心を耕す 2017.3.18

昨日、在家仏教会の講演を聴きに行って来ました。
年に5回の講演になったので、貴重なものになりました。
講師は薬師寺長老、喜光寺住職 山田法胤師
演題は「心を耕す」

仏教では心のことを「畑のように耕すことが大切」と言います。
転依(てんね)と言って、医者やお薬、お金に頼っているのを転換する。
莫妄想(まくもうそう)例えばアメリカが日本を助けてくれる、
           薬師如来は病気を治してくれる、と思いこむ。

お釈迦様は、頼ってはいけない、自らを頼りにせよ。
よりどころは自分だけ、今までの生き方が拠りどころ。と教えられた。

牛あるものは牛に頼る、牛ある故に愁いあり。  (牛とは財産のこと)
子あるものは子に頼る、子ある故に愁いあり。

業(ごう、行為)
三業 身業 五感で造る業
   語業 言葉で造る業
   意業 こころで思う業 
三つの無表業が積集されて、これを種子(しゅうじ)という。
無表業は表に出ないが、何十年経っても自分は覚えている。

「過去は消えない」
これが業である。

種子(しゅうじ)は生きて、現行(げんぎょう)となる。
これを薫習(くんじゅう)という。300年の薫習が無表業となって、
蓄積されたものが、ポンと出る。

いい縁を得るように。
いい縁と結ばれるように。

すべてのものは変わる、永遠では無い。
生じたり、減じたり、この世はそんなものに他ならない。
それを乗り越えたら、静かにものを見ることが出来る。

とても怖いお話だと思いました。
すべての行為は蓄積されます。生きるとはそれほど真剣なもの。
過去は消えない。

# by hekiku | 2017-03-18 15:49

春色濃厚 2017.3.14

春の気配が濃厚になりました。もうすぐですね。
周りが明るくなったのも、いい気分です。

先日、外出の時のこと、私はキャリーを引いているのですが、
駅の階段を降りるのに、そのキャリーを持って、一段ずつ降りて
いたら、「ああー、持ちますから」と、高校生ぐらいの男の子が
キャリ―と手提げを持ってくれました。

その男の子は下から上がって来て、私の姿を見てすぐ持ってくれたのです。
「ありがとう」その一言しか言えなかったのですが、嬉しくて胸いっぱいですが
それは言葉になりませんでした。
その少し前にスーパーで買い物をして、レジで並ぼうとしたら、
若い男の人が、「どうぞ」と自分の前を譲ってくれたのです。

こんな行動を何のためらいもなくスッ―とできる人が、
いらっしゃるのです。たくさんいらっしゃるのです。きっと。
どんなご家庭で育ったのかしら?
親御さんはどのようにして、立派な教育されたのかしら?

私の子供は、こんな行動をスッとしているかしら?
もしそうしていてくれたら、どんなに嬉しいことでしょう。
孫たちはどうかしら?

いえ、いえ。私はそんな親切な行動がさっとできたかしら、ノー。
手伝ってあげたいと思っても、グズグズしていたでしょう。
行動ができるかが問題ですね。

年寄は年寄なりに、できることがあると思います。
顔施、言辞施。明るいにこやかな顔。やさしい言葉。
私もしっかり心に入れて、実行しなければ。

感謝、感謝のうれしい日でした


# by hekiku | 2017-03-14 16:32
東日本大震災から6年目の3月11日がやってきました。
映像を見て、そのすごさに今更ながら驚きます。
「引き波」と言って、押し寄せた波より引き波のほうが強いらしいです。
この中で助かるというのはなかなかのこと。
すべては想定外ですから。
テレビに合わせて鎮魂の合掌を致しました。安らかにお休みください。

現実の問題として、想定外のひどい災害が来た場合、
どう判断するかですね。
津波とは限りません。
北朝鮮からミサイルが飛んでくるかもわかりませんし、
ドローンが落ちてくるかもわかりませんし、有毒ガスが散布されるかも
知れません。

私のように高齢で足の悪いものはどうしたらいいのでしょう?
誰かの助けがなければ、避難することはできません。
それが心細く思われます。

やっぱり、心構えと、避難用具などできることはしておいたら
いいのではと思っています。

いつの時代でも、生きるのは厳しいものです。
その中で、平穏に暮らせた時にありがたさが分かるのですね。
それと、神仏と言いましょうか大自然の真理を感知することが
大事だと思うのです。
感謝の生活が心を安らかにしてくれるのです。

今日の追悼式は、秋篠宮様がお出になっていました。
天皇陛下はこれで、安らかになられたでしょうか。





# by hekiku | 2017-03-11 17:38

お水取り  2017.3.9

3月1日から14日まで、関西では奈良のお水取りと言って、
とても寒い時期になります。

「お水取りがすまないと、暖かくならない」と、そう思っています。
ほんとうに、すごく寒い。
それが春らしい日差しと青空がみえていても、風は冷たくて
きびしい寒さです。
お彼岸までは、あまり期待しないで、じっと耐えておくことです。

