素晴らしい 2018.2.17

羽生結弦さんがフィギュアスケートで「金」を
獲得しました。すばらしい。
今日は日本中の人が、固唾をのんでライブを見たのでは
ないでしょうか。
うれしいですね。
今までの失敗した姿を想像して、みんな心配したと思います。

でも、その素晴らしい安定した演技に、万雷の拍手を送って
喜びました。すごく嬉しいことです。
羽生さんのその不屈の精神、オーラの輝く演技。
これは、「神」に近いのではないでしょうか。
「神の域」に達していると思います。

それと、みんなの「羽生結弦」を勝たしたいと思う心が
一丸となって届いたと思います。
これが「神助」となったのではないでしょうか。
「誠」というのではないでしょうか。
昨日に続いて、今日も嬉しい日でした。

将棋の藤井君も羽生善治さんに勝ちました。
すごい人ですね。まだ中学生というのに。
若くて、先人を凌駕する人がでて、うれしいことです。
藤井君はこれから先、どうなるのでしょうか。

幸多き人生を歩まれて、世のため人のために
頑張ってください。

ありがとうございました。

# by hekiku | 2018-02-17 20:12

ピョンチャン 2018.2.16

平昌という所は凄く寒いところですね。
テレビでオリンピックを見ていても、酷寒を感じます。
今まで名も知らぬ所ですが、オリンピックの開催地に
なって、世界に地図を発信するのに、その地図には日本を
載せなかったという。

韓国人らしいですね。
日本を抹殺しようと思っても、そうはいきません。
まだまだ、品性の向上を心掛けねば、世界に伍して
いけませんよ。

今は競技の真っ最中、よく頑張っていますが、僅少の差で
「金「」を逃した人は、残念なことですね。
努力だけでなく、運もあるのでしょうか。

まだ勝負をしてないのに、あれこれ大きく騒ぐのは、
行き過ぎではありませんか、
あまりの重荷を背負わせたくないですね。

選手の年齢を見ても、驚くほど若いのです。
小さい時から頑張ってきたのですね。すごい努力です。
努力だけでなく、天分がある人です。  
この天分が必要だと思うのです。

もうしばらくのオリンピックを楽しませていただいて、
寒冷のこの時期をしのぎたいと思います。

# by hekiku | 2018-02-16 08:12

雪が舞う 2018.2012

昨日はほんわかと暖かい日でしたが、今日はかなり寒い。
北の国では雪がまた降るそうで、たいへんです。
屋根の雪を降ろすのも、重労働ですからね。

こちらは雪が舞ったぐらいですが、四国や九州でも
雪が降るのですから。

昨日は夫の13回忌の法要を営みました。
子供と孫の6人が仏間で、僧侶を待ちました。
来てくださったのは、先代のご住職ですが、しっかりした
大きな声でお経をあげてくださり、私たちも正信偈を
一緒に唱えさせていただきました。

先代のご住職さんには、私がこの家に嫁いだ時から
お世話にてなっていますから、63年になります。
だから、わざわざ来てくださったのだと思います。
ありがたいことです。

法要を営むのは、その人に自分がどれだけお世話になった
かと、感謝することです。と教えていただきました。

そのあとは、私の米寿のお祝いをしてくれました。
みんなが集まる機会が少ないので、この機会にという事で、
見事な花束や、バースデイケーキ、孫娘からはマフラーと
ドライフラワーのプレゼントををいただきました。
娘が、いろいろと考えてくれたようです。

