<   2015年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こんなことも  2015.9.30

中秋の名月や、満月といっても、あいにくの空で見ることが
出来ない時も多いらしい。
だのに、今回は「こんなこともある」とびっくりするやらうれしいやらの
お月見でした。

スーパームーンと言われる満月の日は、すごく大きかったですね。
それがまだ東の空から昇ってしばらくの頃は「ワア―お化けのよう」と。
生々しく、バカデカの月を、親近感を持って見ておりました。
高く昇っても、王者の如く君臨していました。見事、見事。

前日の27日の十五夜も素晴らしかった。
雲が邪魔をする時があっても、雲の切れ目から煌々と輝くのです。
地球上にどんなことがあっても、天体はこんな美しい姿を見るてくれる
のですから。

昨夜は、やっぱり好天に恵まれて、少し右側が薄くかけて、下弦の月に
移行しておりましたが、やっぱり天空に泰然と輝いていました。
うれしい、幸せ。

もっと自然界に目を向けて、悦び、楽しみ、感謝しなければと
日頃の目の付け所を、しっかりしなければと思いました。

今年は台風ばかりで、天候が不安定でしたのに、こんなに恵まれた日が
あるのですね。

名月や 池をめぐりて 夜もすがら   松尾芭蕉
名月を とってくれろと 泣く子かな  小林一茶

by hekiku | 2015-09-30 07:44

中秋の名月  2015.9.27

中秋の名月は明日ですが、もう今日でもまん丸い
お月様が見られると思います。
十五夜といいますが今年のように、月の終わりごろになる時もあります。
旧暦でいうと八月十五日が「中秋の名月」と言われるのですが、
新歴では、この時期台風の影響やら、秋の長雨が続いたりして
天気に恵まれず、文字通りの名月を見れることは、少ないらしいです。

でも、八月でも、十月でもいいですよ。
今年はどんな満月を見ることができるでしようか。

昨日、おとといと外出しましたが、わりあい疲れないで元気にしています。
それは、目的地に着くことだけで、ほかを回らないようにしているからです。
東西線の北新地で降りて、堂島アバンザの在家仏教会の講演を聞きに
行くというふうに、「あれもこれも」を縮小したのです。

2時に家を出て、5時半にはもう帰宅している。その短い間に
貴重なお話を聞かせてもらっているという、有効な時間の使い方で、
若い時からの自分の、「あれもこれも」の行動を変えたのです。

歳をとって体はしんどくても、ついつい長い間の習慣とか、心癖は変わらない
もので、しなくてもいいことに時間を使っています。
もっとスリムに余分なものは割愛しなければと思いました。

昨日は永い間の月一度の勉強会。ここも直行で。
ここも得難い人たちに囲まれて、2時間の学び。帰りは車で送ってもらいました。
近ごろは、人様がとても偉く見えます。私は元気な時でもそんな心遣いが
できただろうかと恥ずかしいことです。



by hekiku | 2015-09-27 07:52

会話  2015.9.24

シルバーウイークもすんで、学校や会社が普段の
とおり。が、木、金と行くと、また土、日がお休みです。
この有り余る時間。昔の人が見たらびっくりするでしょう。

時は移っていくのです。新しい時代の流れの中で生きているのですから
それはそれなりに。流れましょう。

朝から、銀行とコープさんに行ったのですが、ご近所の人と、長話になりました。
久しぶりだから、ついつい話が弾むのですが、高齢になると、これが大事と
いいます。そしてしばらく歩いて、又、旧知の人と出会いました。
またまた、話が弾みました。

どうも、私のために気を使ってくださっているようです。
高齢者には、言葉がけがいいということで。
ありがとう。ありがとう。

私がこの家に嫁して、60年。ご近所もほとんどといっていいくらい
同じメンバーなんです。親の代から子になっていますが、
60年はいつの間に。感無量です。

いい環境の中で、ずっと暮らさせていただいている、幸せをもっと感じなければ
なりませんね。
会話をしていても、言葉使い、気使い、をされている相手のお人柄から
私にとって大いに学びがあるわけです。

歳をとっても、切磋琢磨して、よき方向に自分をもっていくことですね。
ご近所さん、お友達、姉妹みんなありがたいことです。
by hekiku | 2015-09-24 17:44

