<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

開花宣言      2014.3.28

今日の歩数計は7500歩
よく歩いたものだ。
銀行や、郵便局など、月末は何かと忙しい。

事務机を新しくしようと思って買ったので、それが明日持ってきてくれる。
この機に、処分せるものは思い切ってと片づける。
書類は5年間は保存してくださいと、税理士さんに言われているから
たくさん溜まらないようにスリムにしなければと思う。

しかし、どんなに古くても手紙類は大事に残している。
読み返しても、懐かしいものばかり。
少しは余力のある間に身辺を整理するのは大切なこと。
まだまだ、仕事はたくさんあります。

サクラの様子を見に、新堀川沿いに歩いてみる。
開花していました。私なりの開花宣言。
まだ咲き初めで、ちらほらですが花が嬉しそうに見えました。
by hekiku | 2014-03-28 21:01

増税がどうひびくか   2014.3.24

来月からの消費税増税が、私たちの生活にどのように
響いてくるのでしょうか。
もう一週間、人々は少しでもと防衛に余念がありません。
しかし、私は、物を大事に使えばよいと思っていますので、
あまり買い置きする気になれません。

実際はどんなに影響が出てくるのでしょうか。
戦中戦後を経験したものは、あまり動揺をしていないのでは
ないかと思っています。
ありあまる物質の中で、暮らしているほうが、落ち着きません。

物を大切にして暮らすようになれば、
それは消費税増税も悪くないかと思っていますが、
どんな世の中になるのかもわかりません。

近頃はかなり元気になりました。
体を動かして元気に暮らせたら、それが一番の幸せというものです。
by hekiku | 2014-03-24 21:28

春のお彼岸     2014.3.21

彼岸の中日です。
「暑さも寒さも彼岸まで」と昔から言われていますが、
今日は北海道や東北地方では、記録的な大雪といいます。
「お彼岸のお墓詣りをしょうと思っていましたが、これではとてもいけません」
と北海道の人は言っていました。

3連休のはじめの日。近頃は3連休にも慣れて、ずぶとく、あつかましく、
休みの日を楽しんでいます。
「昔の日本人はもっとよく働いた」といっても仕方ありません。
いいとこどりで、ラクに暮らすのに平気にならなければ。

サクラの咲くころ、東京に行ってきます。行くというより
娘に連れて行ってもらいます。孫娘と、娘婿がいるので
きっと、ご馳走を食べさせてくれるでしょう。
東京はサクラの咲くのが早いですから、もうすぐのことなんですが。

はとバスにも乗ろうと思っています。
赤坂、六本木、議事堂などやっぱり有名なところを見たいです。
はとバスに乗るのがいちばん効率ががいいとと思うのです。
3日目は築地でおいしいおすしを食べるつもり。
そして、銀座でゆっくりショッピングを楽しみたいと思っています。

総て娘が手配してくれますので、ありがたいことです。
by hekiku | 2014-03-21 19:45

消費税     2014.3.18

来月からの消費税アップに、買い置きをしている時期。
我が家は、しれたもの。そんなに消費するわけではないと
思っていたが、雰囲気につられて、思い当たるものを見にいっている。

今日は娘と一緒に、事務机を見に行く予定。
それに、メガネも金額が張るのでもうひとつ。

よく考えると、全く余分なことのように思われる。
半分気が進まないから、収穫はない。優柔不断な態度。

でも、カゼも治まって、かなり元気になった。
そうなると動きすぎて、また、ドツボにはまって喘ぐようになる。
その繰り返しだから、気を付けなければ。

昨日は満月の夜でした。雲もなく、南寄りの東の空に大きな月が現れました。
この位置は南南東というのでしょうか。やっぱり春の月です。
少しうるんで見えます。
10時ころまた見ましたら、快晴の夜空に煌々と輝いていました。
でも冬の月とは違って、柔らかくて可愛らしく見えました。
by hekiku | 2014-03-18 09:18

