<   2016年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

霞 、靄 2016.2.28

霞(かすみ)、靄(もや)など言葉は知っていても
これが靄だという実感はない。
空気中に浮遊するごく小さな水滴、チリなどのため
遠くのものがはっきり見えなくなる現象という。
ふつう春のものを霞。秋のものを霧という。と電子辞書にはある。

今日は暖かくて、息子の車に乗っていると、町の中がかすんで見えた。
春だ。はるだ。
もうそこまで来ている春のざわめきを実感することができました。

どんな時も大自然は、悠々と時を運んでくれます。
大きな運営です。その中で生かされている自分をよく知ることです。
春になれば春の楽しみがいっぱいあります。
喜ぶことです。笑うことです。幸せを感じることです。

春になると、「山が笑う」という形容詞を使いますが、
本当にその形容がよく表れている山の姿を、何度か見ました。

「愚者となりて往生する」とは悟りの境地ではないですか!
とある人が言われました。ほんとうに「悟りの境地」です。

深い深いお話ですから、心を鍛えたいと思います。
by hekiku | 2016-02-28 20:25

生老病死  2016.2.25

人間の苦しみは生老病死の四つという。
みんなが味わわなければならない定めです。が、
人それぞれ。

一番は老いるということ。今の私はそれを体験して
格闘しています。戦っても解決できる問題ではなく、
心の問題です。すべてが。

老いに伴って、あちこちが傷んできます。
これも仕方のないこと。
どんな機械でも80年も使えるものではありません。
むしろ、ながきに渡って無事に生きさせてもらったことを
喜ぶべきなのでしょう。

病の苦しみを味わって。いやー人生ってなかなか厳しいものです。
その中で、どれだけ平静でおれるものやら。
従容と受けていけるか、難しいものです。

限りある命は分かっているのに、
平穏でいられない、心の動揺を情けなく思っています。

悩み苦しみながら、人生を終わるなんて、
そうでありたくない。

感謝して、感謝して、静かに終わりたい。
その心を体に沁み込まて置かなければと思っています。
by hekiku | 2016-02-25 17:29

変形性膝関節症 2016.2.20

ずっと長い間、膝の痛みを抱えている。
整形外科は勿論のこと、整骨院、リハビリデイサービスで
治癒するようにと、努力はしているが、だんだんひどくなるばかり。

この一年ほどで、ぐっと、痛みは増してきた。
歩行も遅くなって、ゆっくりとした歩き方。
もう歩けなくなるのではないかと、その心配も膨らんでくる。

先日、箕面の人工関節センターのA先生に診てもらった。
先生は「生活の質を上げるためにも手術をしなさい」「リスクは
ほとんどありません」と、おっしゃる。

私は「命が先か、足が先か」という自分の年齢を考えると
躊躇する心が強い。

しかし、このままだと歩けなくて車いすの生活になってしまう
かもしれない。家族に迷惑をかけることも考えなければ。
「思い切ってという心も強い」

むずかしい。内科、歯科の先生にも相談する必要がある。

自分のことは自分で決めるしかない。自己責任の時代。
しばらくは迷いのトンネルの中で、右往左往することだろう。

誰が先のことが分かる。
一歩先のことが分からない。メシイなんだから。
強い意志が必要なんだ。
by hekiku | 2016-02-20 10:45

おお寒う  2016.2.16

一度暖かい日を味わうと、寒さはこたえます。
今日は厳しい寒さです。
陽射しは明るいし、空も青い、春の気配が濃厚。
しかし、この風の冷たさ。

 君がため 春の野に出でて 若菜摘む
 わが衣手に 雪は降りつつ (光孝天皇 古今集)

この歌はよく感じを表していると思います。
先日淡路に行って、すごく温暖で快適な天候だったので
この寒さにちじんでいます。

宝島社の本で、「昔ながらの暦に学ぶ」というのを買いました。
春分、秋分、夏至、冬至の4っつを基準にして、24節気がある。
24節気の間はおよそ15日。それを、それぞれに3等分して
72候がある。その間は5日間で、季節の推移を表している。

中国から来たものですが、日本人の感性に合わせて
東風解凍、草木萌動、菜虫化蝶、雷乃発声、玄鳥至、鴻雁北、
など、美しい言葉で表現されています。

こんな日本的なこと、学校で教えてくださればいいのですが。
雨水、啓蟄、清明、穀雨など24節気の言葉だけでも
覚えたいと思っています。

お月さまのことも書かれていますので、楽しみです。
知らないことを学ぶ喜びは、何ものにも代えがたいものです。
by hekiku | 2016-02-16 18:08

祥月命日(11年)2016.2.13

今日は夫の祥月命日です。
あれから11年たったのです。
朝、8時前にお寺はんがお参りに来てくださいました。
祥月命日というので、月命日よりお経を2つ多く。
そしてお焼香も致しました。

「死ぬ」とはどういうことになるのでしょうか。
体は無くなってしまいますが、心は? 魂は?
霊魂不滅といわれますが、どうでしょうか?
わからない。何も。
わからないまま、「愚者となりて往生す」に致します。

