<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

九州国立博物館    2014.10.31

九州国立博物館に故宮博物展を観に行ってきました。
そこは、福岡県の大宰府の天満宮の敷地の中にあって、
丘陵地の緑の中に、とても大きく斬新な建築物でした。
鳥の形をして、頭の部分もあり、ブルーの大胆なデザインです。
早稲田を出られた久留米出身の菊竹清訓氏の設計です。

中国は歴史の古い国ですから、出展されているのものの年代は
「散氏盤」で西周時代、前9-8世紀のものです。
今からではどれだけ昔のことになりますか。
北宋、南宋、元、明、清、の時代のものが多いですが、
とくに、清の乾隆帝が四庫全書など、今までの中国の歴史をまとめられた
功績は大きいものだと思います。

長い年月をよく温存できたものだと、中国の人々の並々ならぬ力に
感激いたしました。土の中に埋もれていたものが出土するのですから
まだまだ何があるかわかりません。

今井凌雪先生が良く話しておられたことが思い出されて、
また、臨書などで作品を作ってみたいという、欲望が沸々とわいてきました。
今ならまだ、書の道具、原本、は揃っています。
出来ないことはないのですが、
やっぱり気力、体力がついていかないのではと思っています。

永い間自分の一生の、最盛期を書に没頭していたのですから、
それは我が身に深く沁みこんでいるのです。
これから自分の資料でゆっくり、鑑賞して楽しもうと思っています。

by hekiku | 2014-10-31 16:58

冷え込む   2014.10.28

かなり冷え込んできました。
この季節は旅に出るときの服装に迷います。
でも、寒くて風邪を引くことのないように、防寒に重点をおきます。
屋内ではそれほどでなくても、外に出ると風の冷たいこと。
まるで12月の頃のように感じました。

季節の移り変わりは、いつも同じではありません。
平穏な年もあれば、今年のように波乱万丈の年もあるのです。
木々の紅葉も落葉も、毎年ちがいます。
諸行無常、諸法無我。山あり谷ありの季節の移り変わりも、
大自然は四季を作って運行されています。すばらしいことですね。

今日は日本シリーズの3戦目
ホークスに押されています。今現在、6回裏、2対0です。
どうか、阪神が勝ちますように。いつもヘマばかりしている阪神が、
CS戦で巨人に4連勝して、日本シリーズに出ているのです。
このツキで優勝にまで持っていきたいと思っていますが。

阪神は弱いのにファンが多いのです。
もろくて、頼りなくて。だから応援したくなるのでしょうか、
ときどき、今度のように驚くようなことをするのです。
あーあー 5対0になりました。この試合は諦めて。
明日に賭けましょう。






by hekiku | 2014-10-28 21:12

ひとり  2014.10.26

先日、在家仏教会の講演会で、宗教学者の山折哲雄さんのお話を
聴きました。堂島アバンザの協和発酵の会議室です。
「ひとり」を主題にして、
尾崎放哉の「咳をしてもひとり」
柿本人麻呂の「あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の 長々し夜を
       ひとりかもねん」
親鸞聖人の「弥陀の誓願をよくよく案ずれば 親鸞ひとりがためなり」
福沢諭吉の「一身独立して、国家が独立する」