沈丁花   2014.3.13

今日は朝jからよく降っています。
静かな気配、しかし、本降りです。町中がしーんとしています。
来るべき季節に、生き物は息をひそめて待ち構えています。

今年は沈丁花が良く咲きました。満開の花もこの雨でもう終わりと思います。
プーンと香りも高く、「いい匂いがしますね」と人にも喜ばれています。

風邪引きも、ほとんど治まっているのに、なかなか元気が出ないのです。
そして何もやる気がしません。沈丁花のスケッチをしたいと思っているのに
体が動きません。心がなえているようで情けないことです。

今、ソチでパラリンピックをしていますが、傷害のある身で
よくあんな激しい運動ができるものだと感心してしまいます。
困難に打ち勝って、己の心身を鍛錬しておられるのですね。
強い人たちです。

春暖の日はもうすぐ、季節の移り変わりは早い。
あっという間に、サクラが咲いて、散っていきます。月日は矢の如く
過ぎ去ります。

一日たりとも、空しく過ごしてはもったいない。
by hekiku | 2014-03-13 16:46

東日本大震災3年  2014.3.11

今日はあの震災から、3年目の日です。
2万人の命が失われたのですから、大変な災害です。
PM2時46分に黙祷をしました。
「安らかにお眠りください」と祈らせていただきました。

いつになっても、家族を亡くされた人の悲しみは癒されることは
無いと思います。本当にお気の毒なことです。
まして行方不明の状態では、胸に収めることはできません。

人間の世の中は、こんなに激烈なものなんですね。
昔からこんなに激烈な災害があったのでしょうか?
あったのでしょう。日本は地震国ですから関東大震災でも、
もっとたくさんの人を失っています。

「ノドもと過ぎれば熱さを忘れる」にならないよう
災害の対策を忘れないように、しなければなりません。
これからの災害は、想定外ばかりになるかと思います。

鎮魂の今日。たくさんの犠牲者の命を無駄にしないため、
災害に対処する心をしっかり作っておかなければと
あらためて思っています。
by hekiku | 2014-03-11 20:08

北御堂へ    2014.3.8

3月4日は母の命日ですが、4日遅くなりましたが北御堂へ行って、
お経をあげてもらいました。早いもので、母が亡くなってから
23年の月日が流れました。

母は85歳で亡くなりましたから、私もその歳に近づいてきました。
毎日、両親のことを思わない日はありません。
総てがありがたく、なつかしくおもわれます。

NHKの朝のドラマの「ごちそうさん」で、息子を戦争に出すことや、
食糧難のヒモジイ時代のことが出ますと、その当時、母はどれだけの
苦労をされたのかと、母の強さがが偲ばれます。

たくさんの子供を産み育てた昔の女の人はすごい力です。
時代の流れは大きく変わってしまいましたが
女のえらさは、何を持って量ればいいのでしょうか

母は「女は親に仕え、夫に仕え、子供に仕えるのです」と言っていましたが
仕えるというところが今は変わってしまいましたね。
母の語録はたくさんあるので、できるだけ書き留めていこうと思います。
by hekiku | 2014-03-08 19:50

大阪    2014.3.5

3月に入ってもう5日目。
総てが早い。今日は久しぶりに雨が降っています。
一雨ごとに春がやってきます。

先日、孫娘の住居を見に行きました。通勤に便利なように
選んだのですが、大阪の中央区谷町のマンションです。
大阪の懐かしい雰囲気に胸がいっぱいに膨れ上がりました。

近くに、空堀商店街があって、買い物にも便利な様子。
豆腐屋さん、果物屋さんが店を並べていて、うらやましい。
いま、買い物難民といわれるぐらい、高齢者には住みずらい
社会現象になっていますから。
おいしいお豆腐やお揚げさんが買えるとうれしいですね。

大阪生まれの、大阪育ちの私は、全国的に見て少々嫌われ者の
大阪であっても、その良いところはよく知っています。
飾り気がなくて、経済観念のしっかりした大阪人が大好きです。

これからちょくちょく大阪のど真ん中に足を運んで、
新しい空気を吸い込んで来ようと思っています。
by hekiku | 2014-03-05 08:34

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る