上弦の月  2018.10.19

穏やかな秋の日です。
災害続きだったあの暑い夏の日が、ウソのような
静謐な秋の日が続いています。

近ごろは日が短くなって、5時半ぐらいで暗くなって、
夕闇が迫ってくるのですが、数日前から決まって
西寄りの南の空に上弦の月が、姿を現します。
その美しいこと。

暦では17日が上弦の月で、24日が満月らしいですが、
半月からもう少し膨らんだ月が、ほっかりと静かに
夕空に輝いています。お月さまが好きといっても、
その運行が分かっているのではなく、ただその時の
感情で美しい、と喜んでいるのです。

どうして学ばないのでしょう。月を。
ここで、私は自分の性質を知るのです。すべてがいい
加減で、しっかりと勉強をしないのです。

この歳になって、自分を知ることがたくさんあります。
でもあまり自信を無くするとグラグラいたします。
だからいい加減にしているのです。
こんなことで許されるでしょうか!

「こんど生まれ変わったら」と娘に言いましたら、
「よくそんなこと言えるね。私はそんなこと考えた
ことは無い」といいました。

生まれ変わるって、そんなことは無いのでしょうか。

今だけが確かなことなのでしょうか。
きっと、そうだと思います。


by hekiku | 2018-10-19 20:09

世の中は  常にもがもな渚こぐ      あまの小舟の綱手かなしも 実朝


by hekiku
プロフィールを見る
更新通知を受け取る