<   2016年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夏の朝 2016.7.30 (土)

快晴の空、夏の朝は穏やかに静まり返っています。
ミーンミーン、シンシンシンと蝉が鳴いています。
土曜日、休みの朝はいつもこの静謐さが漂います。

今日の気持ちよさは、空ですね。
カラッと澄んでいるのです。それこそ「碧空のかなたへ」飛んで
行きたい。
風がよく通るので、冷ややかな空気が流れて気持ちの良いこと。
極楽浄土で安らかに、憩いの時を味わっています。

五木寛之の「大河の一滴」を読んでいます。
うん、うん。なあーるほど。私にはよく理解できる内容です。
宗教書よりよく分かります。

「人間はちっぽけな存在である。どれほど小さくとも、草の葉の一滴の露にも
天地の生命は宿る。それは宇宙の呼吸と言いかえてもいい。
一滴の露は小さな流れとなり、大河に合流する。その流れに身を預けて
海へ注ぐ大河の一滴が私たちの命だ。
濁った水も、汚染された水も差別なく受け入れて海は広がる。
やがて蒸発して、空の雲となり、雨水となって地上に注ぐ。」

「人が死ぬということは、海に還るということではないのか。
生命の海に還り、ふたたびそこから空に昇ってゆく。
そして雲となり雨となって、また地上の旅がスタートする。」
と書いておられます。

私も近頃は「死とは、大自然に帰ること」ではないかと
自分で考えるようになっていました。
それは全く自分流の考えでしたが、納得のいく答でした。

「大河の一滴」を読んで、一つ違いですが五木寛之氏とは同じ
時代を生き、年齢を重ねてきたものとして、同感しながら
読ませていただきました。

沢山の人を殺戮した若者よ。きっと心の奥底では
障害者を我がことのように考えて、苦しく、悲しく辛かったのでは
ないかと思います。やさしい心がいっぱいだったのでしょう。
曲がりくねっていった自分を制御することができなかったのですね。

by hekiku | 2016-07-30 09:20

障害者殺傷事件 2016.7.28(水)

大きな事件が起こりました。
考えられないほどの殺戮です。どうして、どうして?
命の大切さがわかってないのか、容疑者が大麻を常用していて
精神的におかしくなっているのか。

障害のある人は生きるのが苦しかろう。だから安らかにしてやろう。という
考え方もその職場で働いている時から持っていたのかもしれない。

どんなに不自由な体でも、一生懸命に生きているのです。
それが分かっていないのです。命の尊さが分かっていないのです。
そのご家族の悲しみは、どんなに深いことでしょう。

近頃は「乱世」とでもいうのでしょうか。
世の中がおかしいですよ。

胸の収まらない若者が多いのではないでしょうか?
世の中に、腹を立てているのです。
そして、無茶苦茶な事件を起こす。

誰でもいいから刺したい。などと犯罪者は言っていますが、
それで解決がつくことでもないのに、なぜそんな行動を決行するの?

犯罪を犯さないまでも、ムシャクシャすると怒りを爆発しそうな
若者があちこちにいるのですね。怖いことです。

社会教育、家庭教育の中で足りないものが多いのです。
感謝すること。努力すること。辛抱すること。
目に見えない神、仏の存在を感知すること。
これらは人間にとって、基本的に身に着けておかねばならぬことです。

殺された人の家族の悲しみと、
自分の父母の悲しみを考えて欲しいと思います。
その人を生み育てられた両親の慟哭はいかばかりか。合掌



by hekiku | 2016-07-27 20:49

涼しい 2016.7.24 (日)

大気が不安定な様子。
今日などは風がよく吹いてとても涼しい。
天神祭りの頃はもっと暑いのが例年なのに。
でも、セミはよく鳴いています。

世界のあちこちでテロがあって、こんなことがいつまで起こるのか
解決策はあるのだろうかと、心配になります。
もうすぐブラジルのリオでオリンピックが開幕されますが
無事にいけるようにと思います。

今日は大相撲の千秋楽でした。
稀勢の里が優勝するか、そして横綱にとみんなそう願っていたのに
日馬富士が優勝しました。

しかし、稀勢の里は近頃グッと落ち着いてきました。
きっと、優勝することができるでしょう。必ず。

東京都知事の選挙もあと一週間。
どんな結果になりますか。私は女性1号の知事さんを待っています。

道を歩いていて、スマホで一生懸命。四角い画面に心を奪われて、
危ない危ない。
大人も子供も、1億3千万の人がポケモン、ポケモン。と
染まっていきます。これはどうしたもの?
なんだっていうの。これ。