その寒さの中、西宮ガーデンズにお昼ご飯を食べに行きました。
今はあまり体調が良くないので、食欲がないのです。
ガーデンズにはたくさん食べるところはあるのですが、
回転すしにしました。

ガーデンズはいつもたくさんの人が来ています。飲食店は並んで
順番を待っています。
とても私のいるところではないように思うのです。
この今時風な現場には、なじむことができないのです。

一緒に食事をしたお友達は、とてもガーデンズに詳しくて案内して
くれました。鯛焼き屋さんで、桜餅鯛焼きというのを買ってくれたので
アツアツのをいただきました。鯛焼きの中に桜餅が入っているのです。
これは美味しかった。

3時間ほどうろうろしている間に、知った人に3人あいました。
やっぱり地元の憩いの場なんですね。
私は、買い物といえば梅田に行くのです。便利なものですから。
ガーデンズには歩いてでも行けるのですが、バスの本数が少ないので
ついつい遠慮していました。

時々は行ってみるものですね。

# by hekiku | 2017-03-09 19:37

北御堂 2017.3.4

昨日は母の祥月命日で、難波別院北御堂へ行きました。
妹夫婦と私とは毎年のこと。今年は私の娘と孫娘。
妹の娘も。合計6人でした。
母が亡くなって26年の歳月が経ちました。
自分の年が重なるほど、父母のことが偲ばれてなりません。

私は本当に、幸せな家庭に生まれ育ちました。
父は仕事熱心な人でしたから、戦中戦後といっても、困難な状況を
味わうこともなく、恵まれていました。
それは両親の、たいへんな努力のおかげだったのです。

大きな傘の下で守られておりました。
それは安穏ということでなく、8人の子供と、たくさんの従業員は
みんなよく働きました。
すごく建設的な家だったのですね。活気に満ちおりました。

まじめに努力することを教えてくれた、両親の恩愛はとてもありがたい
ものです。父や母の努力はいかばかり、昔の人はえらかったと思います。
日本人はみんなよく働きました。自主独立が基本でしたから。
いきいきと働いていましたから、幸せであったと思うのです。

今の世の中はどんどんいい方向に動いているのでしょうか。
向上しているのでしょうか?ほんとうに?

あまり働かないで、要求ばかりが多くなったように思います。
女性は、小さい子を他人に預けて、外で働きます。
これはどういうことでしょうか?どんな意味があるのかしら?
分かりません。

もう、社会の外に放り出されている高齢者が、ぐたぐたいうことでは
ないのでしょうが、いい世の中になっていると思うこともありますが
人間って、こんなものなのかと思うことがよくあります。

その不完全を許し許されて生きているのですから、
大きな流れに身を任せて、目をつぶりましょう。


# by hekiku | 2017-03-05 12:42

旅行考 2017.3.2 

弥生に入りました。
お雛様の月です。
卒業式、謝恩会、送別会など行事が多いですね。
別れと出会いの節目でありながら、その時は分からないものです。
もっと後になって、懐かしく思えるのです。

寒さに弱くなったものですから、長逗留の温泉に行きたいと思って
いたのですが、早くも3月になってしまいました。
せめて2泊3日の旅にと思うのですが、なかなかそれも実現せずに。
今、妹たちが考えてくれているのですが、鳥羽から船で渥美半島の
伊良湖岬に。と

さあー、うまくホテルがとれるかどうかわかりませんので。
私は連れて行ってもらうほうですから、おとなしく、黙って、喜ぶこと。
膝が痛くて、足を引きずってトボトボ歩く、おばあさんを連れて
行くのは大変でしょうから。

周りの人を見て思うのですが、歳をとると皆さんあまり旅行に
行かれないそうです。
何故かって、「しんどい」からとのこと。
ふーん。ふん。
私も「しんどい」

しかし、体はしんどいが心はあれもこれもと行きたい所ばかり。
それも遠くへ。
欲が深いということになります。本当に欲が深いのです。
体は老いても、心は若いといえばよく聞こえますが、
そうではなく、分別がないのです。控えるべきことなんです。
つつましく。

が、旅が好きなんです。
冒険です。発見と感動を味わいたいのです。
何があるかわからない旅は、人生そのものです。
たくさん体験して、喜びをいっぱい袋につめたい。
そう思っています。


# by hekiku | 2017-03-02 08:33

2月も終わり 2017.2.26

早くも2月も終わりに近づきました。
この一カ月どうしていたのかと思うと、
殆どコタツで横になっていたのではないでしょうか。
何故? 寒いから、いえ、いえ、歳を取ったからしんどいの。

だんだん動けなくなってくる自分を、感知しているのです。
でも、長命の世の中になっているのです。頑張らねば。
周りを見ても、90代でも元気な人はたくさんいます。

が、これでも精いっぱい動いているつもりなんです。
私の姉も、妹も施設に入っています。
どの程度の運動をしているのでしょうかしら?

