<   2014年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今 32℃   2014.7.30

最高に暑い時期なのでしょうが、ここ2.3日は朝方が涼しく
布団を被ったりしています。
娘は、老齢になると温度を感じるのが弱くなるから、
暑いと思ったら、クーラーを使ってうまく凌げるようにと電話をしてきました。

本当に、暑さには鈍感になっているようで、それにあまり汗をかかないので
うっかりして、熱中症になったらいけないので注意しています。
汗をかかないというのは、新陳代謝が悪いからだと思うのですが、
これは若い時からずっとつづいています。汗をかく人が羨ましい。

今朝、友達から電話があって、今井凌雪先生の東京展が上野の森美術館で
開かれていますが、それに行って来られてのお知らせを頂きました。
5月の奈良展より、いっそう盛況で、たくさんの来場者でにぎわっていると
いう。

今井先生の、実力の深遠さ、崇高さにまたまた喜びに満ちみちました。
すごい先生なのです。学術に、芸術に他の追従を許さない人です。
私は自分の最盛期を、ながい間、先生の門下生として書の道に励んで
きたことが、とても幸せに思えるのです。
人生を振り返って、後悔すること、心残りのことはたくさんありますが、
今井先生のお側で、ご指導を受けてきたことは、正解でした。

東京国立博物館の故宮展にもいかれて、素晴らしい作品の数々、
タイペイに行っても、これだけのものは観られないとのこと。
10月7日から11月30日までの期間は九州国立博物館で開催される。
観たいなあと思いますが、この体では覚束ない。
いちど娘に相談してみましょう。


by hekiku | 2014-07-30 16:43

猛暑日   2014.7.26

今日も猛暑日とのことで、テレビで情報を流してくれています。
フエーン現象で、兵庫県の豊岡とか福井県の小浜とか、日本海側が
37度とかのすごい温度です。

でも、昨日に続いて、月に一度の勉強会に行ってきました。
行くときは息子が車で送ってくれました。といっても西宮市内。
10人ばかりの永い間のお知り合いの集まりです。
勉強の後はお茶やお菓子を頂いて、楽しいひと時を送っています。

帰りは、お世話してくださっているご夫婦に家まで送って
いただきました。いつもこのように手厚い配慮をしてくださるのです。
老齢になると、人様にお世話になることが多くなり、うれしいのですが
どのようなお返しができるかと、内心忸怩たるものがあるのです。

これを素直に受けて、「かわいいおばあさん」になれるように
無い知恵を働かせようと思っています。

仏教では慈悲と智慧が2本の柱だと聴きます。
その使うべき大切な「智慧」が私の場合、あまり使わなかったようです。
が、今からでも間に合うよ、頑張れ。頑張れ。
頭を絞るのだ。言動に注意して。
感謝の気持ちを根底に満たしておかなければできないことですね。


by hekiku | 2014-07-26 20:05

酷暑    2014.7.26

やっぱり暑いです。大阪の天神祭のころは。
私は大阪の人間ですから、もう少しあと、住吉神社のお祭りが
7月31日ですからそのあたりが最高の温度ではないかと思っています。

子供のころ、私の実家の氏神様も住吉さんと同じく、31日、8月1日でしたから
絽(ろ)の着物をきてお参りに行きました。その暑かったこと。
今の人は、ゆかたで出歩いていますが、ゆかたは普段着です。
夏祭りともなれば、正装してのお参りです。

母は、娘たちに着物を着せていたのですから、その奮闘ぶりが
思いやられます。扇風機しかないむかしですから。
古き良き時代。あーあ、なつかしい。
北斗七星、線香花火、金魚すくい、ちょうちんの灯

昨日は熱中症に注意。とテレビでは呼びかけている猛暑日でしたが、
思い切って、在家仏教会の講演会に行ってきました。
天台宗鶴林寺の長老 幹栄盛師のお話でした。

演題は「聖徳太子と17条憲法」です。
仏教が日本に渡来してからの迫害に遭いながら、
太子は仏教を広めていかれました。
[我必ずしも聖にあらず、彼必ずしも愚にあらず、ともにこれ凡夫のみ」
今の私にはこの言葉が一番響きました。高慢なおのれを知りました。