博学の先生は、たくさん披露してくださいました。
諭吉の「独立」とは「ひとりだち」のことで、個人の自立を、
早くから提唱されていました。

尾崎放哉は種田山頭火と同じく、自由律俳句を詠んだ人で、
すべてを捨てて、無所有を信条とする一灯園に入ったり、寺男になったりして
変わった人物と思うのです。

親鸞聖人のは、歎異抄に出てくる有名な言葉ですが、宗教者として
極限に到達されたのだと思います。、謙虚でいて、確信に満ちた姿勢です。

高浜虚子の「虚子ひとり 銀河とともに 西に行く」
終末に詠まれた句で、西に行くがいいですね。

究極はひとり
すべてはひとり

ひとりは人生の到達点です。感謝。感謝。



by hekiku | 2014-10-26 12:28

霜降     2014.10.23

今日は24節気のひとつ霜降です。
霜が降りるという時節になりました。
今年は残暑も短く、早く涼しくなったので、木々の紅葉は
例年より早いらしいです。

我が家のお墓は京都にあるので、紅葉を見るとなれば
やっぱり京都になってしまいます。しかし、大概のところは行ったので、
少し、吟味して探訪したいと思っています。

けさ、門のところでカマキリを見ました。おなかの太ったカマキリで
ちょっと食べすぎではと思ったのですが、Tさんが「タマゴを持っているのです」
「もうすぐ産んで自分は死ぬのです、越冬はしませんから」と教えてくださいました。
小さい生き物が一生懸命に頑張っている姿に、感動しきり。
しばらくして、どうしているかと、探してみましたがわかりませんでした。

庭の石の間の小さな隙間に、マツバボタンが生えてきて、それが今朝は
赤い花を咲かせているのです、なんとたくましいこと。
その隙間は2.3mmしかないのです。で今、水をやってきました。
デジカメに撮っておきます。




by hekiku | 2014-10-23 11:27

老いは平等に  2014.10.18

昨日は女学校の同窓会でした。
出席者は16人。久しぶりに行ったものですから、
「あーっ!」と驚いたことは、はっきり言って老化が進んで
すごいお婆さんたちでした。
私は浦島太郎の気分で、内心は驚きと安堵で充たされました。

その姿は背中が曲がっていること。3分の2は杖かキャリ―を使って
います。耳が聞こえにくい人が多くて、話はトンチンカンです。
いやー帰り際の靴を履くのに、どれくらい時間がかかったことか。

曲がりなりにも現役並みのことをしているのは数人ですか。
でもまだ、認知症らしきことはお見受けしませんでした。
ひとりで会場に来られるのですから、しっかりしているのです。

人が歳を取るということは、こういうことなのかとつくづく感じました。
だれひとり、老の網から逃れることはできません。平等に。
何十年も会っていない人が、私の旧姓で、それもフルネームで
呼んでくださったのは嬉しかったですね。

この同窓会は、勤労動員で工場で働いて、敵機の空襲の中を、
生死を共にした仲間です。ご縁の深い人たちです。
齢は84歳か、83歳です。

ありがとう、ありがとう。この年まで生きさせていただいて、
人が年を取るということも体験できて。その奥の深さを感じています。
たくさんの学びと、感謝でいっぱいです。

しっかり背中を伸ばして、明るく、しゃんと暮らします。





by hekiku | 2014-10-18 09:29

台風一過   2014.10.14

台風19号が去ってくれました。
それ程の被害もなくて、よかったよかった。
が、そのあと今日はとても寒くなって、私は困りました。
同窓会に来ていく服を用意していたのですが。

この寒さなら、毛糸のセーターを着ないと風邪をひいてしまいます。
また、いちからやり直し。あれこれ苦心しています。
セーター、ベスト、ジャケット、パンツの組み合わせで、
色の配合をかんがえて、そこへ、マフラー、バッグが加わります。
さりげなく無難なおしゃれをと考えますので、なかなか決まりません。

昨日は、JR西日本が大胆にも夕方から全車両が運休したのですから
大事を取ったのでしょうけれど、乗れなかった人は大変だったでしょう。
どうして、そういう判断を決行するのかと、思いましたね。

近ごろはあまりにも災害の被害が大きいものですから、
万一を考えると、運休した方がいいということですか。
その決断は、大変だったと思いますよ。
大自然が相手ですから、どう変化するかわかりませんもの
被害も少なくて、台風一過となってよかったです。


by hekiku | 2014-10-14 21:29

球根の植え付け   2014.10.11

今日は連休の最初の日、13日が体育の日ですが、今までは10月10日と
決まっていたのに、近頃はこの祭日の日が変わるのが分かりません。
とにかく休日の日は、7時までベッドにいます。これがありがたい。
いつもは6時起きです。

少し早いかもと思いながら、チュウリップの球根を植えつけました。
ものすごく大きな球根で1個が100円です。プランタ―に3こずつ
2鉢にしました。それからパンジーの4株も、鉢植えにしました。

今日は娘夫婦がいろいろと持ってきてくれました。
自分の家の庭のマンリョウの株を2本移植してくれました。
我が家の庭は小さいですから、植える場所が限られているのです。
水仙とチオノドクサの球根も持ってきてくれたので、どこに植えよ
うかと思案しています。