つるべ落としの  2015.9.20

つるべ落としの秋の日は、夕方6時でもう夕闇が迫ってきます。
この秋の夜長を、楽しく過ごしたいので、やっぱり読書かなと
思っています。

絶好の季節、あちこち行ってみたい所もたくさんですが、なにしろ
足が弱くなって、歩くのが不自由になってきました。
ひょこひょこと飛び歩いていたころは、幸せだったのですが、今は
そんなに歩けそうもないのです。

仕方がないですね。歳は歳だけ。
衰えにどう従っていくかです。体が不自由でも、感謝して明るく過ごす
ことですが、足が痛いとついつい心配が先立つのです。
もう歩けなくなるのでは?という心配ですね。

マイナスに心を奪われないで、プラスを喜んでそれを拡大しなければ。
まだ字も書ける。絵も描ける。料理も作れる。
出来ることはいっぱいあります。

連休の真只中、本当に日本は豊かになったのだろうか?
こんなに休みの日が多くなって、それで生活ができるのかしら
美味しいものを食べて、ラクをして、家庭が円満となれば
こんな幸せなことはありませんね。

経済の仕組みはどうなっているのでしょうか?
こんな生活ができる日本になっているのですね。ほんとうに。
世界で、難民になる人もいます。食糧に不足している人もいます。
内戦の続いている国もあります。

物資に困らなくても、心のよりどころの定まらない人もいるし
何かと不足不満の人も大勢いると思います。

どんな時も、謙虚に生きたいものです。
by hekiku | 2015-09-20 19:55

ひんやりと  2015.9.17

先日から国会前はあつっぽく燃えていますが、
天候は秋冷の秋という感じ。

どうして、憲法9条を守ろうというのですか。
なんで、なんで、どうして?
わからない。
安保法案と言わずに、「戦争法案」と言っていますが
どうして、そんなに皆さん個人主義なのですか?

若い女性のデモ参加者が、「自衛隊の命を守りたい」と
言っていましたが、この法案が通ったら、戦争になって、
自衛隊員が命を落とすというのですか?
一部の煽動に乗らないことですよ。

民主党は今の政権の足を引っ張るために、頑張っているのです。
国家社会の為を考えているわけではありません。
「次世代にツケを残したくない」と言っているお母さんもいましたが
今のままのほうが、もっと怖いですよ。

戦後の間違った教育をうけて、未だにその洗脳から覚めない人が
たくさんいるのには驚きです。

戦争反対と言って、北朝鮮からミサイルが飛んできて多大の人命が
失われた時、どうするのですか。尖閣列島に中国が上陸して
国旗を立てて、施設を造ることも考えられます。中国の基地が
出来た場合どうするのですか。

「憲法9条があったら戦争はない」などは、おかしい話です。
他国になめられないように、強い力を持っておかねばなりません。
それが戦争の抑止力になるのです。
若い人たちよ。国家社会のことを、大事に考えてください。
愛国心の欠如も甚だしい。

私は絶体に戦争反対です。

今、ニュースが流れました。参院で安保関連法案が可決したと。
やれやれ、ほっとしました。
by hekiku | 2015-09-17 17:18

からっと  2015.9.14

久しぶりにカラット晴れた秋空が碧い色を
深めています。
水害のあった地方は本当に大変と思います。
どこに行っても、災害はどんな形になるかわかりませんが
襲ってきます。そんな危険なところに居を構えていても
自分たちは大丈夫と、安住しているのだろうと思います。

人間の智慧と、自然の脅威のかけひきです。
でも、人間が勝つということはありません。
私の住んでいる所も、阪神大震災で大きな被害を受けました。
家も全壊したのに、のど元過ぎればで、緊張感が薄れています。

一度来たからもう来ないというものではありません。
すべてが想定外ですから、もっと対策を充実しなければと思うのですが、
なかなかできないものです。

この秋は温暖な日が続くでしょうか。
昨今の野菜の高いこと、主婦は困ってしまいます。
夏に余り照っていないものですから、農作物の出来は良くないと思いますが、
又、災害による被害も影響が大です。

緑の葉菜など、毎日必要とするものが一束200円から300円など。
一時的なものだったら仕方がないのですが、ずっと続くようだったら
家計を圧迫することになります。

いつの時代でも、安楽なものではありません。
その中で、苦しみにはじっと耐えて、悦びを大きく膨らませて
明るく、楽しく暮らすことにしています。
by hekiku | 2015-09-14 08:03