7月の雑感はこんなところ。


by hekiku | 2016-07-24 20:03

真夏  2016.7.20 (水)

梅雨が明けて、真夏の太陽が照りつけています。
蝉がミーンミーンとやかましい。
短い命を力いっぱい謳歌しているのか。

このパソコンの場所はとても涼しい。
そよ風がすーすーと入って、風鈴がチリンチリンといい音色。
紺碧の空はあくまで深い。夏だ。

足の指の巻き爪はほぼ治ったようで、昨日受診したら、
矯正をしましょうとのこと、自分の爪にとってそれが本当に必要かと
思うが先生の診断はそういうこと。
爪の切り方を間違わないようにすればいいのではないかと思うが
この際、徹底的に直したほうがいいのか。
保険がきかない治療ということで、費用は高額です。

今日は朝一で整骨院へ行きました。
それから歯科へ。
このところ医者通いで忙しい。

仕事がたくさん溜まっている。早くこなしたいと思っているが、
思うようにははかどらない。
毎月来る月刊誌は7冊、なかなか目を通せるものではない。
読もう読もうと思っても、ぐずぐずしているうちに、次の本が来る。
月刊誌だけではない、夫が残してくれたたくさんの本。
読みたいのがいっぱい。すべて手つかずか途中まで。

今日は満月です。昨夜はきれいなお月さまでした。
すごく大きいお月様がが私のベッドを照らしてくれました。
月の光を浴びながら、眠りにつく幸せ。幸せだあー。


by hekiku | 2016-07-20 10:37

乗鞍岳 2016.7.16 (土)

乗鞍岳はとても大きい山で、その山容は裾を長くのばして、
雄大で美しい。いったいどれぐらいの面積があるのだろうか?

北のほうが、上高地の霞沢岳まで連なっているらしくて、
独立峰とは言えないらしい。山頂には23の峰がある
しかしどこから見ても3026mあればひときわ抜きんじて
雲や霞の上に君臨している

乗鞍の南に位置する御嶽山もすごい。
山頂にたくさんの峰があって台形である。
3063mだから、乗鞍より少し高い。
御嶽は、北アルプスにも属さない、中央アルプスにも属さない、
全くの独立峰である。その荘厳な姿は神々しい。
乗鞍も、御嶽も、ともに火山です。その大きさは大変なもので
占有面積はどれほどだろう。

大自然を統べたもう神の造られた山々。
私はひれ伏して、手を合わせたい思いで眺めます。
日本は島国ですからほとんど山で占められています。
中でもこの信州の山々達は、3000m級がいっぱいです。
南アルプスも3000mの山が多いのです。

旅となればやっぱり、高い山の見えるところになってしまいます。

さあ次の旅をどこにしようかな。


by hekiku | 2016-07-16 19:19

決める 2016.7.13(水)

左足の親指のあたりが痛いのは、1か月も前から。
爪の切り方が悪かったと思う。
しかし、こんなにひどくなると思わないから、のんきにしていたら、
楽しみの旅行に差し支えるようになるとは。

個人旅行といっても、ホテルが組んでいる工程で運んでくれるから
いいと思ったが、私の年ではかなりハードのように思う。
とにかく、松本まで行ったらお迎えがあって、1日目は美ヶ原へ、
2日目は上高地へ、3日目は西穂高へと連れて行ってくれる。

でも、家で歩いているのには痛くもないが、靴を履くとなれば
爪の周りが傷む。靴を履いて歩くのは無理か?
娘は上高地は車イスにしょうという。
介護旅行と銘打って、覚悟を決めているらしい。

私は、自分が車イスに乗ったことはない。
娘にそんなえらい目をさせて、行くことではない。
足が治ったら、ゆっくりでも自分の足で歩けるのだから。
考えは決定した。

孫娘が行ってくれることになったので、無駄にしなくてよかった。
私は娘と二人でたくさんたくさん旅をしている。
私にばかり同行してくれているので、自分の娘と一緒にというのも
いい思い出になるのではないかと思う。

明日が出発なのに、急に孫娘が行ってくれるようになったのは
ありがたいことで、私は家で、ゆっくり休んでいよう。

いい年をして、心を決めるのは遅いと思う。
小の虫を生かして大の虫を殺すことのないように。
小の虫を殺して、大の虫を生かす。その決断が遅すぎる。

山を見たいその欲望に、ものが見えなくなる。

自分をよく知っていい判断ができるようになればと思う。


by hekiku | 2016-07-13 16:23

巻き爪  2016.7.9(土)

