<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

折り鶴  2016.5.29

5月27日のこと
オバマ大統領は、広島を訪問されて原爆資料館に行かれました。
その時、4羽の折り鶴のうち2羽を資料館に置かれたとのこと。

もう2羽は、市民代表の小中学生に、手渡されました。
自分で折られたのかという、安倍首相の問いに
「少し手伝ってもらったが自分で折りました」という
原爆症で12歳で亡くなった佐々木禎子さんが闘病中に折った鶴に
強い関心を持たれていたのですね。

ご自分の心の中で温めてこられたのでしょう。
資料館の芳名録の上に置かれたということです。

献花の時、手を合わせるでもなく、頭を下げるでもなく、
ちょっと気になりましたが。
もっと深いところで、祈ってくださっていたのですね。

大統領ともなれば、すごい激務でたいへんですのに、
この心憎いような細やかな行為には胸を打たれました。
奥ゆかしいエピソードは日本人特有のものかと思っていましたが、
アメリカ人のオバナさんにそんな姿を見て、とてもうれしく思いました。

あと少しの大統領の任期。お元気で全うしてくださいますように
祈っています。




by hekiku | 2016-05-29 12:33

オバマ大統領  2016.5.27

今日、オバマ大統領が原爆被災の広島を訪問されました。
現職のアメリカ大統領として初めてのことです。

71年たって、やっと燭光が射してきたように思います。
戦争とは全く「勝てば官軍、負ければ賊軍」ですから、
人道的にものすごくひどいことをしても、
「原爆を落としたから戦争が終わった、もっと大きな犠牲を出さなくて
済んだ」など、勝った国ではそんなことを言っています。

私はオバマ大統領がありがたく思えるのです。
あの人でなければできなかったのではないでしょうか?
黒人という差別をずっと感じながら、アメリカ社会の中で生きて
来られたのですから、弱い者の立場がよく分かるのだと思います。

オバマさんが広島に行かれ、献花をして、17分におよぶ演説をされたことで
中国やロシアなど核保有国の風当たりは強いでしょうし、アメリカ国内でも
どんな目に遭うか知れません。

しかし、オバマさんはそれは覚悟のうえのこと
「生きているうちに、核兵器のない世界が来るかどうかわかりません。
でも、それを目指して行きたい」と言われました。
オバマさんはえらい人だと思います。立派です。

とてもうれしいことでした。
私も戦争体験者。胸の中のわだかまりが少し柔らかくなりました。







by hekiku | 2016-05-27 22:11

万緑の候 2016.5.25

今日は朝からどんよりした空。
梅雨のはしりといって、いま頃の雨はつゆの前哨戦。
農作物にとっても大切な雨ですから、穏やかに適量の雨が降って
くれたらありがたいのですが。

昨日は午前中、立花の整形外科に行ってきました。
駅前のジョイタウンで、Tシャツを1枚。かなり赤いのですが
思い切って。とても材質がよくて仕立ても良い。

今月はなにかと買い物が多い。季節ごとに新しいものが欲しくなる。
年寄りになっても、これは変わらない。
新しいものを買ったら、使わないものは処分しなければならないのに
私の場合、タンスや押し入れに溜まるばかり。
整理ができていないのが気にかかる。

友達からレターパックが届いた。
いつも、いつも、心遣いいっぱいの友からは素晴らしいものが届いた。
その人は女流書家。良寛の書を勉強して作品を作り、良寛の研究会も
持っておられる。プロ中のプロと思う。

研究会の資料として、良寛の歌を書いて冊子にしておられるが
見事な「文字」。すばらしい。宝物のように思います。

そして、お姉さんが作られたというポシェット、生地は大島かしら。
グレイ系に模様があって、黒のリボンで市松に編んでいます。
シックで、モダンで、軽くて、うれしくて、うれしくて。
ありがとうございます。



by hekiku | 2016-05-25 09:09

いきいき体操  2016.5.21(土)

町内の回覧板で、いきいき体操の案内が出ていたので行ってみた。
私がいつも通っているデイケアは、5月から週1回になったので、
運動不足が懸念された。
ちょうどその時に町内での体操教室が始まるので、ちょうどよかった。

デイケアのほうは、もう5年もお世話になっていて運動は慣れたものだ。
が、町内のほうは若い。高齢者のための筋力アップという副題だけれど
参加者を見ると、私は上から2番目くらいの高齢者。
若い人についていけるか?心配です。

