<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2014年大晦日  2014.12.31

さようなら2014年。
最後の日となりました。
御嶽山や広島の土砂災害など、想定外の天災でした。
無事に一年を過ごせたことは、何よりの幸せでした。

いつもはもっと早くしてしまう仕事、額の取り換えとか床の間の
掛け軸など、今日になってしまいました。
玄関の額は、東大寺管長さんだった清水公照先生の御作。
それには「羊角九萬里」という書と、羊が3匹描かれています。
羊の年にぴったりのものです。

「羊角九萬里」とは、中国の古典、荘子の逍遥遊に出てくる
言葉らしいですが、しっかり意味を調べてみたいと思います。
私は年女で、羊には縁が深いのです。
下駄箱の上には、同じく清水公照師の絵皿を飾りました。
それは、松と日の出と鶴が3羽あつまっているおめでたい図柄の
焼き物です。
書画ともに造詣が深かった多才の人なのですね。

還暦から二回りもめぐってきました。
体は弱っていっても、心はしっかりしていたい。
清く正しく凛としていたい。

渡辺和子先生のお言葉の「吸う息がどんなに苦しくても
吐く息は感謝でありますように、すべては神の恵みですから」

2014年さんよ、ありがとう。ありがとう。






by hekiku | 2014-12-31 20:52

あと1日  2014.12.30

2014年もいよいよ最後となりました。
お正月の用意で、慌ただしく過ごしていました。
デパートにおせちは頼んであるので、明日持ってくるでしょう。
私と息子の二人暮らしですが、2日に娘の家族が5人来ますので、
ご馳走を考えてしまいますが、例年の如く、エビスタへお寿司を
買いに行って、と思っていますが、娘はナベもしようと、いろいろ
考えてくれています。

孫たちも、もう社会人として数年。3人それぞれ自分の住まいを持って
いるので、自分の家が一番いいようです。
それに私も、老いの衰えは如実に感じていますから、
出来るだけのおもてなしで、お正月を祝うことにします。

明日は、自分流のおせちと掃除です。
何事もほどほどにして。
がんばらないようにします。

先日のこと、姉の様子を姪に聞いたら、
認知症がネックのようで、寝たきりなものだから体はぐっと
弱ってきたといっていました。
お互い歳には勝てません。
病には勝てません。
あるべきように従っていくしか道はないようです。

来年80になる妹を加えて80歳代が4人。70歳代が3人。
7人の姉弟が出来るだけ安穏に暮らせる様に、こころから
願わずにおれません。


by hekiku | 2014-12-30 20:01

年賀状が出来ました 2014.12.25

年賀状が出来ました。100枚
今年も早く済みました。私は絵と字は書きますが、
あとのプリントは娘がやってくれます。
だんだん欲が無くなって、あれこれ苦心惨憺することなく
そのまま、ありのままで手を打って、プリントしました。

今までは、細微にわたって、納得しないと進めなかったのに
まあこれぐらいでいいだろうと、妥協して安楽の道を
選ぶようになりました。ラクですね。

明日一人一人に添え書きをして、投函します。
年賀状は大仕事のようですが、もらった時の楽しみは
何物にも代えられません。1年に一度の交流の人もありますから
出せる間は書いてみたいと思っています。

昨日今日のクリスマス。娘に年賀状をプリントしてもらって、
後は買い物をどっさり。かなりお正月の用意が出来ました。

リンゴをたくさんもらったので、グラニュー糖で炊きました。
すごい透明感のあるリンゴのジャムが出来ました。
ハチミツとシナモンとコニャックを入れて仕上げました。
パンやクラッカーにのせて食べると、すごくおいしいと思いますよ。

今は仮歯でしのいでいますから、固いものは食べらないのです。
次に作るときは、リンゴをもっと大きく切って、砂糖を少なめにして、
リンゴの味をもっと出したいと思っています。

by hekiku | 2014-12-25 19:12

冬至が過ぎて   2014.12.23

昨日12月22日は冬至でした。
この日は一年中の最後の24節気で、太陽の位置が一番低く
日照時間が一番短くなります。
今年は朔旦冬至(さくたんとうじ)といって、19年に一度しかない日。
冬至と新月が重なる日で、昔の中国や日本ではおめでたい日とされました。

この日を境に、太陽がの力が回復するので、一陽来復といわれました。
これから一日一日、日が長くなりますから、人々に希望を与えてくれます。
本当はこれからが寒さの本番ですが、太陽の照る時間が長くなるだけでも
嬉しいものです。

さて今日は、我が家は、ガラス戸と照明器具のクリーニングをしてもらいました。
男の人が二人で来て、しっかりときれいにしてくれました。網戸や小さい戸は
はずして洗い、窓枠やレールもきれいになりました。
家を新築して18年、はじめての掃除になったところもありました。

あーあー気持ちがいい。

人様の手を借りてでも、清潔で明るい家に住むありがたさ。
隅々まできれいになった家で、年末年始を迎えるうれしさ。
ありがとう。ありがとう。

by hekiku | 2014-12-23 20:07

漢字一文字 2014.12.21

昨日はよく降りました。一日中本降りでした。
雨の中を勉強会に行ってきました。
息子が車で送ってくれるので助かります。友達の家によって
便乗してもらいます。

年末の会では、1年中を振り返って漢字一文字を自分なりに
発表しますが、私は「念」としました。
「容」にしようかと迷いましたが、それは来年に残して、
平凡なようですが、祈り念じることといたしました。
容は受け入れることですが、さまざまな老いを従容と
受け入れられるようになりたいと思っているのですが、それはまだ
次にして、来年の目標にと思っています。

