<   2017年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

防衛相  2017.7.28

稲田防衛相が辞表を提出したという。
それをもっと早く出して欲しかった。

それよりも、安倍首相はもっと早く罷免か更迭に
するべきであったと思う。
それがなされていたら、都議選で自民党が惨敗することは
なかったと思う。

安倍首相は何を考えているのだろう?
防衛大臣に任命したその任命責任は大きい。

稲田さんは、何も答えられないし、間違っていたと謝罪ばかり
ぬけぬけと。
都議選に自衛隊の中立を否定する失言問題、森友学園の籠池さんを知らないと
言い切ったウソ、消えた日報問題。
いい加減なことばかりで、目に余ります。

額にたらした髪の毛、黒ぶちのメガネをかけて、
はじめはどんな人か、人相もわからなかった。

最近ではメガネのふちは変えているが、おでこに垂れている髪、
ツケまつ毛、長い髪の毛、など、
どれだけ美容に力を入れているかは良く分かる。時間もかかるだろう。

この人にどうして防衛大臣が務まりますか。
きれいにみせることに全力を入れているではありませんか。
まるで若い女の子のように。

大事な書類に目を通すことすらおろそかになります。
近隣諸国との対応、国内の災害、大きな仕事が山積しています。

北朝鮮などと、有事の際は重い決断も必要でしょう。
そんな責任ある立場の人が、これでは。
国民はみんな心配しています。

国民を甘く見て、稲田さんをかばいつづける、首相の
信頼はがた落ちです。

安倍首相は、稲田さんのどこを見て防衛大臣に任命したのですか?
きびしく責任を追及したい。

by hekiku | 2017-07-28 17:16

33.5℃ 2017.7.26

我が家の風がよく通っている部屋でも、33.5℃
扇風機はつけているのですが、PM5時です。
これだけ照りつけていると、買い物にも行く気がしない。
これからしばらく、酷暑、炎暑、激暑、猛暑がつづくだろう。

夜クーラ―を上手に使えなかったからか、鼻水と咳と
クシャミでしんどい。とくにセキのきついこと、体を折り曲げて
せきこんでいる。風邪をひくと治るまでに長い間かかる。
暑さをしのいで、快適に暮らすにはどうすればいいのだろうか。

「今は熱中症にならないようにとの、注意が大きく取り上げ
られているが、本当は汗を出したほうがいいのです」と。
今朝行った整骨院の先生がおっしゃっていました。

それは本当だと思う。
私のように汗をかかないものは新陳代謝が悪く、
体に熱がこもっているからよくないと思う。
近ごろは体温が36度9分という時がある。(クーラーの部屋にいて)
ビッシリ汗をかいてみたいと思う。

どこに行っても、しっかりと冷房が効いていて、私などは
その為の上着が要る。電車、コンビニ、銀行など。
戸外に出て、むっと暑い空気の中でホットする。
これでいいのだと安心している。

変わり者かもしれないが、同じような人もいるのではないでしょうか。
自分流の対暑法を考えなければ。



by hekiku | 2017-07-26 20:31

炎暑 2017.7.22

今朝は明け方にかなりの雨が降ったらしい。
庭のバケツに溜まっている雨水は15センチぐらい。
木々も鉢植えも、十分に水分の洗礼を受けたようで良かった。

ご近所の人に、温度湿度計を買って、エアコンを入れるとか
指示してくれるので、熱中症にならないようにしたらいいですよ
と、教えてくださった。
私はあまりクーラーを使わないようにしてきたから、というのは
我が家は涼しいのと、密閉しての圧迫感がが苦しい。自然の鈴風が欲しい。
などの理由はあるが、高齢になって鈍感になっている部分が多いだろうと
思うので、考えてみようと思う。

高齢者がいつも、体温、血圧、心拍数などが分かるように、腕に着けておく
ものが紹介されていましたが、自分の健康管理がますます過熱してきた
ようです。長生きしても健康でなければと、みんな一生懸命。

私がこの地に住んで62年、それは実に閑静な処であった。
そんな頃からのご近所や知った人は、年月とともに一人また一人と
去って行かれる。自然の理だから仕方がない。
近ごろは、私より若い人の訃報をきく。寂しく、悲しく、空しい気持ち。