左足の親指が痛くて歩くのもつらい。
はじめは爪の切り過ぎかと思っていた。
手でも足でも爪はいつもよく切っている、少し伸びても気になってすぐ切る。

この一週間ですごく痛さが増して、予約してある専門医に早く診てもらうことにした。
きのう、宝塚で、娘と待ち合わせをして連れて行ってもらった。

食い込んでいる爪を切ってくださった。端がとがって刺さっている状態という。
針金で矯正するのは、もっと良くなってからとのこと。
娘に送ってもらって、帰宅後はアイスパックで足を冷やして、横になる。

靴が窮屈だったのでは?ということで、思い当たる。が
そればかりでなく、爪の切り方が問題ありです。
爪の端を丸く切らないこと、四角くしておく。そんなこと全然知らなっかった。
たまたま残っていた端が指に食い込んできたのです。
爪は伸びますから、痛さは日増しにきつくなります。

原因としては歩き方にもよるという。
右ひざが痛いので、きっと変な歩き方をしているのでしょう。

思いもよらぬハプニングですが、今日は、うんと楽になりました。
もう、一人では何もできません。
娘に助けてもらって、困難を乗り越えているのです。

生きている間、何があるかわかりません。本当に思いもよらぬことでした。
何事もよく知っている人がいるのに、私は知らないことばかり。
グラグラとくることばかり。
これから先が思いやられて、胸が重くなります。

ぐちぐち案じても始まらない。来たら来たらで善処する。
さあー、これから内科の先生の所へ薬をもらいにいきましょう。

by hekiku | 2016-07-09 10:48

猛暑 2016.7.6 (水)

昨日初めてエアコンを入れる。
来ていた娘がたまりかねて「クーラー入れるよ」と
ブレーカーを入れ、高いところにあるコンセントも入れて
リモコンを使ったが、「電池切れてる」という。

もう私はそんなことをする体力も気力もない。
息子か娘にしてもらわないと、できないことが多くなった。
暑かったら、扇風機をかけておく。

高齢者の家とはこんな状態だと思う。
キャタツに乗って高いところのブレーカーを入れたりするのは
第一に危ない。
扇風機でまにあっている。それで辛抱をする。
日常の些細なことでも、誰かの介助が要ることを実感しています。

最近、左足の親指が「巻き爪」になって痛い。
歩くのが痛い。親指を浮かして歩いているが、そうするともっとひどく
なるそうだ。新しい靴に問題がありそうな。
それで、巻き爪の専門医に診てもらったらということで、
きのう、娘が宝塚の先生に予約をしてくれました。

歩くときは足の指をしっかり地面に着けて、特に親指は意識して
地面に置くこと。
そんなことは知りませんでした。
永い間何も知らないで過ごしてきました。知らないことが多すぎる。
「ぼんやりもの」ということですね。

今日は、父の命日で、大阪の北御堂に行ってきます。
昨年33回忌の法事をしたから、今年は満33年経ったのです。
姉妹に遭えるのが楽しみです。

by hekiku | 2016-07-06 08:59

夏です。2016.7.2 (土)

7月に入ると俄然夏本番になりました。
私のいるパソコンの前で、30℃ pm8時
しばらくは暑さ対策にウロチョロすることでしょう。
しかし、カッーと照りつける太陽も気持ちがいい。

年を重ねるごとに、気温にはあまり敏感でなくなった。
とくに暑さはあまり苦にならない。
汗のよくかく人は、ハンカチで汗を拭いたり、シャツを代えたりと
大変ですが、私は汗をかくことはあまりない。
それは新陳代謝が悪いからだと思う。

今朝、いつものように牛乳を飲んだら、おかしい。
6月26日のレシートがあるが、29日に開封している。
賞味期限は7月6日。
賞味期限は未開封の状態でのことで開封したら
できるだけ早くと書いてある。

暑くなったから、早く変化したのでしょう。
もう1000mlでなく500mlを買わなくてはだめだわ。
夏を実感した出来事でした。

いきいき体操で7月8日はお楽しみ会という。
で、七夕の短冊を書くようにとのこと。
とっさのことだけれど、「荒海や佐渡によこたう天の川」と
芭蕉の句を書いておきました。



by hekiku | 2016-07-02 20:45

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る