<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

4月の終わりの日       2013.4.30

早いものですね。もう1年の3分の1が過ぎました。
寒い寒い。さくらさくら。と心を動かしている間に、
くるくると走馬灯のように、季節は経廻っていきます。

限られた時をどのように掌握したらいいのでしょうか。
いつも遅れています。追われています。負けています。

しかし、世の中というものは、高齢者を軽く見ます、いえ
一人前とは見ていません。これ、本当のことなんですよ。

ということは、80歳も過ぎると心身共に衰えて、無力になるのです。
それが当たり前のことなのでしょう。
だったら、あくせくしないで、年相応にのんきに過ごせばいいのでしょう。

私はそれもそうだけれど、これからの世の中は高齢者でも
元気に、しっかりと、たくましく生きる人が多くなると思っています。
確実にそうなるに違いありません。

私も、そうありたいと思っているのです。
by hekiku | 2013-04-30 21:22

北アルプスの山奥に     2013.4.27

北アルプスの2泊3日の旅は、たくさんの発見と感動の旅でした。
最初の日は天候に恵まれず、大糸線からの眺望はできませんでしたが
「信濃大町」の駅まで、ホテルの支配人さんが迎えに来てくれて、
仁科三湖を案内してくださいました。
対岸の林の中に昔の「塩の道」があり、野仏がたくさん並んでいました。

「くろよんロイヤルホテル」は関電がダムを作るときに、使っていたもので、
ゴルフ場もあり、真っ白なアルプスの山も見えて素晴らしいところです。
俗世を離れて、優雅な時間を過ごしてまいりました。

翌日は晴天で扇沢まで車で、あとはトロリーバスで
くろよんダムに行きましたが、黒部湖は渇水期で放水もありません。
娘は展望台に上っていきましたが、私は、目の前の立山を描きました。

室堂からの立山は何回も見ていますが、その裏側の湖に面した立山を
スケッチしました。3015mの大汝山、雄山、富士の折立の峰々が、
手に取るように、間近にありました。

3日目は、朝から少し雨が降っていましたが、また、支配人さんが、
車で高瀬ダムを案内してくださることになりました。
すごい山奥です。槍ヶ岳道とも書いてありましたから、
あとで地図を見ると、周りに、烏帽子、燕、大天井、鷲羽などの
有名な山に囲まれていました。

急峻な山がそそり立つ道を、丁寧な解説をしていただいて、
車は走りました。ダムの水はコバルトブルーで鎮まっていました。
この静謐さ、まだ芽吹いていない木々の間から見える湖は
実に神秘でした。

本当に、ファンタジックな旅でした。
支配人さんには感謝、感謝です。
by hekiku | 2013-04-27 10:37

雀100まで     2013.4.23

雀百まで踊り忘れずという諺が当てはまるかどうか。
小さい時から身についたものはずっと離れないという。
旅行好きなのは、ずっと。
こんなに老いても、すぐに飛び立つ。
前後の見境もなく。

2泊3日で「くろよん」に行ってきます。
現役人間ですから、帳面、銀行、税理士さん、自分のやるべきもろもろの
ことを済まさないと、旅立つことはできません。

どうも、天気が気になります。しかしこれはいつものこと。
どんな時も、それなりにいい方法を考えること。
そして、楽しみ喜びを思いっきり増幅させるのは
人生と同じですね。

旅も、ひとつの人生です。
連泊する「くろよんロイヤルホテル」は素晴らしいホテルですが、
くろよんダムは氷点下といいますから、
まあ、娘と一緒に、積雪の北アルプスの山々を見て、
安曇野を回ってきます。
by hekiku | 2013-04-23 21:08

君子蘭      2013.4.20

ボストンマラソンで爆発を起こした犯人が逮捕された
そうです。世界中で何が起こるかわからない。
四川省では地震。次から次へと報道にタネが切れない
ニュースの続出です。

やっぱり、人間が無茶なことをして、大自然の運航に逆らって
いるからではないでしょうか。
すべてのことは、人間が自分の首を絞めているのです。

うちの君子蘭が満開です。五鉢のうち一鉢をもらっていただきました。
大きなかたまりの花の数をかぞえたら23個ありました。
朱色の鮮やかな花ですから、玄関は賑やかなことです。

そうそう今日はまた筍を買いました。
タケノコが好きな家族ですから、明日からいろいの筍料理をしてみます。
夕方湯がいて、今はまだヌカにつかったまま。明日は水につけます。
先日は蕗のばらすしを作りました。その香りのいいこと。たまりません。
やっぱり旬の物を使うことですね。

好きなものを作って、おいしく頂けることは本当に幸せです。
by hekiku | 2013-04-20 19:52

旅行の用意    2013.4.17

先日、名塩のサクラを写生に行って、2枚の絵を
下書きしました。一枚はパステルで描きました。
額に入れて玄関に掛けています。
もう一枚はペイントでと思っていますが、まだしばらくかかりそうです。

今日は朝は曇っていたので、雨かしらと思っていたのですが、
午後からは、穏やかな春暖の日となりました。
週末にかけて、寒くなるらしいですが、どの程度?

