ひと月はあーっという間に経ってしまいました。
その日その日は一生懸命であっても、年月を有効に使えたか
どうかはわかりません。

国難といわれる諸般の問題が山積しているのに、
政局は混乱しています。
この混乱を乗り越えて、いい方に向かえばいいのですが。
石原さんはどういう結果を出されるでしょうか。

いつも、社会というものは混乱しています。
人間が生きるということは、こんな中なんです。
それなりに腹を括っておかなければなりません。

紅葉の季節になりました。
近くの公園の木々も赤や黄に色づきはじめました。
毎朝、散歩に出て楽しんでいます。
落ち葉もたくさんです。
寒い冬まで、この季節、ゆっくり木々と楽みましょう。
by hekiku | 2012-10-29 21:35

冷え込み        2012.10.24

朝夕の冷え込みがきつくなりました。
今朝などはかなり冷たく、朝夕の差は10度以上らしいです。
平均より寒かったり暑かったりして、季節は織りなされていきます。
気温が下がると、木々の紅葉が早くなります。
今年はどこへ紅葉狩りに行こうかしら。
やっぱり京都の近場になるか。

もう永い間ヒザが悪くて、不自由しているが近ごろは、一段と悪化して
自分の意思のとおりに運ばれない。
滑らかに動かない。
リハビリで歩く練習をもっとしなければと思う。
理学療法士の先生は、ヒザが伸びてないといわれる。
このまま固縮してしまわないよう、マッサージをするようにと
いわれる。

治療に通わなければと思っている。
自分で出来ることはもっとやらなければと思うが、
ツイツイ怠けてしまう。
先日、転倒してケガをした影響か、介護認定が要支援2に
なった。来月から、週2回通うことになる。
「あるべきように」したがおうと思っています。
by hekiku | 2012-10-24 20:58

栗ごはん        2012.10.19

秋たけなわのシーズン、栗と黒豆の枝豆を
たくさん頂きました。
きのうは枝豆。今日は栗御飯と格闘しました。

丹波の黒豆の枝豆は、とても大きくて虫ひとつ付いていない
立派なものです。
枝からちぎって、両端を鋏で切り、熱湯でさっと湯がいて(1.2分)
熱いものを、冷凍庫に入れて急速冷凍します。

全部で2キロあったので、湯がくのも4回。子袋に分けて8袋。
なかなかの大仕事です。あの人にも、この人にもあげようと
精がでます。

次は栗御飯です。
これはネットで調べて、レシピのとおりやってみました。
剥いた栗にサトウをまぶして、冷凍庫で3時間以上おきます。
御飯を炊く時に、サトウを洗い流して、お米の上にならべます。

味付けは、塩と薄口醤油を入れるのです。これは初めてです。
だし昆布と、お酒も少々。
もち米は、普通のお米の6分の1。今までは半分ぐらいでしたから
あまり入れないで、水加減は普通米を炊くのと同じ。

出来上がったものは、お醤油の味も出ていて
とても、おいしい。上出来。成功。
おいしいものを頂こうと思うと、手間、ひま、かかります。

きっと、体重計はピンと跳ね上ることでしょう。
by hekiku | 2012-10-19 19:54

モミジの絵       2012.10.14

下手はへたなりに、絵を書いている時は楽しいものです。
我が家のモミジの伸びた枝を取って、簡単にスケッチするつもりで
描いたのですが、わざとらしくて、思うようにかけません。
あの赤い色も、なかなか気に入った色が出せません。
そして、日はすぐ暮れてしまいます。

もう、日本の内外にわたる国難というような問題には
耳をふさぎたい思いです。
無茶苦茶な隣国の攻撃を、日本はどうかわすことが出来るのでしょうか。
人間や国家は、こんな非道なことをして栄えてきたのでしょうか。

穏やかに、礼節を重んじて生きていく、そんなことは
望めないのかしら、
よその国のことでなく、まず、自国の国民がしっかり自立する。
そんな政治、教育をして欲しいと思っています。
社会保障などという旗を、大きく振らないでください。

経済的に衰退していくというか、滅亡する日本が心配です。
自分で自分の首を絞めるような政治はやめてください。
by hekiku | 2012-10-14 15:23

秋の夜長        2012.10.11

日暮れが早くなりました。
あっという間に暮れてしまいます。
それからが永い。この時間を有功にと思っても、
そうもいかない。

山中教授のノーベル賞受賞を喜んでいたら、
中国も文学賞をとったと言う。
中国の人が取っても、いい気はしない。
そんな文化人がいるのなら、自国の政治を正す必要があると思う。
一家言あってしかるべきだと思うが。

まあ世の中のこと、分からないことばかり。
ばかばかしいから怒らないことにしよう。

急速に寒くなったので、紅葉の間にあうよう1泊2日で
木曽の山奥に行ってみようと、計画しています。
娘とふたりでというより、介護してもらいながらです。
御嶽山の麓、開田高原です。標高が1400mぐらいですから、
今朝の気温は11度です。

御嶽山(3067m)の初冠雪が見れたらいいなあと思っています。
数年前に、大山の初冠雪をみて感動したものです。
そして、スケッチも楽しみです。
by hekiku | 2012-10-11 21:57

扇風機      2012.10.6

キッチンで使っている扇風機は、ずっと以前に母の所から
貰ってきたものでした。
それは、もう20年以上も前のことですから、
古い電気製品は危険だからと、処分することにしました。
6月のはじめに新品を買いました。

しかし、ボツにする気になれず、使い続けていました。
新品を横において。
とうとう、夏が過ぎて秋となりました。
夜など寒いくらい。

思い切らなければと、今日は息子の車で新品を買ったお店に、
それを引き取ってもらいに行きました。
ありがとう、ありがとうと撫でても釈然としません。
故障している訳でもないのに、
自分のしていることがおかしいように思いました。

ひとつの物でも、永い間使い慣れたものは愛情があります。
別れのつらさ味わいました。苦しいものです。
今頃どうしているんだろうと、思いやられます。

自分に来たものは、もっと大事にしなければと教えられたようです。
by hekiku | 2012-10-06 22:01

天才画家、草間弥生     2012.10.4

どんなに暑い夏であっても、こんな秋冷の日が訪れます。
空はスカーッと澄んで、寒いほどの風が吹き渡っています。
朝から、夏物のブラウスやTシャツを洗濯しました。

昨夜、「NHKスペシャル天才画家草間弥生」を2時過ぎまで見ました。
途中からですが、うわーすごい人がいると驚きました。
83歳の高齢でありながら、絵を描き続けて、あと、1000枚でも2000枚でも
描いて死ぬんだと豪語しておられるんですから。

1枚といっても大作ですから、そのエネルギーはたいへんなものです。
統合失調症の体で、よくまあーと感じ入りました。
水玉の女王といわれるぐらい、水玉模様をモチーフにしておられるのです。
アメリカやイギリスで個展を開いて、賞賛を得ておられるのですが、
1枚が3000万円ぐらいします。
天才なのは、商才の方にもあるようで、自分のビルを建てたりして、
日本人離れした、天才画家だと思いました。

歳を重ねたからと弱気にならないで、
この人のように、命の限り生き抜く。
持てる才能を出し切って、ひかりかがやく。
このしぶとさは、習いたいものだと思いました。
by hekiku | 2012-10-04 12:08

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る