<   2015年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

風薫る  2015.4.30

そよ風が若葉の間を通り抜けて、薫り高く輝いています。
本当にうれしい季節です。もうルンルン気分です。

今日も、冬物を洗濯しました。息子のダウンの上着を
洗らいました。手洗いOKとのことで水につけると、ショボンとして、
あーあー失敗したと思って、息子にどう弁明しょうかと、
余分なことをして、怒られる自分が情けなくなっていましたが、
ハンガ―につるして、風通しのいい所にかけておいたら、
元通りに膨らんでいたので、胸をなでおろしました。

冒険をしなくちゃおれない自分の性格は、いつになったら治るのでしょう。

午後からは大阪へ。季節に似合う手提げが欲しいので、
ウロウロ歩きました。欲しいものは思い切って買う。
近頃はそんなに歩けないので、早く妥協することにしています。
歩数計は5千歩余し。

結局は大丸で、わりかた気に入ったものがあったので買いました。
さあーこれを持って、早く旅行に行きたいと希望が湧いてきます。
旅の効果は大きいのです。
6月は和歌山のわたらせ温泉に行けると思っていたのですが、
妹の都合で、保留ということになりました。残念。

夕食は春巻き。
タケノコがまだ残っているので、タケノコの春巻きです。
ネットでよく調べて、たくさんできたら、冷凍にしておこうと。

今日は4月の終わりの日。一年の3分の1が済みました。
つつがなく、この季節を謳歌できることを喜んでいます。
ありがとう。

by hekiku | 2015-04-30 16:57

家事  2015.4.28

晴天続き、まだ4月だというのに、
まるで五月晴れの鮮やかな天候です。永いこと寒かったので
快適さが身に沁みます。ありがたいことです。

季節の変わり目。衣類、敷物、寝具等の洗濯やらで毎日家事に
追われています。
今日も、手洗いの物を仕上げて、あと2回、洗濯機をフル活動させて
計3回の洗濯です。お昼の休憩をしたら、眠ってしまいました。

これから、買い物に行った後、洗濯物のアイロンあてです。
家事というものは際限もありません。
女の仕事はずっと続きます。こうして主婦をして60年。
今もやっています。家事が好きなんですね。

毛糸のセーターがうまく洗えた時は、うれしくなります。
それを箱にしまって、いい匂いを嗅いで満足しています。
それが、着れるかどうかは分かりません。
次のシーズンまで、生きてられるかどうか心もとないのですが、
先のことは分からないが、今日洗濯できたことの喜びです。

明日よりゴールデンウイークに入ります。
家にいるのがいちばん賢明だと思いますので、ゆっくりと
この時期を過ごすつもりです。

いつもお世話になっているリハビリデイサービスが
4月から祭日が休みになりました。
今までは祭日でも、してくださっていたのです。すごいでしょ。
月曜日の祭日が多いものですから、その分ゆっくりできると思います。

家でのトレーニングをしっかりすればいいのですが、
なかなか一人ではできません。
生活の中でのトレーニングが、無理なく続けられるように
しなければと思っています。

by hekiku | 2015-04-28 16:06

洗濯日和  2015.4.24

朝一で内科に行って、降圧剤のノルバスクを2週間分。
近ごろ血圧が140台だったりして、基準値より高めです。
内科で、緩めの薬をということで、飲んでいるのですが、
130台にもどって一先ず安心というところ。

昨日、今日カラット晴れて洗濯日和が続いています。
ウールのものなど、この時とばかり洗いました。
手洗いはしんどいので、椅子に座って仕事ができるように考えました。
昨日は、セーターやマフラーなどを洗ってアイロンがけ。
一日仕事ですがスーッといたしました。

で、今日はお布団を干して、カバ-を洗いました。
まだまだ寝具の手入れは、世話がかかりますが、ゆくりとやるつもり。

先日、妹達と会ったとき、和歌山県の渡瀬温泉が良かったとのことで、
私も行きたいといって、6月に行こうという話になりました。
地図を見ますと、白浜からバスで1時間以上。
奈良県、三重県に隣接している山奥です。

熊野古道の中辺路、熊野大社に近いところにあります。
以前行った竜神温泉と途中で別れていますが、山道をうねうねと
たどっていく所です。
もう予約も入れてくれているので、楽しみです。
渡良瀬という所は栃木県にもあって、鉄道、渓谷、温泉など
有名ですが、同じワタラセでも字が少し違っています。

山の中を走る喜びを、もっと知らなければと思っています。
きっと、したたる緑を味わえるのではないかと想像しています。
新緑、深緑、の木々の間を走ってまいります。







by hekiku | 2015-04-24 15:42

妹達と昼食  2015.4.21

気候も良くなったので、二人の妹とランチをという運びに
なりました。労災病院の予約は9時30分なので、それを済ませて
行くことにしましたが、診察も、薬局のほうも早くすんで、
11時ころには大阪に行くことが出来ました。