清水寺の貫主が書かれた文字は「税」でした。
消費税が8パーセントになったことの反映でしょうが、
それよりも、この一年の激烈な災害は、油断が出来ません。
天災がもたらす被害は、想像を絶するものです。
いつ自分に何が襲ってくるか。
身を引き締めずにはおれません。

雨の後、今日は快晴です。
年末の穏やかな日。
キャリーを引いて買い物に行ってきます。


by hekiku | 2014-12-21 09:11

すごい寒さ  2014.12.18

北海道、北日本、日本海沿岸、等はすごい雪らしい。
こちらも、ものすごい寒さ。4℃台からは上がらなかったようです。

余りの寒さにちじんでいたのですが、用事があって外出することに
なりました。その装束は帽子をかぶり、その上にフードつきのオーバーを着て
大きなマフラ-をして、マスクをして手袋をはめて、と重装備でした。

しかし、風がきつく飛ばされそうなので、杖を突いて行きました。
歩いた歩数は5000歩。
これは自慢にならないことで、自分の知恵の無さを表しています。
相変わらず、若い時と同じ行動をとっているのです。
その用事は、数日後にしてもいいし、
そのお店の人に、持ってきてくださいと言えばそれで済むことです。
だのに、直情径行、すぐに行動をおこす性質で無鉄砲の極み。

帰宅後、こたつとストーブの部屋で休んでいると、又、電話があって
来客ということになりました。
まだまだ用事がある歳なんですね。
なかなか休ませてくれません。

せっかちで、あわてんぼうで、気が小さいこの性質から脱却しないと
自滅するに決まっています。
ゆっくり落ち着いて、よく考えることです。
さあー今日からそれを心がけなくては。



by hekiku | 2014-12-18 10:04

サンルームのような  2014.12.13

我が家の縁側は幅が広くて、締め切るとサンルームのような部屋になる。
今日は寒い日という予報だけれど、さんさんと日光のふりそそぐ
その部屋にいると、極楽浄土のような安らぎを感じます。

キッチンは北側ですし、パソコンもその部屋ですから、
寒い寒い北向きにあるのです。一日のうち長時間を過ごすところが
寒いものですから、困ってしまいます。
ガス温風機、電熱器2台、足温器、エアコン等の暖房器をいろいろ使いますが
満足できるものではありません。
ということは暑い季節はとても快適な部屋なんです。

やっぱり、太陽の降り注ぐ縁側にいて、あったかいと感じる幸せは
何物にも代えられません。上手に時間をとって、その部屋で読みたい本を
心おきなく読みたいと思っています。これを実行しなくては。

今日はとても忙しい日でした。
夫の月命日だから、お寺はんがお参りに来てくださって、
私も一緒に「正信偈」をあげさせてもらった。
あと少し遠いほうのスーパーへキャリーを引いて買い物に。
帰って、用事をまたまた3件ほどこなしてと。

冷たい風が吹き、マフラーも手袋もしっかりとして
早くも襲ってきた、寒波に負けないように所用をかたずけました。
これからの3か月間、厳冬の季節を上手に乗り越えたいと
思っていますがどうなりますやら。


by hekiku | 2014-12-13 20:26

さし歯  2014.12.9

骨粗鬆症の薬の影響かしら、はたまた年齢的なものかと思う。
歯の治療は奥歯などずっと続けているが、
最近、前の上、8本がさし歯にしてあるのが、
根元から傷みはじめた。

20年ほど前、思い切って8本を連続でさし歯にした。
その時でも1本が9万円もしたが、セラミックでもやっぱり色が変わって
きたので、5年ほど前にまた新しくした。
その時は、これが最後という気持ちだったけれど、
今度は根元の自分の歯が傷んできた。

80-20といって、80歳で、自分の歯が20本あればいいのです。と
歯医者さんはいう。
私は23本あるから、まず及第というところ。
が、老化というものはすごい。あらゆるところに影響を及ぼす。
膝や腰椎が痛いと思っていたが、歯まで弱ってきたみたい。

先日、8本つながっている所の2本を切断して取った。
今は仮歯でしのいでいるが、どうなりますやら、
老いの体験をするということでは納得だし、
しばし人生の大まかな姿を掴めることの幸せを味わっている。

なりゆきに任せて、治療していこうと思っています。
高齢になると実に忙しい。
することがいっぱいで、あれもこれもの医者通い。
また、トレーニングも欠かせられないし。
ああー忙しい、忙しい。


by hekiku | 2014-12-09 17:47

杖   2014.12.5

先日、電車のドアーが閉められて、転倒してからというもの
週3回の割合でリハビリに通っていますが、すぐに治るというものではない。
自分自身でも、歩行に自信が持てなくなったので、杖を使うことにした。

「2本の足より、3本のほうが安定します」といったお医者さん。
「杖をついていると、他から見て状態が分かるから気を付けてもらえます」
「なるほど、わかばマークのようなものですね」
「いえいえ、もみじマークです」

これぞ智慧というものではないか。
まだ、杖が無くても歩けますと胸を張っていても、現実はドア‐を閉めらて
こけてしまうのだから、[転ばぬ先の杖」で杖をうまく使うのに納得。

で、昨日はデパートで杖を見てきました。
今、3本あるので不自由はないけれど、もっと、オシャレのものはないかと
探してみました。それに紐が欲しいのです。ぐるぐるデパートの中を歩いて
結局、家庭用品の売り場で、フライパンを買いました。

ビタクラフトのものはお値段が張りますが、昨日はかなりサービスをして
ガラスの蓋もつけてくれました。ほくほく。早く使ってみていと思っても
帰ってきたら、ぐったり。若い時のようなわけにはいきません。

すべてのこと、体が言うことを聞いてくれないのです。
頭で考えることと、動きにはギャップがあります。
すべてのこと、ゆっくりすることだと思っていますが。






by hekiku | 2014-12-05 18:13

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る