私もこの老齢だから、皆さんはお声をかけてくださる。
その気持ちがよく分かって、ありがたさでいっぱいだけれど、
もうそんな歳になったのかという面映ゆさもある。

明るくしっかりと歩んで、皆様のお心づかいに心から感謝しよう。
とても幸せです。

この炎暑の季節、うまく乗り越えられますように。


by hekiku | 2017-07-22 21:12

梅雨明け 2017.7.19

「近畿は梅雨明けしたと見られる」とのこと。
婉曲な言葉だと思う。
今の時代は何事も、丸く含みのある言葉で表現する。
あたりさわりがなくて無難に通過する。

しかし、はっきりものをいう性質の人は、むずかしい。
新聞の人生相談を読んでいても、他の人の言葉を気にして
悩み、苦しむ人も多いので、表現は無難にした方がいいのだろう。

梅雨の時期で北九州は、甚大な被害を受けられたのですが
こちらはそんなに雨が降ってないように思う。
雨季らしい様子はなかったですね。

昨日、東京ではヒョウが降って、信じられないような光景が
テレビに映っていましたが、天候は狂気の様相です。
自分たちもどんなことに遭遇するかわかりません。

暑い夏を家で静かに暮らしたいと思っています。
先日のこと、大阪に行きましたが、大阪駅周辺は人、人、人で
びっしり。外国の人もたくさん。
地面も見えないくらいの人波で埋まっているのを見ると
年寄は出るものではないと思うし、
災害が起こったらという、危惧も湧いてきます。

家にいるのが、いちばんいい。
涼風の中で蝉の声を聴き、風鈴の音を楽しんで。
毎朝、トマトの数は増えていきます。今日は43こ。



by hekiku | 2017-07-19 18:03

月光  2017.7.15

海開き山開きがあって、いよいよ夏本番となりました。
テレビで子供ずれの家族が、海を楽しんでいる様子が映ると
もう長い間、海に入った事がないのを思い出しました。

昔々、娘が小学生の頃,日本海に面した諸寄海岸に行った時ぐらいから
海に入っていません。もう50年以上前のことです。
その時は諸寄の海があまりきれいではありませんでした。
テレビに映っていたのはとてもきれいな海でした。

きのう、庭で草花をいじっていたら、急に隣の家の樫の木で
ミーン、ミーンと蝉の声。私には初声でした。
と、後からあちこちで蝉の声。今朝は早くから蝉のにぎやかな声。
これから蝉しぐれがずっと続くことでしょう。

昨夜のこと、ベッドを煌々と月の光が照らしています。
窓を開けてみると、下弦の月が東南の空に輝いていました。
半分ほどの大きさですのに、それが力いっぱい私のベッドに
光を注いでいるではありませんか。

誰も見てくれない今頃の月。良く晴れていたのでしょう。
月光の強さは格別のように感じました。
月光を全身に浴びて、眠りにつきました。

神仏はこのように、万物を照らしてくださっているのだと
知ることが出来ました。



by hekiku | 2017-07-15 13:48

九州の豪雨禍 2017.7.11

九州北部の水害はひどいものでした。
流木の多さに驚きます。山間部に雨が降ると流木が
災害を大きくします。

山ぐに日本では、「治山」をもっと考えないと
今後こんな災害は、何べんも起ってくることでしょう。
「治山、治水」を政府は真剣にやって欲しいと思います。

急に真夏日になって、暑くてぐったりしています。
去年頂いた釣りシノブが葉っぱを延ばして大きくなってきました。
もう、終わったと思って冬の間も放っておいたのが、急に芽を出して
元気に広がってきました。
その下には風鈴が釣り下がって、リーンリーーンと鳴っています。

月日は容赦なく過ぎ去っていきます。
歳だからと甘えないで、しっかりと一日を過ごさなくてはと
分かっているのですが、なかなか気力がわかなくて、
歯がゆいものです。

昨夜はお月様がよく見えました。
9日が満月でしたが雲が多くて、見えなかった。
昨日は期待していたわけではないが、きれいなお月さま。
やっぱり満月の下は欠けています。乱視だから仕方がない。
見えるだけでも幸せ。