位置  2015.9.10

今日は澄み渡った青空です。
関東地方は雨の害がひどい様子。
どうして台風は日本ばかり襲うのかしらと思っていたら
中国大陸からの偏西風に押されて、どうしても日本に来るらしい。

位置的なものだから仕方がないのか。
しかし、今年は台風が特別多いようです。
そのたびに、多大の被害を受けていては安心できませんね。

私は、台風さん日本ばかり襲わないで中国にも行ってちょうだいと
思っています。
お隣の大国はとてつもなく恐ろしい国ですから、これも位置的なもので
逃れようもありません。韓国と合わせて、信義も、道徳もありません。
先日は戦勝記念日を大々的にして、国民にアッピールをしています。
ウソは平気なんです。

世界一の大国を目指しているのでしょうけれど、人でいえば人格が大切です。
国家の品格、信頼度、礼節度は世界の万人が見ているのです。
力だけでは一番にはなれません。
中国、韓国の場合は、ムチャクチャですから、
その隣国に位置する日本は、しっかり国を守る体制が必要です。

民主党のように、安保関連法案に反対反対と、大声でさけんで、
「だったら、どうするのか?」という政策もありません。
これも、ムチャクチャです。

日本も中国に占領されて、その時泣いても手遅れです。
すべてのこと、弱くては負けです。
強さが必須です。それが抑止力になるのです。
by hekiku | 2015-09-10 08:47

秋の月  2015.9.6

今夏は、冷夏と言われるように、暑い日が短くて
早くも秋になりました。

 月をのみ あわれと思うを さ夜ふけて
 深山かくれに 鹿ぞ鳴くなる      実朝

1年のうち夏の短い時もあるし、厳しい暑さが続くこともある。
四季の移り変わりは、いろいろあって、それに順応して
人間は生活をしてきたのですね。

先日のこと、夜中にトイレに行って、ベッドに戻ったら
ベッドに煌々と光が射している。
「月の光だ」とすぐ分かったが、うれしいやら懐かしいやら
窓を開けてみると、下弦の月が中天にひとり輝いていた。

「うわあー、お月様と一緒に寝よう」とこのチャンスを逃すまいと、
足元に枕を持っていき、月光を浴びながら眠りにつきました。

そして、又次の日も同じことになりました。
「下弦の月」というのですね。
満月から新月になる途中で、丸いところが左で、弦の部分が
右上になっているのです。
その反対の「上弦の月」は新月から満月になる途上で右手が丸く
ふくらんで、半円になっています。

私の部屋は東南に位置していて、東も南も開放されているのです。
いつも、天空で寝ている感じで空が良く見えるのです。
空が澄んでいてこそ、月の光が入るのですが、
さあこの秋はどんな天候になるでしょうか。

すべてのことには良いこととその逆のことがあります。
月光の輝く日もあれば、曇り空が続いていることもあります。
当たり前のことなのに、人間は曇りの日を不足に思うのです。
そんなことのないよう、マイナスの時でも平静に受け取れるよう
心がけたいと思います。
by hekiku | 2015-09-06 18:02

長月   2015.9.2

季節は流れて、秋となりました。
夏の短かったこと、心残りがいたします。
人間は目の前のことに、心を奪われていますから、
季節を感じることが鈍くなっています。

いつしか庭ですだく虫の声も大きくなりました。
その姿は見ていません。声だけのことですが、虫の声は
先にかの地に行った、父ではないか、兄ではないかと思はれるのです。

山鳥のほろほろと鳴く声聞けば
父かとぞ思う母かとぞ思う   (行基菩薩)

心を静めて自然の声を聴くと、いろいろと聞こえてきます。
これは秋に一番ふさわしいことではないでしょうか。

私に残された大切な日々、自然と対峙することを心がけたいと思う。
それと本を読むこと。ゆっくりと縁側の椅子に座って本を読む。
これは絶体に実行したいと思っていたので、
この夏は涼風の中で、極楽を味わいました。
贅沢なこととは分かっていますが、やってみたかったのです。

この秋はやっぱり、それをしたいと思っています。
禅宗の座禅のように、じっと心を静めて読書する。
もったいない時間ですが、ありがたい時間でもあります。

旅行好きの私は、あちこち行きたい所があるのですが、
近ごろの足の弱りを考えると、あまり歩けそうには無いので、
室堂や、上高地までは行けないかもしれません。

それはそれとして、心を鍛えることに力を入れるように
頑張ってみたいと思っています。
by hekiku | 2015-09-02 08:36

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る