立冬 2018.11.7

今日はかなり暖かくて、デイケアで運動した
あとはベストを脱ぎました。そして上着も着ないで
持って帰りました。そんな立冬の日でした。

寒暖の差も色々ですが、自分の心の中も喜怒哀楽が
いろいろ湧いてきます。いい日もあれば、自分自身が
情け無くなるような日もあります。

自分の人格をぎょせなくなって、感情のままに動いて
しまって、あとで後悔をしています。今日はずっし
りと重い後悔です。人間っていつまで経っても、本質は
変わらないのかしらと絶望しています。

曽野綾子さんの「孤独と絶望は神様が最後に与えられた
試練だ」という事になりますか。
それをどのように受け止めて、魂の安らぎを得るように
するか冷静に考えればいいのに、なかなかそんなことは
できませんでした。

仏教では因果応報といいますが、すべて原因があって
結果があるのですから、原因はいいものであるように
心掛けなければなりませんのに。

さあ、絶望しなくて済むように、今から言動に注意
するように致します。



by hekiku | 2018-11-07 18:52

世の中は  常にもがもな渚こぐ      あまの小舟の綱手かなしも 実朝


by hekiku
プロフィールを見る
通知を受け取る