<   2017年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

無情  2017.6.24

海老蔵さんの妻、麻央さんが亡くなられました。

どんなにか心残りのことでしょう。
小さい子供を置いて、先に逝かねばならないその胸中は
推し量れるものではありません。
人間にはどうしてそんな過酷なことを受けねばならない
無情が待っているのでしょうか?
今は静かに眠られた麻央さん。ゆっくりとお休みください。

このようなことは、世間ではいっぱいあるのでしょう。
アナウンサーの清水さんも生まれたばかりの子供を置いて
奥様が亡くなられました。清水アナウンサーは、仕事を辞めて
子供の養育に、がん撲滅に、社会福祉に活躍の場をもたれたと
聞いております。

「限られた命」を知りながら、なかなかそのことに向き合わないで
のんきにしているのが、大方の人間ではないでしょうか。
麻央さんが力の限り書いてこられたブログを見ても、どれだけ真剣で
あったか。
命の大切なことをたくさんの人が改めて感じたことと思います。

近年はガンがとても多いです。ずっと以前は結核でした。
どれだけたくさんの若者が命を落としたことでしょう!
その結核が、平静を取り戻しています。
ガンも早く人類の強敵から抜け出せますように。
ガンを心配せずに、安らかに暮らせますように。

人間として産まれてきたのですから、神様 どうか老いるまで生きさせて
くださいますように。

心より願っております。





by hekiku | 2017-06-24 20:56

ブナの木  2017.6.21

夏至、1年中でいちばん昼が長く、夜が短い日。
冬至に比べて日照時間は、5時間も差があるという。

日が長いことは、とても暮らしやすいという事ですから、
貴重な季節です。

今日は久しぶりの雨。
しっかり降っています。梅雨らしい。
木々もたっぷりと雨を吸ってうれしそう。たくさん蓄えておくのよ。

ブナの木はすごく水を吸うらしく、幹に耳を当てると、水の流れる音が
聞こえるという。
建築用材としては成長が遅く、役に立たないといわれてきたのですが、
北海道から九州まで広く分布しています。ふつう200年から300年
生息しますが、500年という大木もあるとのこと。

他に雨水が行かないように、葉っぱで受けて幹に流して独占するのです。
大山の「ブナ林を歩く」ツアーに参加した時、聞いた話です。
白神山地に行った時も、そのようなお話を聞きました。

自己防衛が強い木、利己主義な木だなあと印象づけられましたから、
雨が降ると、私はブナの木を思い出すのです。
人間もそうなったらいいのか? ならない方がいいのか?
永遠の課題ですね。

ブナは500年も生きるというのですから考えます。



by hekiku | 2017-06-21 08:57

忙しかった日々 2017.6.18

昨日は、娘の家で法事があったので、何かと忙しい日が
つづいた。美容院に行ったり、在家仏教会講演会があったり
目医者さんや歯医者さんの予約日だったりして、1週間は
外出が続いた。

気が付いてみると、ブログもご無沙汰していたということ。

昨日は、娘の家で泊って朝はその辺を1時間ほど散歩した。
名塩の東山台といえば、とても閑静なところ。
公園のベンチに座っていても、人っ子一人いない。
道で人に会っても、おはようございますと頭をさげてくださる。
そんな上品な町です。

21日は夏至。とても日中が長い、もったいないと思う。
暮れなずむ日になぜか焦りが生じます。
なにかをしなければということですね。

ゆっくりと暮らそうと思っているのに、逆戻りをしないこと。
それよりも、取捨選択をして大事なことをテキパキとする。ことですね。
そんなこんなで、少しずつ変わっていきたいと思っています。

トマトの木がだいぶ大きくなってどうも鉢が小さいと、
娘が大きいのに植え替えてくれました。

ミニトマトが15粒、桃太郎が2つ。
元気に育っています。

by hekiku | 2017-06-18 19:59

満月 2017.6.10

昨夜は満月の日でした。
4月に思いがけず、緑内障と診断されて、徐々に失われていく
視力を感じているのです。

緑内障の予防のため数年前に、レーザー光線で虹彩に穴をあける
処置を受けた。そして、3年前には白内障の手術をした。両眼とも。
もうこれでいいのかと思っていたら、
あにはからんや。

お月様の好きな私はどれだけ眺めたことだろう。
眺めさせていただいたことだろう。
文句は言うまい。

昨日の月は、丸い形の下が切れてぼんやりしている。
遠近両用のメガネをかけると、丸いけれど少し縦長の形。
先月の満月の日は、メガネをかけるとはっきりと真ん丸に見えたのに。

もう、真ん丸のお月様を見ることはできないのか!

無性に悲しむことではない。
老いの身に何が起こってくるかわからない。
その覚悟がいる。

眼科の先生に状態を言って、診てもらおう。
毎日Ⅰ回、目薬を1滴注している。毎月1回の診察で
眼圧を測ってもらっている。12日が予約日だ。

秋の大きな月
冬の煌々と冴えわたる月
春の穏やかな、ぼんやりとした月
月を見ただけで、季節を早く感知していた私だったのに。
子供の頃から、なんど手を合わせたことか。

ぼんやりした月でも、それを眺められるのだから感謝。



by hekiku | 2017-06-10 16:54

トマト  2017.6.8

先日、娘がトマトの苗を二鉢植えてくれた。
それがぐんぐん伸びて、もう実が膨らんできた。
ミニトマトかもしれないが、まだ赤くならないで濃いみどりのまま。
もう一つの方は種類が違うのか、葉っぱも、実もうす緑。

数年前にもトマトを植えたが、とても立派なものが獲れた。
楽しみだけれども、育てることのしんどさを思うと、
そう気楽に野菜を植えることができないのが、今の私。

佐藤愛子さんの「90歳 何がめでたい」を送ってくれた人があって
読みやすくておもしろい。
みんなその時代に生まれ育ったから、同じ考え方。
ザッツライ。その通り。と同感ばかりしているが、佐藤さんの
元気さをもらいたいと思う。

西中 務さんの「運のよくなる生き方」を取り寄せた。
運は人徳、すなわち人間性で決まるという事で、こつこつと
日々積み重ねていくことに尽きると思いました。

今月から、月刊誌「大法輪」が来ました。
これは仏教誌としても、中身が濃いものでとてもうれしく読ませて
いただいています。月刊誌が毎月5冊、読むものに不自由はしません。
しっかりした時間を送れるよう心しなければ。

弱音を吐いて、ぐったりしてはいけないぞ。
と自分に叱咤激励をしています。

by hekiku | 2017-06-08 11:37

6月でーす 2017.6.3

早いものです、もう6月ですって。
私は体調を崩してほとんど寝ながら暮らした5月でした。

 目に青葉 山ほととぎす 初がつお
ほんとうに木々の緑はキラキラと輝いています。
美しい季節です。6月は梅雨ですから、雨が多いでしょうが
近ごろはそれも美しいと思っています。

歳を重ねますと、痛いところが多くなるようです。
膝は以前から、1年ほど前から腰が痛くなりました。
近ごろは首筋が滑らかではありません。それは寝違えてから
ですが、なかなかすっきりと治りません。

心配事を並べたらきりは無いのですが、日にち薬と言いますから
ゆったりした気持ちでいることかと思います。

「老」というものを体験して、学ぶことは沢山あります。
老は幸運の果実というのですから、喜びと感謝のこころを
いつも胸に持っていたいものです。

今、我が家のガクアジサイがきれいです。
それはピンクの濃いのですが、だんだん変わってブルー系に
なると思いますが楽しみです。

さあー。しっかり今日一日を大事にしょう。


by hekiku | 2017-06-03 10:06

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る