娘がくろよんホテルの予約をしましたので、来週は二人で旅行です。
新幹線で名古屋へ、中央線の松本から大糸線で信濃大町へ。
そこからマイクロバスで、1時間ほど。
6時間以上の長旅になります。

どんな旅になるかわかりませんが、とにかく防寒の用意はしていきます。
娘に連れて行ってもらわないと、とても行けないところです。
いくつになっても、旅好きなものですから、冒険が伴います。
2泊しますから、山をたくさん見たいのです。
スケッチができたらいいのですが。
by hekiku | 2013-04-17 15:54

早朝の驚き      2013.4.13

AM5時33分。地震におどろきました。
やっぱり、一度洗礼をうけたら、免疫というわけではありませんでした。

またあー。しかし、治まりました。
本当にこれで治まるのならいいのですが。油断はできません。

私にとって、いちばん脳裏を駆け巡ったのは、
今の、日本の状態を崩したくない。
明るくなった日本の現状。活性化してきた経済のこと。
上向きの状態に水を差すことのないように。

国家再生に向けて、歩みだしてからまだ数か月。
大きな災難が来ませぬよう、そう願っている毎日です。
せめて、日本がよき方向に進んでいくのを見届けるまで、
地震や災害はお許しください。

近頃、「お元気そうですね」と声をかけてくださることが
多くなりました。「地震はこわかったでしょう」と夕方買い物に行った
時にわざわざ声掛けをしてくださいました。
「ありがとう怖かったね」と返事をしながら
その歳になった自分と、ご近所さんのありがたさに
とてもうれしくなりました。
by hekiku | 2013-04-13 19:57

腰痛    2013.4.9

先日サクラのスケッチに行って、無理な姿勢で描いていたものですから
腰椎とお尻の筋肉が痛い。
携帯用の小さい椅子に座って、1時間半から2時間ほど
動かなかったものですから、無茶なことでした。
老人は、後になって影響がでるらしいです。

不注意な自分があほらしくなってきます。
整骨院で、治療をうけました。
腰椎は体の要で、特に大事な場所だから気を付けるようにと、
注意していただきました。
立つときも、座るときも物につかまって慎重にと思っています。
数年前に、第一腰椎圧迫骨折をして、痛い目にあったのを
忘れてはなりまませんのに。

今日から、サポーターをしました。ずいぶんラクになりました。
夢中になったら、痛いことも、不自然な姿勢も忘れてしまう
自分の軽率さをばかばかしく思います。

いつものように少し運動をして、お風呂に入って、
今夜は早く寝ましょう。
by hekiku | 2013-04-09 21:37

桜並木      2013.4.5

サクラの最盛期。真っ盛りです。週末には散り始めると思います。
それで、下手な絵を描いてみたいと、娘の家に行きました。
西宮の北、名塩に行ってきました。

ナシオンといわれる、新興の街ですが、サクラの木も太くなって、
道の両側のサクラ並木が美しいのです。
パステルの道具を持っていきましたが、思うようにはいきません
大きな道の絵は構図がむずかしい。

2時間半ほど座って、どうにか下書きみたいなものができましたが、
似て非なるものになりました。デジカメに撮ったものを見て
家に帰ってゆっくり挑戦しょうと思っています。

花見に行って楽しむつもりが、自分の能力のなさにガックリ。
一生を通じてわかったことは、(何もできない)ということ

でも、「必ず描き上げる」つもりです。
このど心臓で歩いてきたのですから、これからもずっと。
下手は承知で、「自分なりに楽しく描く」
これでやっていきます。
by hekiku | 2013-04-05 12:50

雛祭り    2013.4.3

昨日は、私の姉妹が5人集まりました。
私の家で、お雛祭りをしたのです。私の娘と、妹の娘が
手伝いに来てくれましたので、総勢7人でした。女ばかり。

私のおはこの、ばら寿司を作りました。ちょうど筍の初物が
手に入りましたので、それを使って。
柔らかい筍でしたから、若竹汁も添えることができました。

娘がヨモギの柔らかいところを摘んできて、ヨモギ団子を作りました。
きれいな緑のお団子に、きな粉をかけて頂きました。
まあ、すべてがうまくできました。

妹達はそれぞれお土産を持ってきてくれましたから、
それも広げて、わーわーと、賑やかにおしゃべりをしながら、
楽しい雛祭りをしました。
食べました。食べました。
もう、晩御飯は食べられないわあーというぐらいに。

姉は来られなかったのですが、女姉妹6人が元気で過ごしていることは
本当にありがたいことです。神仏に、両親に感謝いっぱいです。
by hekiku | 2013-04-03 21:23

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る