<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雨の日    2014.1.30

久しぶりに雨の日となりました。よく降っています。
乾燥気味で、草木は水を欲しがっていたので、いいお湿りです。

今日は夕食に、巻き寿司を作りました。
高野豆腐、椎茸は昨日に炊いておきましたので、
世話はかかりません。巻く手加減がむずかしく、締めすぎて細くなったり、
固くなったりで、しばらくぶりの感覚で、6本巻きました。

娘と作りたてをいただきました。
ノリの香りがぷーんと漂って、一足先に節分を味わいました。
サーモンを入れたのも、いいお味でした。
お寿司好きの私には、とてもうれしい食事でした。

早くも新しい年を迎えて1か月になります。
歳月は人を待たずで、容赦なく時は刻まれて、季節は移っていきます。
もうすぐ節分になり、立春を迎えます。
その頃、私の誕生日になります。
だんだん春の感じが強くなり、寒くっても希望の湧いてくる季節です。
一雨ごとに、春が近づいてきます。
待ち遠しい。
by hekiku | 2014-01-30 19:49

アルパカ100%  2014.1.27

ここのところ、何故かあわただしく日を送ってしまいました。
というのは、冬物のバーゲンで何かをと思って物色していたからです。
別に、気に入ったものでなくても、買ってしまうのが私の欠点。

私は買い物下手というのでしょうか、上手に買ったことはありません。
今回は、ある店で、アルパカ100%の物を勧められました。
軽くて暖かいということです。

数点買った中で、アルパカが5%しか含まれていないのに、
すごく、温いベストが気に入っています。
大きくてゆったりしていて、その日から着ています。
もう冬中、手放すことはできないと思います。

アルパカ100%の着心地は如何に。
近頃は薄くて軽いものが人気です。来月の旅行にはそのカーデガンを
着ようと思っていますが、愛用の物になるでしょうか。

バーゲンの時期に、欲深くたくさん買っても、お気に入りになるのは
ほんの少しだけ。あとはタンスの中で眠っています。

少数精鋭主義で、買い物ができるようにしなければと反省。
by hekiku | 2014-01-27 21:10

大寒    2014.1.21

昨日は大寒でした。ぐっと寒さが身に沁みます。
しかし、陽射しがうんと明るくなり、春の気配が漂ってまいりました。
旬日のうちに、節分、立春となります。

実際はまだまだ寒い日は続くのですが、
陽射しが明るくなっただけでも、気分が華やいでまいります。
寒さに弱い私は暖かくなるのが待ち遠しい。

今は、確定申告の用意で、前年中の帳面に忙しい。
娘がコンピューターで税理士さんに送りますから、
その下準備だけなのに、なかなかはかどらない。

苦手なことは、気が重い
毎年のことだから、もっとラクにこなしたらいいのに、
ちっとも、自分を改革できないでいる。

ずっと以前「書」の展覧会作品を作っている時も、
いつもぐずぐずと直前まで、苦しんだが、
先生の言葉は「己を知ることです」でした。

早め早めに用意をして、段取りをつけておくといいのに、
それができない。「己を知る」を味わっています。
どんくさい人間です。
テキパキと物事を処理しなければと思っていますが。
by hekiku | 2014-01-21 15:26

19年の歳月   20141.17

阪神淡路大震災から19年がたちました。
私、63歳だったのか!
よく働きました。獅子奮迅の如く。
若くて元気でした。

私どもの隣保10軒のうち9軒が倒れました。
外面は崩れていなくても、全壊のシールを張られましたから、
修復不可能ということでしょう。亡くなったのは周りで5人。
悲しみの一日でした。

この世のものとは思えぬ阿修羅の中で、その日は暮れました。
大自然の脅威と、この理不尽さと空しさに打ちのめされました。

あれから19年。
人間って、忘れることで生きているのです。ね。
今では何事もなかったように、澄まして暮らしています。

きっと人間の歴史の中には、こんなことはいっぱいあったのでしょう。
悲しみも、苦しみも、飲み込んで滔々と川は流れていきます。

昨夜は満月でした。
冬空に、煌々と輝く月に堪能しました。
光の外側にも大きな輪を作って。
だれも見てくれていないかもしれないこの寒空で、
誇り高く輝いていました。
by hekiku | 2014-01-17 08:58

新しいメガネ   2014.1.15

白内障の手術をして2か月。
先日、眼科で処方箋をもらって、メガネ屋さんに作ってもらいました。
遠近両用のものですが、今日メガネ屋さんから「できました」と連絡が
あったので、もらってきました。

が、遠くのほうはよく見えるのですが、近くは見えにくい。
パソコンをしたり、本を見たりするのは、以前のメガネのほうが
よく見える。近くを見るほうは、もっと大きく見えるようにしたい。