人数は20数名というところ。ほとんど知った人ばかりだけれど、
「出しゃばらず」「頑張り過ぎず」「余裕をもって」
自分を保持していきたいと思っています。

伊勢志摩サミットがもうすぐ始まります。
去年の春に、娘と孫娘と3人で行ったところです。
「賢島の宝生苑」というところですが、とても大きなホテルです。
食事もおいしいし、お風呂から英虞湾の朝日、夕日を眺めて、
最高でした。

何事も起こりませんように。世界のトップが安全でありますように。
そして、日本の美しい景色を堪能してください。


by hekiku | 2016-05-21 16:21

忙しい日  2016.5.18

今日はとても忙しい日だった。
朝一番に、ウールのカーディガンなど3点の洗濯。
手洗いはしんどい。近頃は椅子に座って洗うので少しは楽になったが。
そのあと普通の洗濯。干しあげたころに、「ピンポーン」とチャイム。

2階の奥の部屋は誰も使ってなくて、納戸のようなもの
そこに古いエアコンがある。そして室外機は、一階の屋根の上に。
このところの地震など考えると、余分なものは取り外したほうが
安全だと思うので、その仕事を2人の電気屋さんがしてくれた。

裏の塀には目隠しがある。それをもう少し補充してもらう工事。
これはサッシ屋さんの仕事。
10時半ころ、娘が助けに来てくれた。
私は11時に、整骨院に治療に行く。
12時に帰宅すると、もう、塀の工事が終わっていてサッシ屋さんは
帰られた後。しっかりした仕事をしてくださるので安心です。

娘とお昼ご飯を済ませて一服。昼食後はいつも横になることにしている。
少しウトウトすることで体がうんと安まる。

3時前には歯医者さんに。これは娘に同伴してもらう。
差し歯の出来上がりの日だったから、娘にも見てもらおうと思って。
少し直してもらうところがあるので、来週が出来上がり。

娘は裏庭の沈丁花とナンテンとアロエがいっぱい茂っているので、
「ちょっと切るわ」と剪定してくれた。大きな袋いっぱい。

忙しい一日といっても、私は自分のこと。娘は名塩から車で来て、
もっと忙しかっただろう。いつも助けてくれてありがとう。
この人がいるから、どれだけ助かっているかわからない。
ありがとう。ありがとう。


by hekiku | 2016-05-18 18:28

穏やかな日曜日  2016.05.15

初夏を思わせる温度、いま、私のいるキッチンで、24℃
午後から下り坂という天候も、よく晴れています。

先日、箕面の整形外科に行ってきました。
前回の診察の時、生活の質を上げるために、人工関節の置換手術を
勧めておられたのですが、今は痛みが和らいでいて、決心がつかない
というと、「逃げ切れるかも分からないから」とおっしゃいました。

「これからさき、ひどくなったら手術をお願いします。」と。
頼んでおきました。先生は気持ちよく受けてくださいました。
余生と膝の痛みは、まだ来ぬ先を案じても仕方がないので、
逃げ切れるように私は真剣に努力をしなければと思いました。

まず、体重が増えないように、食べるものの質と量を加減する。
たんぱく質をよくとって、よく働くことです。
と内科の先生はおっしゃいます。

私はご飯が好きで、糖質が多かったと思う。
で、極力それを減らして、たんぱく質を意識して摂るようにしています。
物事は心の通りに動きます。強固な意志でと思っています。

お医者さんや、周りの人に守られて、いつも元気に過ごせることを
感謝しています。

今日はまたまた、アジサイの写生をしています。

昨夜は上弦の月、きれいな半月が天空に輝いていました。


by hekiku | 2016-05-15 16:25

大樹の新緑  2016.5.12

今日は娘の車で箕面へ。ここはもう5年も通っているところ。
武庫川の堤防沿いの道を走っていると、楠の大樹があります。
今まさに新緑の葉が萌出るとき、黄色の新緑が輝いていました。

まだまだ大きな木々がたくさんあって、競うように新緑の芽を
吹きだしていました。栴檀とか、ほかにもたくさんあるのですが
娘が教えてくれても、すぐに忘れてしまいます。

武庫川の堤防を走るだけでもすごい新緑ですよ。
葉っぱが茂って、トンネルのようになっていました。

この季節、一年中で最もいい時ではないでしょうか。
5月12日は息子の誕生日、今日です。
5月14日は娘の誕生日、明後日です。
それで、ケーキを買って、お祝いの気持ちを現わしました。
先日の文章で、お祝い事をおおげさにしないといった通り、
簡単です。