今日はうれしいことがありました。
旧知のSさんと席を同じくして、お話を聴くことが出来ました。
我以外の人、みな我が師。 ありがとう。


by hekiku | 2014-07-26 08:37

白い雲  2014.7.22 

いよいよ夏本番となり、青い空、白い雲がまぶしく感じます。
それに、ジーンジーンと蝉が喧しく鳴いています。

この太陽のもと外出はおっくうになります。
でも、日々の買い物という用事はあります。
今日は、夏物のバーゲンを見に行こうと思っているのですが。
家でじっとしているのが一番ベターかもしれません。

 「他 (ひと)の過ちを見るなかれ
  他(ひと)の作(な)さざるを責(せむ)るなかれ
  おのが なにを 如何に なせしかを
  自ら問うべし」   法句教

在家仏教誌で、いい言葉を見つけました。
キリスト教の聖書とよく似ていますね。
他の人の欠点はよくわかりますが、自分のことこそよく見なければ
ならないのです。
何を、いかに為したかです。

聖書の言葉に相手の目のウツバリを指摘して、自分の目の
中にあるウツバリに気がつかないと言われています。
洋の東西を問わず同じ教えですから、これは真理です。

この夏、どう過ごそうかと思っています。
何を如何にですって。何もできそうにもありません。が
生かされている御恩報尽がいりますもの。

by hekiku | 2014-07-22 11:27

不安定な天候   2014.7.19

梅雨の最後はいつも大荒れになりますが、
今日も雷が各地で発生するかもという予報です。

いつも、土、日は買い物に行くのですが、今日はだらだらと
過ごしています。昨日、補聴器を大丸で作りました。
型を取ったりして、長時間かかったものですから、
くたびれて居るのです。

三宮のメガネ屋さんでも診てもらったのですが、購入後も
調整をしてもらったりするので、近くの専門店のほうがいいと
わかったので、梅田の大丸に決めました。

両耳を勧められましたが、私の場合ビーンと震動音がするので、
とりあえず、左だけにしました。とても高価なものですから
使いこなして、人の言葉がしっかりと聞き取れるように
なりたいと思っています。
聞こえないというのでなくて、聞き取りにくいのです。

メガネでも、補聴器でも、脳が主役なのだと思います。
それを使いこなして、快適にすごせるよう、自分が努力を
してこそ、我が物になるのですね。

日々、何かと用事があるものです。
絵も描きたい。書もかきたいと思っていても、
まだ手つかずです。
もっとキビキビしなくは。





by hekiku | 2014-07-19 16:11

暑気到来   2014.7.16

暑くなりました。まだ梅雨明け宣言は出ていませんが、
夏です。

暑さは2か月くらいでしょうか?どうにか耐えられますが、
寒いほうは4か月くらいあるのではないでしょうか。

この短い夏を、そしてこの暑さを味わいたいと思っています。
祇園祭とか、花火大会とか夏は楽しいことが多いのですが
あーっという間に過ぎ去ってしまいます。

2、3日前からセミが鳴いています。
庭の木にヌケガラがありました。やっと地中からはい出したのですね。
今日のデイケアである人が、「もう秋の気配がします」と。
「まだ夏になってないのにそんなこと」と誰かが言いました。

夏が来たら次は秋が来るといったものではないのです。
夏を感じたころには、秋はそこはかと忍び寄っていて、
それを感じ取る人もあるのです。
これは以前、仏教講演会で聴いた高僧のお話です。

夏と秋とゆきかう空のかよい路は
かたへ涼しき風や吹くらむ  (古今和歌集  藤原敏行)

春暮れてのち夏になり 夏果てて秋の来るにはあらず
春はやがて夏の気をもよおし 夏よりすでに秋は通い...(徒然草)

古文はいいですね。
by hekiku | 2014-07-16 17:22

梅雨の晴れ間    2014.7.14

月曜日は、リハビリデイサービスの日
9時までに洗濯物を干し終わるようにするのですが、今日は
晴れたり曇ったり、それが短時間で変わるのです。

お日様が射して明るくなったので、洗濯物を干していたら
小さな雨粒がぱらぱらと。慌てて家に入れてしばらくすると、
また明るくなってきました。で、外に出しておきました。

