<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

風の寒さや  2015.2.28

春は名のみの風の寒さや。  早春賦の歌詞のとおり風が冷たい。
昨日は、在家仏教界の講演会に行ってきた。
時間を上手に使って、聴聞すること。
これ実行しなければと、身軽に行動した。

1時30分に家を出て、帰宅は5時30分。
大丸の補聴器屋さんで見てもらって、メガネ屋さんで、
きれいにしてもらって、と二つの用事を済ませてのこと。

手塚山大学教授の西山厚先生の[愛らしい仏さま」という演題。
先生は奈良国立博物館の学芸部長で、仏教に造詣の深い方です。
1年に1回は必ず来てくださいます。小さい仏像から大きいものまで
先生が可愛らしいと思われるものを、スライドで丁寧にお話し
くださいました。

五劫思惟阿弥陀像(東大寺)(五劫院)
菩薩半跏像(神野寺こうのじ)(岡寺)(中宮寺)

時間を少しオーバーしてでも、丁寧に教えてくださいます。
仏像の姿を見て、何をしている。
「考えている。」「何を?」

「すべての生あるものを幸せにするのはどうしたらいいか」と。

五劫という長い間、思惟されて、仏教が生み出されたのです。

皆を幸せにする方法を考えておられる姿です。

知らないお寺にも行ってみたいなと思っていますが、
近頃足が一段と弱くなりましたから、思うようにはいきません。
でも勉強はまだできそうです。
時間を上手に使って勉強しなければ。



by hekiku | 2015-02-28 09:32

長寿健康診査  2015.2.25

老人健診を受けました。
毎年のこと受診はするのですが、だんだん億劫になって、
申し込むのが遅くなりました。アクタ西館にある西宮市の
保健福祉センターに行ってきました。

バリュウムを飲んでの胃の検査はかなり緊張しますし、
検便を持っていくのも、2日分を取らないといけないので
気が張ります。

[検診は必ず受けてください」とある先生が言っておられたのが
頭に残っているので、受診しました。

疲れて、帰宅後は2時間ほど爆睡しました。
検診をいつまで受けれるかしらという思いもあります。

ここ数日、報道されている中1の子が殺されるという事件。
可哀相で、この世でそんな苦しみを味わっている子がいるとは、
また弱い者いじめをする子の心中やいかにと。

現実の話ですから考えますね。
社会はこれを防ぐことはできなかった。
たくさんの組織がある中で、この子を守ることはできなかった。

老いも若きも、みんなが幸せに暮らせる世の中でありたい。
弱者をいじめることのないように。祈るのみです。


by hekiku | 2015-02-25 08:57

お別れ  2015.2.19

Kさんの告別式に行ってきました。
お友達のご主人が車を出してくださいました。

Kさんは、15日に入院中のご主人を見舞って、帰宅後、
具合が悪くなり入院されたのです。
そして、17日の早朝に亡くなられました。74歳。

会葬者はたくさんでした。この地で生まれ、学校もこの地。
ずっとここで、というわけで友人知己が多いのです。
良かったですね。お葬式に参加できて。

今時は、来てくださる人にご迷惑をかけたくないとか言って、
家族葬がおおはやりです。
でも、連絡を頂くと告別式に行ってお別れをしたいという人が
これくらいいるのです。

そしてみんな一緒に彼女の思いがけずの速い死を悲しみました。
いいお葬式でした。写真がとてもよかった、
気取らないゆとりのほほえみがすばらしい。

これは家族の心遣いの表れと思います。そんな子供を育てた彼女が
やっぱりえらかったのだ。

無常迅速といって、自分自身が驚くほど速くに、死は襲ってくるらしいです。
本当に無情なものです。

死は必然。必ず来るのにどうしてこんなに呑気にしておられるのだろうか
人間の手で対処できないものだから、諦めているのかもしれません。
そして、従容と大いなる神仏に身をゆだねる、これしかないのです。

先に逝かれた方は必ず何かを教えてくれていると思います。

by hekiku | 2015-02-19 20:48

ええっ 2015.2.17

午前中は、整骨院での治療。税理士事務所に書類を届けに。
そのあと銀行。買い物と用事を済ませて帰ってきました。

昼食後、電話あり。
ご近所のkさんから、同じくご近所のTさんが亡くなられたという。
ええっ。長い間、町会の仕事などご一緒することが多かったのに。
それに、先日、14人でランチして、わあーわーと楽しんでから
まだ1か月も経っていないのに。

お見送りの会だったようです。不思議なものです。
一番の年寄りの私が、まだこうしてキイを打っているのに。

背が高くて、背筋のすっと伸びたTさん。
安らかに眠ってください。

ひとしきり落ち着いて、歯医者さんの予約時間になりました。
今日はまた1本、仮歯にしました。
上あごの前歯8本がサシ歯だったが、虫歯が1本できても
8本つながっているから、切らねばなりません。それに両側の歯で
支えるので、3本をやり変えることになります。