ホテルグランビアの19階でいつも行くところです。
今日はおすしを予約をしてくれていました。
窓際の個室で、大いにしゃべって、私は大阪寿司を頂きました。
なかなかの美味で量も多くなくて、満足しました。

そのあとは席を変えて、お茶をして、ゆっくりと休むことが出来ました。
後は大丸での買い物、3人とも春のスカーフを買いました。
きれいなスカーフでも、買いやすいお値段で手に入るのです。

姉妹であれこれ探すのがとても楽しいです。
私にとっては残り少ない生命の余白を、こうして一緒にいられるのが
貴重な時間なんです。幸せなひと時でした。

「いいことばかりの人生はないし、悪いことばかりの人生もない」と
曽野綾子さんは言っていますが、私は親のおかげで、どれだけその徳を
いただいているか、いつも、身に沁みています。親の光はずっと
続いているのです。だとしたら

私も親の端くれ、子孫に良い影響を及ぼすように、言葉に行動に
真剣でなければと思っています。



by hekiku | 2015-04-21 20:57

春から新緑の候に 2015.4.18

穏やかな春暖の日はとてもうれしい。
柔らかい日差しに包まれ、木々の葉が吹き出すように一斉に
新緑となりました。

我が家の樫の木も、たくさんの古い葉を落として、うす緑の
若葉が出そろいました。南の陽を受けて、キラキラ輝いています。

昨日は東京からのお客様。
娘も早くから手伝いに来てくれました。ケーキを焼いて。
それに前日に採ったワラビを煮つけて。

「今朝は4時起きでした」という東京府中からの旧友。
私は、タケノコ御飯。娘はてんぷらそば。
テーブルの上はいっぱいです。あれもこれものもりだくさん。

早く家を出られたので、おなかが空いているだろう。
「たくさん食べてください」と心は弾むが、メインはなに?
結果は、ピンボケになったように思います。

その人は、山登りをする人で、娘とはよく話が合います。
その人は , エベレストの近くまで行って、写真をたくさん送ってくれました。

その人は、お仏壇にお供えをして手を合わせてくださるのです。
その人は、しっかりとしていて、いつも変わらぬやさしい人です。

人様をお迎えして、どんな歓待が出来るだろうかと思っても、
まだまだ気持ちの出し方が、泥臭いなあと反省しています。

拙くっても、きっと旧友は解ってくれていただろうと
思っています。

楽しい一日でした。


by hekiku | 2015-04-18 10:22

今日は晴れ?  2015.4.16

今年の春は雨が多い。本当に。
冬物の片づけをしたいと思っても、雨の日では乾かない。
ましてウールの物などは、カラッと晴れてないと思わぬチジミで
台無しになることもある。

そんなに慌てなくてもいいか、必ず洗濯日和の日が来るのだから。

明日、東京の友達が来てくれる。
お昼を我が家でと思って、いろいろ考える。
タケノコ御飯にしょう。森英恵の器がある。
それに新キャベツの朝漬けと、蕗の煮物、季節の野菜のてんぷら
と決めました。

きのう、タケノコを湯がいておきました。
我が家で食べるものがおいしくできたので、それをお客さん用に作ったら
うまくできなかったということはよくあります。
お米の分量とか、塩加減とかで微妙に違ってきますから、
さあー、明日はどんな出来栄えになるでしょうか。

君子蘭が、満開です。5鉢とも。
葉っぱの緑に花がオレンジ、とても華やかに咲いています。
一年中同じ場所に置かれたままで、何も手入れはしないのですが
その場所がちょうど適しているようです。

モミジも新芽を出して、蕾を抱えて出てくるのです。
そして花が開きます。
植物の営みを見ていると、楽しいことばかりです。
オキザリスも繁茂してきましたし、
ヒラドも、明日は咲くでしょう。

by hekiku | 2015-04-16 09:05

地方議員選挙   2015.4.12

県会議員の投票日というので、行ってきました。
投票所に来ている顔ぶれは、私のように年かさの人ばかり。
どうも、若い人の選挙に対する気持ちは希薄に感じます。

そりゃあ、私も県会議員に義理もないし、行かなければそれで
済む話でしょうけれど。
投票に来ている人も、同じではないでしょうか。
でも、老齢の人はそういう風な教育を受けているのです。

決められたことはする。社会の義務、規則、きまり、慣習を
守るのです。与えられた権利ですからそれを果たして、義務を全うする。
そんなに理屈っぽく考えていないかもしれませが。
自然とそのように動きます。

「議員さんて、何をしているん?」
たくさんの収入があるのに、それらしき仕事をしているか?
はなはだしきは、そんな議員さんは「いらん」と言われています。

国会議員でも、地方議員でも、人数が多すぎませんか。
たくさんの税金を使うのですから、もっと少数精鋭主義で仕事を
すればどうでしょうか。
そんなことはずっと叫ばれているのに、ちっとも実現しません。