台風19号が来そうなので気になります。
つぎつぎと、災害に見舞われる日本です。
今日は、御嶽山の捜索であらたに2人が見つかって、
残りの不明者は7人となりました。死者は56人。
「早く、家族の許へ帰してやりたい」と捜索活動をしている自衛隊、
警察、消防の人々のご努力には頭が下がります。
ありがとうございます。
全部の人が見つかりますように、祈っています。


by hekiku | 2014-10-11 19:46

満月で皆既月食   2014.10.9

昨夜の天体ショウーを見ました。ちょうど、良く晴れていたので、
ラッキ―でした。
皆既月食といっても、月が見えずに真っ黒になるのではなく、
赤銅色で、存在感はありました。それは、地球の周りの大気で
太陽光が曲がり、赤っぽい光だけが月に届くためとのこと。

かなり長時間でしたから何回も眺めました。
東の空の低いところから、終わったころには高く上がっていました。
なじみの深い月が、いっそう身近に感じました。
昔から、どれだけの人が美しい月を愛でたでしょうか、
中国でも日本でも、歌や詩に詠まれて、人の心を癒してきました。

今月は少し忙しいことが続きます。
久しぶりに女学校の同窓会に出席しょうと思っているのです。
それに、王ケ頭ホテルに行かず、九州国立博物館にいって故宮展を
拝観することにしたのです。

とても楽しみにしていた美ケ原の王ケ頭なのですが、
私には御嶽山の噴火がかなりこたえました。
年寄りが高い山の上に行って、何かあっても逃げることが
出来ませんので、腰が引けたわけです。
福岡の街と大宰府に絞って回ってきます。

今あることを喜んで、動きたいと思っています。



by hekiku | 2014-10-09 12:09

神無月   2014.10.6

10月の静かな秋を味わいたいのですが、
今日は台風18号の襲来で、交通も停滞しています。
今の時間は関東、甲信越地方が真只中というところ。

こちらは無難に過ぎましたが、次々と災害が襲ってまいります。
こんなのが普通と思えないのですが、近年とくに厳しいです。
早めに避難することが大事と、自治体は勧告をします。

日本は山また山です。それも火山群でいっぱいです。
雨が多いと氾濫しますし、崖が崩れます。噴火はします。
山国の宿命です。その中で私どもは生活しているのですから、
危険はあると覚悟しておかねばなりません。

でも、地球上で絶体安全という所はないでしょうね。
どこにだって、自然の猛威を受けますし、またその恩恵に浴しながら
今の暮らしを大事にしているのです。

また静かな秋の日が訪れます。
澄みきった紺碧の空、いわし雲、木々の紅葉、月の輝き、
カキやクリなどの農作物。おいしい新米。うれしいですね。
いま旅行を考えています。ありがたいことです。





by hekiku | 2014-10-06 12:12

山も怖い   2014.10.2

御嶽山の噴火でたくさんの人が犠牲になられました。
みんな山好きの人だから、本望かもしれません。
火山の噴火では戦後最大の被害といいますから、
普賢岳の火砕流がまだ記憶にありますが、それ以上ということです。

津波だったら、地震の後で襲ってくるのですが、
今回のように前触れもなく突如、噴火したら防ぎようもありません。
お気の毒なことです。山頂付近にいた人は、すぐには状況を
把握することはできなかったでしょうね。

2年前に御嶽山に行って、ロープウエイで7合目までいって、絶景を
楽しんだのですが、私はその山が、活火山とは知りませんでした。
犠牲になられた人でも、活火山とは知らない人が多かったと思います。

今までは、津波、津波でその対策を考えました。
しかし、山も怖いです。恐ろしいことです。

自然界の威力を知った時、ただ「おそれいりました」と平伏するしか
人間にはできないのですから、いつも謙虚で暮らすことですね。
平穏であれば、それが当たり前のようになって、
ついつい高慢な姿勢になる私などは、「自然界の中で暮らさせてもらっている」
一人の人間として、その恩恵に感謝することを忘れてはならないと、
あらためて思いました。




by hekiku | 2014-10-02 20:42

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る