9時になって、戸締りをして、玄関の鍵をかけている時に
またまた糸のように細い雨がサァーと降ってきました。
もう仕方がない。濡れるのが嫌なので中に入れました。

いつも、月曜という日は忙しいのです。
3時になれば、お掃除の人が来てくれます。
我が家は来客とか、電話が多いものですから忙しい。
でも、お掃除を助けて頂いて、これは本当に助かります。

何かと慌ただしい毎日ですが、それなりにこなして
暮らしています。
by hekiku | 2014-07-14 17:33

新生姜   2014.7.10

新生姜の旬らしく、新しくきれいな生姜が店頭に並んでいます。
「生姜を佃煮にして、お弁当に入れてます」と知人に聞いたので、
レシピを頂きました。

非常に簡単で、手がかからないので
この数日で4回炊きました。
そして甘酢漬けも作ったので、まるで、生姜と格闘しているような
感じです。甘酢漬けはネットで調べましたがこれも簡単で、
薄いピンクの甘酢生姜がたくさんできました。

佃煮と、甘酢。
どちらも日持ちのするものですから、永い間楽しめそうです。
生姜は、体を温めるので薬用としても重宝されるらしいです。

今日は台風が来るというので、外出はどうかと思ったのですが、
前から妹夫婦との約束だったので、大阪の御堂筋の北御堂(難波別院)へ
行ってきました。瓶詰にした生姜の佃煮をおみやげにして。
父の命日のお経をあげてもらいました。
「仏説阿弥陀経」でした。
父が亡くなって、31年の歳月が流れました。
一日として両親の恩恵を忘れることはありません。

毎年のこと、こうして北御堂にお参りに来て、お経をあげてもらっています。
母は3月ですが同じようにお参りします。
by hekiku | 2014-07-10 18:05

補聴器    2014.7.8

またまた三宮に。
補聴器のことで、眼鏡市場というところへ行ってきました。
そこは丁寧に説明してくれるのです。

数年前に、コープこうべで補聴器を作りました。
なかなか使いづらくて、やっと慣れた去年の11月に紛失しました。
高価なものですから、もう買う気がしなかったのですが、
やっぱり聞きづらい。新しいものを買おうと三宮に行ったわけです。

担当者は専門の知識でよく説明してくれました。
片耳だけにするか、両方にするか。
どの程度の性能にするか。
自分で決めなくてはなりません。
私は迷っています。左は使っていたので、すぐ慣れますが右の耳では
自分の声がマイクで話しているように響くのです。

次の週に予約したので、この一週間でよく考えればいいのです。
前のは耳穴式で、圧迫感はあったのですが、今回は耳かけ式を、
かなりらくです。しかし、メガネを取り外しするのに差支えがないか。
など、実際に体験して決めたらいいのですがむずかしい。

まあ、娘がよく聞いてくれていたので、助かります。
来週も、同伴してくれるので助かります。

眼、耳、歯など
不自由になった体を補うために、エネルギーがいります。
しんどいなあと思いますが、前向きに明るく考えることですね
by hekiku | 2014-07-08 17:52

胃カメラ   2014.7.5

胃カメラの検査を受けました。
宝塚の先生です。去年はじめて診てもらいましたが、とてもラクなので、
毎年受けた方がいいですよとの、先生の言葉通り
今年も受けました。

胃カメラの検査は、呑みこむ辛さなどから、あまり気が進みませんでしたが
ここでは、知らないうちに終わってしまうのです。
ノドに麻酔をして、あとは腕に静脈注射をされます。
それで、気がつけば、ソフアの上です。

後は先生の検査結果があるのです。
付添いの娘と一緒に、診察室に入りました。
食道も、胃も、十二指腸もきれいです。問題はありません。とのこと。
医学の恩恵に浴して、ありがたいですね。

帰りは名塩の娘の家で、お昼ご飯をご馳走になり、
ゆっくりおしゃべりをして、我が家に送ってもらいました。
あまりおいしかったので、たくさん食べて苦しい、晩御飯はなしにしよう。と
思っていたのに、夕飯時になるとまたまた、おそうめんを食べてしまいました。

大体が食い意地が張っているのです。食を細くしなければと
思っているのにこんなことです。
腹8分目を目指しているのに、どこまで守れるかです。
by hekiku | 2014-07-05 12:43

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る