待ちに待ったメガネだったけれど、うまくいってないようで、
メガネ屋さんは、「換えられます」と言ってられたから。

しかし、簡単ではない。遠近ともよく見ようとすれば、
そのための努力がいるのですね。
しばらく、メガネとの「馴れ合い」というか、「使いこなし」が
必要となってくる。

ストレスが溜まることのないように
まあ、ゆるりと行きましょう。
by hekiku | 2014-01-15 20:31

朝日は昇りぬ     2014.1.12

昔の小学唱歌に、「朝日は昇りぬ日は出でぬ」というのがあります。
年末からずっといいお天気が続いて、毎朝、この歌を口ずさんでいます。
7時過ぎに、東南から大きな朝日が輝いて昇ってくるのです。

朝日は昇りぬ。日は出でぬ。
海には、帆綱をたぐり上げ、
追い手に帆上げて船出する
海人(あまびと)今や勇むらん。

毎日、毎日、見事な朝日が昇るのです。
この歌は、朝日は昇りぬといって、日は出でぬと同じことを繰り返す。
大きな感動を表していますね。
私も朝日を見て、その感動を表すのにこの歌がぴったりなのです。

今日は大阪に出ていきました。
買い物です。欲しいものがいっぱいあるのです。
でも、はじめに重たいものを買ってしまったので、
もう、持てません。人はいっぱいでそれだけで疲れてしまいます。
日と時を選んで、ゆっくりいかなくては。

夜空は上弦の月が下向きに、可愛らしくはにかんでいます。
冬空のカーンと澄み渡った美しさはすごい。
by hekiku | 2014-01-12 19:18

よく降りました。   2014.1.9

久し振りの雨でした。
ほとんど一日中降っていていたようです。
しっかり地面に沁みこんだ雨は、春への準備となって木々を
潤してくれるのでしょう。

夜明けが、冬至の頃よりも少しずつ早くなってきました。
明るくなるって嬉しいことですね。
微かな春への始動を感じて、喜んで暮らしています。

今日は、眼科に行って視力検査です。
白内障の手術でどんな効果があらわれるのでしょうか。
処方箋をもらってすぐにメガネ屋さんに行く予定です。

一昨日、兄妹会の新年会に行ってきました。
姉が、体調がもう一つとのことで欠席でした。全員出席というのは
なかなかむずかしい。この歳になったら仕方ない。
去年は私がカゼでいけなかったんだから。

「やしきたかじん」さんが亡くなりました。
彼は大阪人でした。気質から、言動から、全くの大阪人でした。
惜しい人です。残念です。
by hekiku | 2014-01-09 08:56

仕事始め   2014.1.6

今日から仕事始めです。
長いお休みは天候にも恵まれて、結構でございました。
私も普段の生活に戻りました。朝は6時に起床
テレビ体操をして、朝食の用意をしたり、洗濯機をまわします。

今日は月曜ですから、リハビリデイサービスへ9時に出発。
老化が進んで寝たきりにならないように、運動をして
骨、筋肉を鍛えるのです。
専門のスタッフがよく指導してくださいます。
今日は男性5人、女性2人で、全員出席でした。

私にとってはとても楽しい場なので、喜んで出席しています。
みんなよく気が合うようで、たった3時間ほどですが、
クラスメートのように仲良くしています。

明日は、兄妹会の新年会です。
父母に感謝して、兄妹仲良く新年を寿ぎます。
もう何十年も続いている新年の行事です。
皆が健康で集まれることは幸せでございます。
さあー早くお風呂に入って、休みましょう。
by hekiku | 2014-01-06 21:41

平成26年初詣   2014.1.1

穏やかな元旦でした。結構なお正月でした。

朝、6時に起床、6時25分からのテレビ体操をして体を慣らす。
暖かいので、氏神様に参る。
7時近くになればもう明るくなっているので、安心して歩ける。
平素ご無沙汰して1年ぶりの氏神様だがやっぱり懐かしい。
今までによく参ったところだし、その思い出がある。

日本人はやっぱり、ウブスナの神に守られているのだと思う。
先祖からの伝統を大切に考えなければと思います。
その伝統が、近年とみに薄らいできたのではないかと心配。

家を出るときは曇っていた空も明るくなり、
新年にふさわしい大気を吸いながら、気持ちよく歩きました。

近頃ぐっと弱くなった足腰ですが、まだ行こうと思うところへ
行けることを感謝しています。

息子と二人、祝いの膳につきました。
年賀状もたくさいただきました。
ありがたいことばかりです。
皆様のご健康とご多幸を祈っております。
by hekiku | 2014-01-01 22:30

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る