上弦の月 2017.9.29 

つるべ落としの秋の日は早く暗くなります。
南の空に上弦の月が、はっきりと姿を見せて美しい。
同じ月でも冬は高い位置に、夏は低く、春、秋はその中ごろと
テレビで言っていました。

私は月の姿を美しいと見ているだけで、その動きなど、
何もわからないのです。
子供の時分から、お月様を見ると手を合わせたいほど
その美しさに、畏敬の念を持っていました。
が、月の運行の理屈は何もわからないのです。

それは、お月様だけではなく、どんなことにおいても訳が
分からないままで、ただ感情が先立ってそれで動いているのです。
老いてから自分の姿がよくわかるようになりました。

秋は月です。右半分の上弦の月をよく見ましたが、
下が欠けています。それにぼーっとしています。
遠近両用のメガネをかければよく見えました。
メガネはありがたいですね。
今夜はそのありがたさがよく分かりました。

政界の混乱ぶりは恥ずかしいことですね。
選挙に合格するためには、節操も羞恥心もありません。
そんな人が、議員になって働けますか?

安倍内閣を倒すためにといっていますが、民進党もこれで
おしまいです。こんな恥ずかしい人達が議員になることは
お断りです。もっと議員の数を減らすべきです。
税金を食い物にしているだけで、国家や社会のことなど
考えていません。税金がもったいない。

今夜の月は、冷気の中で平静に輝いておりました。


by hekiku | 2017-09-29 20:42

世の中は  常にもがもな渚こぐ      あまの小舟の綱手かなしも 実朝


by hekiku
プロフィールを見る
通知を受け取る