それは
国民の声が足りないのです。
横を向かないで、いうことは大声で言いましょう。
それも国民の権利であり義務ですから、
若い人よ、冷めないで活動してください。

by hekiku | 2015-04-12 15:28

まだまだ  2015.4.9

今日は、お天気が回復しましたが、雨のあとのサクラはいかばかりと
思いきや、まだまだ、しっかりと咲いていました。
リハビリデイサービスで、昨日サクラ見物に行くはずだった
御代開公園に、お買い物がてらいってみました。
木によっては、散っているのもあるが、立派に咲き誇っているのを
見て、「うわー、すごい」と拍手したい気持ちでした。

それは、きっともうだめだろうと勝手に思っていたからです。
東京では雪が降ったり、こちらに比べて早く咲いていますから、
もう桜は散ってしまったと思いますが。

このサクラの時期は、本当に落ち着きません。
それはサクラが好きだからと思うのです。
世の中に たえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし
古今和歌集の在原業平の歌とされています。

いつまでも咲いていては、こんなに好かれることはないでしょう。
その短い命を、絢爛と咲くから惜しまれるのですね。  

今日は、歯医者さんの予約の日。娘に一緒に行ってもらいました。
ゆるゆると無理のないように治療してもらっていますが
5本の挿し歯の形が出来ました。
あと3本残っているのですが、むりに、いじらなくて様子を
みようと思っています。

来週は眼科へ、その次はと、お医者さんの予約日がつづきます。
年寄りになると、そんなことで忙しくなるとは想定外のことでした。



by hekiku | 2015-04-09 20:30

サクラはどうなる  2015.4.6

今日は、春雨です。しとしとと梅雨のよう。
近ごろはよく降ります。サクラは?
散るのもあれば、残るのもあって毎年そうして人間は
楽しんでいるのです。
散るさくら 残るさくらも 散るさくら

先日、琵琶湖疏水にサクラを見に行って、三井寺をスケッチしたので
パステルカラーで色付けをしたのですが、ぜんぜん描けそうにもありません。
いつまでたっても、進歩はなく、投げ出したくなってしまいます。
こんな風にしたいと思っても、技術がありません。

堀文子さんや、小倉遊亀さんなど、そうそうたる女流画家は
老いても立派な創作をしているのに。
私は、書もできない、趣味の絵もできない。本当に絶望です。
なにも、まともにできない。これはどういうこと。

私の書の師、今井凌雪先生は、書の道に励んで究極のところ
何を得るか。それは「自分を知ること」です。と言われました。

怠け者で、中途半端で、真剣さのない自分はよくわかっているのです。
今できること、下手でもいいからコツコツと描く。
どんなに稚拙なものでも、自分の心を注いで描いてみる。
それでいいのではないかと、それしかできないのだからと
思っています。

とくにサクラはむずかしい。
思うようには描けないのです。

苦しむより、描く喜びを味わわねばと気がつきました。




by hekiku | 2015-04-06 17:50

琵琶湖疏水 2015.4.3

きのう、お花見に行ってきました。
娘から電話があって、急遽お花見に行くことになりました。
天気が、以後ずっと雨もよいでサクラの開花の具合から見て
決まりました。

行くところは決まっていたので、「JR山科」から京阪に乗って、
「三井寺」で降りました。まず、本命の三尾神社(みお)へ。
この三尾神社というのは、兎年生まれの守り神で伊弉諾尊が祭神です。
三井寺の近くにあります。

うちは息子と孫娘が卯年なもので、お参りに行ったわけです。
ずっと以前、夫と行きました。夫も卯年なもので、その時は
3人もいたのです。縁遠くならないようにとの願いです。

駅の近くに、琵琶湖疏水の取水口があって、疏水に沿って
少し登っていくと、サクラの大木がずっと並んでいます。
その古いこと。明治18年に疏水が作られその時、植えられたのかしら。
疏水の面に枝をのばして、立派なものでした。

園城寺(三井寺)では国宝の金堂や、重文などの建物がたくさんあって、
琵琶湖八景の[三井の晩鐘]の鐘が響いていました。
昔々、小学5年の時、比叡山に林間学校で行ったことが思い出されました。
その当時は、坂本からケーブルに乗っていました。
お寺の朝ごはんの味噌汁の味は忘れられません。人参の香りと歯ごたえが
とても新鮮でした。70数年前のことですのに。

そのあと、山科疎水のさくらを見に。
ここも疏水に沿って、立派なサクラの木が見事に咲いていました。
野球のボールくらいの、丸いかたまりになって、枝についているのです。
はじめて観ました。同じソメイヨシノだと思うのですが。
ひとつのボールの花を数えれば30~40ありました。

三井寺で落ちていた10センチほどの、サクラの枝を拾って帰り、
水に挿しておきましたら、今朝、きれいに咲いていました。
すごい生命力。スケッチをしてみました。








by hekiku | 2015-04-03 08:44

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る