80歳で20本自分の歯があればよいというのですが、
今は23本あるから大丈夫と思ってました。

でも、次々と傷んでまいります。
完全に治療したと思っても、時とともに傷んでくるのです。
しばらくはかかりそうです。
あるがままに。

by hekiku | 2015-02-17 17:24

雪もよう  2015.2.13

今日は2月13日で、夫の祥月命日。
9年前のこの日に夫は亡くなりました。
寒い時期に、通夜、葬式と来てくださる人には、申し訳なく
思いました。

永い病床での闘病生活、安らかになったのではとほっと
した思いもありました。
早いもので、もう、9年もの歳月が流れました。

8時にお寺はんがお参りに来てくださいました。
私と同年配のご住職は、あと何回サクラの花がみれるかなと言って
おられました。私は自分のことは何もわかりません。

今日は雪がチラつきました。空が黒くなって一面に雪が舞い降りてきました。
しばらくすると、晴れてお日さまが照ったりして。
また、にわかに雪雲が空を覆って、吹雪いてくるという繰り返し。

この時期が一番寒いのではと思われます。
不思議なことに、夫の父は2月12日が命日ですから、一日違い。
お姑さんは、1月27日に亡くなられたのですが、
その先代のお姑さんは、1月27日で同じ日に亡くなっておられます。

我が家はどうも、この寒い時期にご縁があるようです。
生まれることと、死ぬことは人間の手で左右できるものではありません。
これは神、仏の領分です。
大いなるものの御手に抱かれて、目をつむることだと思います。


by hekiku | 2015-02-13 19:29

立春を過ぎて  2015.2.9

このところ曇り空が続いていたのですが、今日は青空です。

朝日は昇りぬ 日は出でぬ
海には帆綱をたぐりあげ
追手に帆上げて船出する
海士人今や勇むらん

小学唱歌の「朝日は昇りぬ」という歌です。
厳寒のこの季節、それでいて、春の気配が濃厚となるこの季節、
朝起きて、雨戸をあけると、東の空から朝日が昇ってきます。

この歌が自然に出てくるのです。
音痴で、声量皆無のわたしでも、力いっぱい歌います。
歌詞がいいのです。

はじめ、大漁の歌かと思っていたのですが、朝日は昇りぬでした。
岩波の小さな文庫本で「日本唱歌集」というのが手元にあります。

残り少なくなった日日を心おきなく歌っています。
私たちの年代では、唱歌というのが大きなウエイトを
占めていたように思います。

自然を愛し、感性を豊かにし、道徳、倫理にも影響を
与えてくれたと思います。
過ごしてきた自分の人生の、懐かしさが広がって、
とても、満たされた気持ちになるのです。

小学唱歌はまだまだたくさん。たいがい歌えます。




by hekiku | 2015-02-09 08:31

誕生日   2015.2.5

今日は私の誕生日。
元気で迎えられたこと、よろずの神仏、両親に深く頭を下げたい。
ありがとうございます。

虚弱な私がこんなに長い間生きさせてもらって。
60歳まで生きたいとずっと思っていたのですが、84歳になりました。
この寒さ厳しい季節に、母は私を産んでくれました。
エアコンもない時代、どんなに寒かったでしょう。

病気ばかりして、親に心配をかけ続けだったのに、よくここまで
元気に生きさせてもらっていると不思議に思えます。
今もきっと守っていてくださっているのに違いありません。
山より高く、海より深い、両親の慈愛に滂沱と涙があふれます。

お昼頃、娘が、ケーキを焼いたと、大きなものを持ってきてくれました。
それは私の誕生日を祝って、朝から造ったそうです。
さっそく、お仏壇にお供えしましたが、とてもおいしくて、
しばらくは楽しめそうです。

夕食は、巻き寿司にしょうと、高野豆腐、椎茸など、前日から煮込んで
あったものや厚焼き卵、かまぼこ、三つ葉など入れて、巻いてみました。
余り太く巻けなくて、「これ中巻きぐらいやね」と娘に言われながらも
どうにか格好をつけて、今日の楽しみのお寿司は出来上がりました。

できたのを、娘と二人で食べて、息子の夕食には大皿にたっぷりと
用意しました。きっと息子も喜んでくれるでしょう。

おかげさまで、いい誕生日でした。 ありがとう。ありがとう。

by hekiku | 2015-02-05 18:35

恵方巻き  2015.2.3

今日は節分です。いつの間にか節分に巻き寿司を
その年の恵方に向かって食べると、幸福になるとそんなことが
巷間伝わって、みんな右にならえをしているようです。
調べてみると、1987年(昭和62年)に海苔業者が恵方巻きと
いうのを制定したらしいです。が、テレビでは恵方巻きを食べるのは、
関西が発祥地でだんだん東京にも影響を及ぼしているとのこと。

巻きずし一本を恵方(今年は西南西)に向いて丸かじりする。
1本食べ終わるまで、誰とも話をしないという決まり。
1本を食べるって、なかなかのことですよ、のどが詰りそうですね。

北海道や北日本など雪がとても多いらしいです。
こちらは雪が降らなくても、ずっと厳しい寒さが続いています。
ホームこたつに入って、一日だらけています。
といっても、歩数計を見ると4971歩、ははーん銀行に行って
靴屋さんによって、スニーカーを買いました。少しは歩いたのですね。
靴は春の用意です。

でも、春を待てない、すぐにでも履こう。なんらかをして寒さに
抵抗している自分を知りました。

そうそう明日は立春です。そして満月の日です。
楽しみです。いいお天気になってくれればいいのですが。



by hekiku | 2015-02-03 19:54

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る