でも、神仏への感謝、ご先祖様への感謝、子供たちへの感謝は
胸にいっぱいです。
この新緑の木々に負けないくらい、これからも元気にがんばります。
ありがとう。ありがとう。

by hekiku | 2016-05-12 19:42

母の日 2016.5.8

今日は母の日といっても何もしないし、何も無い。
寂しいようだけれど、私はあまりそれが好きでない。
ひょっとしたら、私の母もそうだったかもしれない。
ずっと以前はみんなそうだった。

カネーションの花束や鉢植えが店頭に飾られたり、テレビにも
それはよく出てくる。
子供を育てていた50年前は、どうだったかしら?
今はお祝い事は商業ペースで大げさになっていると思う。

私が不思議に思うのは、みんながそれに歩調を合わすこと。
むやみやたらと歩調を合わす現代の人が、おかしく思えるのです。
人と同じことをしないと、安心できないのでしょうね。

お祝い事を盛んにするのだったら、不祝儀もきちんとすればいいのに。
お葬式や法事など、お別れ事は簡単に処理しています。
無駄なお金を使わない。これ今の人の考え方、風潮です。
亡くなった人を、手厚く忍ぶなど真っ平ごめんというところ。

「母の日」にご無沙汰していた母や、義母にプレゼントをするなど
とてもいい風習と思いますが、我が家の場合は母の日じゃなくても、
平素から何かとよく助けてくれています。
我が家は毎日が母の日なのです。

娘も息子も、母の日のお祝いなどはテレるのだと思います。
つねひごろ母に対してよく気配りをしてくれているので、
言うことはありません。
感謝、感謝です。ありがとう。

by hekiku | 2016-05-08 20:26

五月晴れ  2016.5.5

子供の日にふさわしく、青い空が広がっています。
昨日娘たちが来たので、今日はひっそりと静かにしています。
ずっと描きかけのものを仕上げようと、頑張ったのですが、
失敗しました。

パステルで描いていたのですが、うまくできませんでした。
一日の働きが徒労に終わったようですが、それは無駄なものでなく
練習の一助となったのでしょうけれど、そうも思えなくて、
絵の才能は皆無なんだと、自分の力の無さを情けなく思いました。

絵が好きでも、それを表現する力もなく技術もなく、まったく
ばかばかしいことでした。

芸術は努力プラス天分がなければなりません。
この天分が貴重な宝で、もう年齢的に残りが少なくなった私には
ガクンと思い知らされたように思います。

美術に進みたいと思っていた若いころ。
それはやっぱり夢のようなものだったと思いました。
むしゃむしゃする心を静めて、得心することでした。

青葉、若葉のこの季節、楽しく過ごさなくては。
時は過ぎていく容赦なく。





by hekiku | 2016-05-05 16:51

ゴールデンウイーク 2016.5.3

今日から3連休です。
このさわやかな季節。緑のしずくが落ちてきそうな木々。
さて何をするか。やっぱり家事に明け暮れそう。
人ごみの中に行きたくないので、近くの公園で新緑を満喫しよう。

しかし、ダラダラとしていてはすぐ時間は経ってしまう。
今日は描きかけの絵、鳴門大橋を仕上げよう。
絵でも、書でも完成の域までもっていくのは、気力がいる。
それが少なからず減少しているので、なかなか一枚が出来上がらない。
理屈を言うより行動すること。さっさと。

「ついたち」の日に二人の妹と、いつものごとくランチ行った。
5月1日だけあってすごい人、大阪駅など人人人で驚きました。
予約しているので席は確保していますが、どこも長い行列で大変だった
らしいです。

日曜日「ついたち」でゴールデンウイークの最中となればそうなんですね。
「私たちはいつでも出れるんだから、日曜日は止めようね」などと話しました。
高齢者が、この雑踏の繁華街をウロウロするのは、社会的に反することですもの。

今日は憲法記念日です。
もっと、憲法の存続を論じ合わなければと思いますが。
どうして、護憲派なのか聞きたいですね。
私はずっと以前から改憲に賛成です。終戦の後アメリカによって作られたものを
ずっとこのままでというのは理解できません。

安保法案でも、男の子を持っているお母さんは
「子供を戦場に送りたくない」と叫んでいます。
みんな、自己を守るために必死なのですが、どうしてそんなに短絡に
考えるのでしょうか。戦争反対を錦の御旗にしています。
私も戦争反対です。

日本国民はみんな戦争反対です。
冷静に、利己主義にならないで、
国民と国家が、どうして、平和と誇りを持していけるか考えましょう。

by hekiku | 2016-05-03 09:43

月よみの 光をまちて かえりませ 山路はくりの いがのおおきに  良寛


by hekiku
プロフィールを見る