湖東の歴史を訪ねて 2017.12.14

2泊3日の旅をしました。
彦根で宿をとって、娘と孫娘と私の女3代です。
車ですから、私はラクですが、娘や孫は疲れたでしょう。
1日目は彦根城とヒコニヤンを楽しみました。
スローに動きながらも、細やかな芸がおもしろかったです。

2日目は孫の運転で北へ向けて出発しました。
まず、伊吹山の麓の三島池へ。
快晴で穏やかな天候、伊吹は上が霞んで全容がつかめません。
人っ子一人いない静かな処でした。

姉川の合戦の地で下りてブラブラ。浅井長政の小谷城址に
向かいました。典型的な山城で、急な山道を資料館の人が
案内してくださいました。浅井三姉妹ねね、お江、お初の
銅像のある道ノ駅で、フナやアユの甘露煮などを買いました。

琵琶湖の東、このあたりの地はとても重要なところで、
戦国時代は勢力争いで、戦いが沢山ありました。
群雄割拠、滅亡した武士たちの思いがひしひしと伝わります。 
それから長浜をさっと見て、彦根に戻りました。 

3日目は帰途に。まず、石田三成の居城、佐和山城跡へ
彦根に近いところですが、JR沿いにひっそりと
とても深みのある場所でした。
近くに龍潭寺があって、これは井伊家の菩提寺です。

関ヶ原の戦いで三成は敗れますから、栄枯盛衰の悲しい
歴史です。あと、信長の安土城祉へ行って信長を偲び
ました。

人気のある「クラブハリエ」に行ってみましたが若い人の
行くところですね。お土産を少し買って、
琵琶湖大橋を渡って西海岸へ、あとは高速をひた走り。

娘と孫ちゃんに、ありがとう、ありがとう。
いい旅でした。   

by hekiku | 2017-12-14 18:26

世の中は  常にもがもな渚こぐ      あまの小舟の綱手かなしも 実朝


by hekiku
プロフィールを見る
通知を受け取る