きのう行った鳴門海峡。
自然に口ずさんでいましたが、小学唱歌です。

 阿波と淡路のはざまの海は
 ここぞ名におう鳴門の潮路
 八重の高潮かちどき挙げて
 海の誇りのあるところ

むかしむかしの歌の歌詞をよく覚えているものです。
むかし昔がわたしの心の中にしっかりと根付いています。
兄妹たちとにぎやかに暮らしたあの日々。

忘れることはありません。
小学唱歌の歌詞も自然に、不思議に、湧いてくるのです。
by hekiku | 2016-02-13 09:58

南淡路へ  2016212

11、12日、一泊旅行で淡路の南に行ってきました。
今回は娘の車に乗せてもらってです。
何回か行った淡路ですが、ずっと以前ですから、
例えば明石大橋でも、すごく変わっているのです。

それは橋が変わったのではなく、バックの景色が変わって
しまったのです。橋を渡って、淡路側からみると、垂水、舞子など
家がびっしり建って、明石大橋の美しい姿はみられません。
というより、私はずっと前の美しい明石大橋を見ていたので、
幸せでしたね。

11日は、東側の大阪湾沿いに南下しました。
晴天でしたから、海がすばらしい色でした。
一番南の福良港まで行きました。そして、「休暇村南淡路」へ。

ここはなかなかユニークなホテルで、夜は、天体観測の
勉強ができるのです。レーザー光線で、星を教えてくれます。
私はシリュースとかスバルとか木星などを確認することができました。

今日は、鳴門大橋へ。
すぐそこは四国です。そして海峡のうずしおを見ることができました。
岬の一番端に、道の駅があるのです。そこでお買い物。

車で来たから、たくさん見ることができました。
買い物もできました。たくさん海を見ることもできました。
帰りは高速をびゅんびゅん飛ばしました。
車が少ないので。といっても、娘の腕を信じているので。
私はうとうとと。

家に帰ったのは2時過ぎ。そこでゆっくりと休憩。
「やっぱり近いからね」と娘は言っていましたが、
きっと疲れたことでしょう。
ありがとう。ありがとう。
by hekiku | 2016-02-12 20:39

立春を過ぎて  2016.2.7

立春を過ぎて、日差しがグーンと明るくなりました。
立春の次の日が、私の誕生日です。

昔々、私は20歳の時、病気をして、もう危険だという時に
どうか60歳まで、生きさせてほしいと神仏に祈りました。

その歳を過ぎて4半世紀。よくもここまで生きさせてもらったと
我ながら驚いています。
また、父も、母も85歳で亡くなりましたので、親の歳まで、
生きなくては申し訳ないと、近年はそう思ってきましたが、
まがりなりにも、その歳になることができました。

今日は午後から美容院に行って、パーマをかけてきました。
帰る時間の5時でも、まだ明るくて、日が長くなったのを
実感して嬉しくなってきました。

髪の毛が弱って元気がなく、すぐにしなっと伸びてしまうのです。
若いときは多かった髪の毛も今は見る影もありません。
ひと月に一回のお手入れですが、私が行く美容院はとても丁寧にして
くださるので、喜んでいます。
しかし、私ぐらいのお客さんはあまり来ていません。
何故だろう?と今日はそんなことを考えておりました。

頭も軽やかになったので、さあー明日からはおしゃれをして、
明るく暮らします。
by hekiku | 2016-02-07 21:04

恵方巻き  2016.2.3

今日は節分で、巻寿司を恵方を向いて丸かじりをするという。
誰が考えたのだろう?
私も、私の子供も、そんなことはしていない。
調べてみると、1987年に海苔業者が「海苔巻きの日」を決めたという。
よくあたったものですねえ。

わざわざ「恵方を向いて、海苔巻きを一本食べ終わるまで話をしないで、
そうすると幸福になる」
など、日本人の性質によくあっているのでしょう。

今日のスーパーのチラシは巻き寿司一色。
スーパーはかなりの人で、それも、一本が千円もするような豪華な太巻き。
売り場を広げて、何種類もの巻き寿司がうずたかく積まれていました。
人がいっぱい。できたものを買うという人が多いようです。

このアイデアは大いに成功したのです。
海苔はどれだけ売れたでしょうか。
海苔業者は本当に賢い。

でも、丸ごと口に入れるって、食べにくいし、無理があるように思います。
このイワクを信じて、実行するというのが、日本人らしいですね。

明日、娘と一緒に海苔巻きをする予定ですから、材料だけ買うつもりでしたが、
なんのこと、私もその妖術にかかって、1本買ってしまいました。
それを8切れに切って、半分を息子に残して食べました。

明日は娘と出来たての海苔の香りがプーンとするおいしいものを
いただくつもりです。
海苔巻きはやっぱり、海苔が主人公です。まだパリッとしているものを
口に入れたいものですね。

2月に入って、陽射しが明るくなりました。
明日は立春です。
まだまだ寒い日がありますが、希望を持って春の兆しを喜びたいと
思います。


by hekiku | 2016-02-03 20:04

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る