広島の親戚  2018.7.13

広島には、夫の親戚がたくさんおられる。
この度の水害で、被災されたのではと気になるところが数軒。
心配しながらも、電話することができないでいる。

が、今日はまずいちばん掛けやすいところに掛けてみた。
夫の姉が娘と住んでおられるところ。ここは中心地にあって、
よく知っているから、まず大丈夫と思っていた。
やっぱり、みんな元気で、水も不自由してないとのこと。

広島市安芸区の ご本家。ここは心配。
海田の いとこの家。
呉の いとこの家
倉敷の 甥っ子の家

夫が亡くなって12年、年賀状のやり取りぐらいで、
平素のお付き合いは疎遠になっている。
もし、被害に遭われていて大変なところに、電話をしたらと思うと
とても、とても。
明日から、ゆっくり確認していこう。

この度の豪雨の被害は、ひどすぎる。
想像を絶するものだ。
私は、武庫川が決壊して水がきても、我が家の2階にいようと
思っていた。
しかし、被災者の様子を見ると、自分の家で水死という事が
高齢者でおおい。2階では助からないことが分かった。

早く安全な処へ避難することが大切。
避難所までは遠い。とても歩いていける所ではない。
近くで安全な場所を決めておかなければならない。

災害がもたらした課題は多くて大きい。


by hekiku | 2018-07-13 20:53

世の中は  常にもがもな渚こぐ      あまの小舟の綱手かなしも 実朝


by hekiku
プロフィールを見る