こんな美しいお月様を見ると、被災地を思います。
まして、ご家族を失われた方の思いはどんなに深いことでしょうか。
平穏な日々が、早く訪れますように。


by hekiku | 2017-07-11 17:38

北九州の豪雨  2017.7.7

局地的なすごい雨で、九州は大きな災害に見舞われています。
ほんとうに、どうしてこんな災害が押し寄せてくるのでしょうか。

被災された方の恐怖、心痛はいかばかり。
今までの平和な里が、
一瞬にして泥水や流木に襲われてしまうのですから。
これはどこであっても、避けられるものではありません。

日本は山国で、山と海は近いのです。雨は急流となって
海に注ぎます。
豪雨になると、その勢いは防ぎようもなく、大きな災害となります。
被災された方に早く安穏な生活が訪れますようお祈りいたします。

昨日は娘が山から帰って、お土産を持ってきてくれました。
栃餅とお味噌と。台風や梅雨前線で大雨の中、白山の近くの
別山に登りに行ったのですから。心配しました。

安全なところまで下山したら必ずメールをいれてくれます。
それを待ちながら家事をしています。
だいたい2泊3日ぐらいの行程で、メールの時間もいつごろか
言ってくれているので、ヤレヤレです。

疲れているのに、いろいろと働いてくれました。
庭仕事ですが、ポーチュラカの苗を植えて、トマトの支えをもう一本。
アジサイ㋨剪定をして、モミジに薬をまく。など

ありがたいことです。



by hekiku | 2017-07-07 08:34

東京都議選 2017.7.3

自民党の大敗となりました。
あまりにも、醜聞が続いて結果は歴史的な大敗となりました。
それでも、稲田防衛相は自分の言動が影響していると分かってないようで
とても無神経な人で驚きです。

安倍総理も森友、加計学園の釈然としない問題などがあり、
総理大臣たるもの、個人的に動いて、疑われるようなことを
すべきではありません。

まして、安倍昭恵さんという変わった夫人が、
怪しげな行動をして、分からないままですが、それが青天霹靂になった
でしょうか?
首相夫人としての品位があるでしょうか。

安倍首相は夫人のことも、稲田防衛相のことも、何の対処もしないで
泳がしています。
すぐに更迭すべきです。議員としても大臣としても失格者を
防衛大臣の席に座らせていては、総理の信頼が崩れてしまいます。

8月に内閣の改造を行うので、その時にと考えているのでしょうが、
早く罷免して、首相の決断を示したほうがいいのでは。

この選挙の結果は当然のことで、
どう立て直しを急ぐのでしょうか?心配です。
首相の信頼を立て直すだけでも大変なことです。
まして、自民党が国政を凌駕するのはむずかしい。

安倍首相は女性を用いようと無理はしないことです。
男女関係なく、適任者を選ぶことです。
今度の大敗は、女性が足を引っ張ったとが一因と思いませんか?
大きな問題です。


by hekiku | 2017-07-03 20:34

あとの半分  2017.7.1

7月になりました。
やっぱり夏らしい。光の強さが違います。
これから2カ月、暑さに負けないよう元気で過ごしたい。

我が家は夏は風がよく通るので過ごしよい。
南も北も大きな掃き出し窓だから、家じゅうを風が吹き抜ける。
朝など、ひんやりとした空気にソヨ風がやさしく吹き抜ける。
天国のような心地よさ。

今年の前半を振り返ってみると、心にそぐわないことばかり
ただ無為に過ごしたとしか言いようがないが、この歳になれば
そんなものかと納得するしかない。

まだ自分のことはどうにかこなせているので、むしろ、よろこんで
いいのではないかと思う。

昨日はいきいき体操に行ったが、来る人が少なくなってきた。
私にとっては大事な運動。優先順位は高い。
家で一人ではなかなかできないもので、皆さんと一緒に運動すること
はとてもだいじなこと。

いきいき体操の前に、気功の先生が簡単なものを教えてくださる。
その先生は、私のことを褒めてくださる。
体が柔らかい。姿勢がいい。と。

太極拳をしていたからだとおしゃるが、そうかもしれない。
太極拳は曲がりなりにも7年していたし。トレージングジムにも
ずっと行っていた。

しかし、「衰え」は自然に忍び寄ってくる。

それは自然の摂理だと思う。

そのなかで、今日一日をできるだけ「働く、感謝する」

ただそれだけ。そんな生き方をしています。


by hekiku | 2017-07-01 15:29

おしなべて 花のさかりになりにけり 山の端ごとにかかる白雲  西行


by hekiku
プロフィールを見る