おせちの片付け 2018.1.7

毎年同じ事になりますが、おせちを少なめにと思っても
どうしても多いらしくて、残り物をうまく利用したいと
おもっています。

4日にバラ寿司を作りました。
それは筑前煮を使って、孫娘が持ってきてくれた
アナゴをふんだんに上に載せました。アナゴは姫路の
名物らしくとてもおいしいものでした。

そのアナゴがまだ残っているので、昨日は茶わん蒸しを
作りました。我が家ではお正月は必ず茶わん蒸しを
していたのですが、近頃はもうすることはなかったのです。

ちょっと、卵が固めになりましたが、久しぶりに自家製の
茶わん蒸しを頂くことが出来ました。

おせちはまだ残っていますので、3日に火入れをしましたが、
昨晩また火を入れました。いちばんおいしいかと思っていた
里芋の煮物があまり売れません。かなり高価なものですが、
白くきれいに炊きあがって自慢の出来なのに。
それから高野豆腐も残っています。

近ごろは大丸でおせちを頼んでいます。このところ京都の
「泉仙」の一人ずつの折のものを二つお願いしています。
これは一日の日にいただいて、二日は娘たちが来るので
我が家のおせちを頂きます。

そんなこんなで、お正月の雰囲気は日に日に薄れていき
ますが、おせちが無くなるのはまだ先のこと。
まだ、お鏡を切ってもらったり、仏壇と神棚と三宝さんの
お供え物を片付けなければなりません。

そして睦月は過ぎていきます。

無事にお正月を迎えられたこと感謝でございます。


by hekiku | 2018-01-07 16:59

世の中は  常にもがもな渚こぐ      あまの小舟の綱手かなしも 実朝


by hekiku
プロフィールを見る
通知を受け取る