私は買い物、食事拵え、洗濯など一応家事と言われるものは
しているのですが。もう、それがしんどくなってきたのです。
とくに買い物が。

スーパーを2か所回って帰ってくると、2時間近くかかってしまいます。
キャリ―を引いて歩いているのが、だんだん遅くなって。
運動のために買い物に行っているので、行かなければ運動不足に
なってしまいます。どうしたものでしょうか。

それに若い時からずっと、動くこと、働くことは精いっぱいして
きましたから、じっとしているとストレスが溜まってしまいます。

まあそんなことで、寒さの2月からだんだん明るくなっ来る日を
楽しみにしています。
毎朝6時に起きた時は、日一日と明るくなって来るのが、すごく顕著に
わかるのです。
とてもうれしく思っています。


# by hekiku | 2017-02-26 19:55

春の足音  2017.2.21

春が近づいて来ました。日差しの明るいこと。
が、この冷たさ、風もきつい。
もう少しの辛抱か。

今日は宝塚の皮膚科に行って来ました。
巻き爪になって、ワイヤーで固定してあるのがだいぶ伸びたので、
それを外してもらいに。
去年の7月に腫れて痛い目に遭ったのが、永い間かかってやっと
爪が伸びたので、外してもらったのです。

宝塚から阪急線で大阪へ。
大丸で補聴器のクリーニングをしてもらって、少々の買い物をして
帰宅時間は1時。それからコタツで横になって目が覚めたら、4時。
良く寝ますねえ。
やっぱり外出すると疲れるのでしょう。

私は山の絵をよく描いているのですが、六甲山が未だ。
どこから描いたらええかしらと考えているのです。
阪急の宝塚線の池田、豊中あたりからは、六甲山の全容が眺められて
いいなあと思いました。

梅や桃はこの寒さの中で、凛々しく咲いています。
盛夏のひどい暑さに咲く夾竹桃やサルスベリなど、とても人間には
考えられない生命力です。

寒さにいじけないで、花たちのように凛凛と生きたいものです。

庭の沈丁花の蕾が開いてきました。三株あるのですがどれも負けないで
花が開らきだしました。いい匂い。



# by hekiku | 2017-02-21 18:46

せとか  2017.2.18

「せとか」という柑橘類がこんなに貴重なものとは知らなかった。
平戸市にふるさと納税をしているので、お礼品として送ってきた。

粒はあまり大きいわけではないが重い。形の割には重量感がある。
外の皮は薄くてさっと剥ける。が、中の袋は薄くてとても
剥けるものではない。

輪切りにして、スプーンで食べるか、一口大に切って
食べるのがいいと思う。

友達に少し差し上げたら電話があった。とてもおいしかったと。
「せとか」を調べてみて「清見」と「アンコール」を掛け合わせたものに
「マーコット」を交配させたものとのこと。
日本人はいろいろと研究して、よりよいものを育成する。
とくに果物は新しいものが次々と作り出される。
それを頂けるのだからありがたいですね。
収穫期は2月中旬から3月中旬ぐらいで短いらしいです。

陽射しは、明るく春めいてきましたがまだまだ、寒い。
この季節、私は島崎藤村の千曲川旅情の歌を口ずさむ。
 
 小諸なる古城のほとり 雲白く遊子悲しむ
 緑なすはこべは萌えず 若草もしくによしなし
 白金の衾の岡辺 日に溶けて淡雪流る

 嗚呼古城なにをか語り 岸の波なにをか答う
 過(いに)し世を静かに思え 百年(ももとせ)も昨日のごとし
 千曲川柳霞みて 春浅く水流れたり
 ただひとり岩をめぐりて
 この岸に愁いをつなぐ

ああー、浅間山や千曲川を見に行きたーい。


# by hekiku | 2017-02-18 20:29

三寒四温 2017.2.15

冬の気温は三寒四温と私たちは思ってきましたが、
近ごろはそんな言葉をあまり使わない。
今日はその四温に当たるのか寒さも少し緩やかでホッとする。

この一週間、ずっと休養の毎日で、横になって眠ってばかり。
顔に蕁麻疹ができて赤く腫れて、瞼もふくれている。
徐々に良くなって、きょう内科へ行って採血の結果をきく。

アレルギーは確実だと思っていたのに、検査結果では
食餌性、花粉性、など40種類ほど調べた結果、0で陰性ということ。
ええっーと驚いた。
先生は「よかったね」と言ってくださったので、やれやれ。

時々、不調なことが出ると、まあー歳を取るとこんなものかしらと
思うが、若い時もそうだったから仕方がない。

冬眠のように、コタツに入っていては物事ははかどらない。
動きたいが寒さには弱い。寒い間は自分を甘やかしておこう。

この厳冬期、月が美しい。
2月11日が満月の日、翌日が十六夜。
東の窓から、二日続けて見事なお月さまを見た。
カーンと凍り付いた空に、冴えわたった月が、大きい月が昇ってくる。

ずっと見ていたいが寒いので、残念ながら雨戸を入れて窓を閉める。
次の日も又、又、煌々と寒空に輝く月。神々しいものです。
宇宙に棲息している幸せを、感謝でいっぱいです。



# by hekiku | 2017-02-15 18:29

千曲川いざよふ波の岸近き宿に のぼりつ濁り酒濁れる飲みて  草枕しばし慰む   島崎藤村


by hekiku