名月  2018.10.25

今夜は満月です。
東の窓を開けて、真正面に月と対峙しました。
広い東の空に、カーンと澄み渡った夜空に
月は、冴えわたった光を輝かせていました。

「名月や池をめぐりて夜もすがら」
有名な芭蕉の句です。
美しい月を眺めて、夜通し池の周りをぐるぐると
回ったという事でしょうか。池のおもに月は写って
いたでしょう。

私もそうしたいと思います。今夜の月を見ていると
いつまでも月を眺めていたい。そんな感じです。
町の中は明るい照明でいっぱいです。
その中で、天空にかかる月、ただ美しいというだけ
でない、神秘的なものを感じます。

大自然の運行は、人知の及ばないところです。
しかし、一方お月様は親しみがあるのです。
私は小さい時から、お月様にはよく手を合わせたもの
です。もっと小さい頃はウサギがいると思っていま
したから。

また、これからしばらくお月さまを見てまいります。
先ほど見た時より、もっと天空の高い所に輝いている
でしょう。

美しい月を見上げて、胸いっぱい喜んでまいります。

by hekiku | 2018-10-25 20:37

世の中は  常にもがもな渚こぐ      あまの小舟の綱手かなしも 実朝


by hekiku
プロフィールを見る
更新通知を受け取る