ヒラド 2018.4.21

ヒラドツツジが、いま満開。
うちのは薄いピンクで、濃いピンクの斑点が少しある。
今年はどうしてか、すごくきれいで、大きな花がいっぱい。
これを植えた20年前は、すごく元気がなくて、こんな花を
持ってきた植木屋さんに腹が立ったものだった。

毎年のこと、諦めていたのでほっておいた。
花もちょろちょろ。咲かない年もあった。

が、今年はどうした?
見事な花。その勢いがちがう。

同じ木でありながら、どうしてこうも違うのだろうか?
分からない。
あまり詰まっているので、一枝を切って佛壇に供えた。
どの場にあっても、華やかに輝いている。

何故 私はヒラドの元気な姿に圧倒されているのか!
それは私もかくありたいと思っているからと思う。

「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」
林芙美子の言葉を思い出します。

転んで傷めた下肢もだいぶ良くなってきました。
痛み止めのロキソニンが効いているのかと思いますが、
よくなってくると、薬も控えてと思っています。

体は動かさないと、動かなくなるといいますから
がんばらなくちゃ。

by hekiku | 2018-04-21 20:25

鶯の声を 聞きつるあしたより 春の心に なりにけるかも 良寛


by hekiku
プロフィールを見る