嬉しい日でした。ありがたい日でした。

この歳まで生きさせていただいてありがとうございます。


# by hekiku | 2018-02-12 19:55

13回忌 2018.2.10

明日は夫の13回忌の法要をします。
子供と孫だけのささやかなものですが、
我が家での法事だし、自分にできることには
充分にしたいとと思っています。

それに、私ができるのはこれが最後かと思うので
心を込めてと思っています。

夫が亡くなったのは、私が75歳の時でした。
1人になって気楽に動けるかと思っていたのですが、
どうして、どうして思ったようにはいきませんでした。

次々と病気ばかりで、病院通いでした。
細々ながら、日常生活をしていますが、危うい綱渡りを
しているようなものです。

しかし皆さんは、私に「元気ですねえ」といわれる。
そうだ。本当に元気なんだ。

ありがたいことです。
夫は、きっと私にたくさんの時間を与えてくれたに違い
ない。
ありがとう。ありがとう。

従容と、感謝の日々を送るようにいたしたす。

# by hekiku | 2018-02-10 17:15

バースデイ 2018.2.5

今日は私の誕生日。
陽光は明るく、春の感じがしますが
風の冷たいこと。
早春賦の「春は名のみの風の寒さや」です。

いつもこの時期、私は光孝天皇の
「君がため 春の野に出て 若菜摘む
 わが衣手に 雪はふりつつ」という歌を口ずさみます。
今の季節をとてもよく表現していると思うのです。

誕生日だからと、電話を頂いたり、お手紙を頂いたりして
とても忙しい、そして嬉しい日でした。
「生かしていただいてありがとうございます」

神仏のご加護、ご先祖様のご恩や
周りの人の支えには、感謝いっぱいです。
ありがとうございなす。

私も私なりにしっかりと頑張りたいと思っています。


# by hekiku | 2018-02-05 19:19

如月 2018.2.1

2月になりました。
如月、衣更着、更衣、どれも「きさらぎ」と読み
文字の如く、衣を変える時期という事ですが、
今で言えば3月の中頃になるのではないでしょうか。

今月は、夫の13回忌の法要をすることになっています。
昨日、娘と一緒に梅田のデパートを回ってきました。
粗供養などの買い物です。
足がここ1年ほどで、ぐっと弱くなりましたから、
よく知っている所でも、疲れてしまいます。
歩けないのですねえ。

大阪に出ると、かならず大丸の補聴器やさんに寄って
補聴器を見てもらいます。
精密機器だから自分で触らないようにとのことですが、
やっぱり、徐々に傷んでくるそうです。

梅田周辺は慣れた場所ですが、歩けなくなったら
行けませんので、もの悲しく感じますが、
人間が受けなければならない、老、病、死は
すんなりと受けとるほかに道はありません。

心を鍛えることですね。
体と同じく、精神も鍛えなければと思っていますが。

今日も寒い日でした。
昨夜の月食は初めのほうは見えていましたが、
あとは雲が多くなって、残念でした。


# by hekiku | 2018-02-01 18:45

失敗  2018.1.30

ブログの失敗ですが、
昨日のこと、書いて最後の締めをしないで、
ほかのニュースを見ていて、消すときにブログの方の
✖印を押してしまったのです。

こんなことは以前もありました。
せっかく書いたのに、残念。よく失敗をします。
すぐに書き直せばいいのに、もうそれはできません。
それだけの元気は無いのです。

今冬は特別の寒さだと思います。雪の多いところは
大変ですね。今朝のニュースでは水道管が凍って断水に
なっているのです。雪道を大きなバケツで水を運んで
おられました。

先日の草津白根山の爆発も、突然のことですから
驚きです。火山列島のなかで住んでいるのですから、
そんなこともあるという事でしょうか?
平安に暮らすのは難しいことのようです。

大相撲は「栃ノ心」が優勝しました。
見事な戦いぶりでした。
容姿の美しい人です。身長192㎝、太ももが85㎝という。
ジョージア(グルジア)の人です。遠い国からきて、
鍛錬しているのですから、真剣です。
歯科医師であるという。インテリ力士ですね。

あたらしい風が、相撲界に吹いてきて
日本人の若手も頑張っているので、楽しくなりそうです。


# by hekiku | 2018-01-30 08:11

消化器内視鏡検査 2018.1.24

昨日、胃の検査に行って来ました。
宝塚の先生です。もう、4.5回になると思います。
ここは沢山の人が来られています。
消化器の上部、下部を内視鏡で検査してくださるのです。
私は上部消化器で食道、胃、十二指腸を診てもらいました。

以前は神戸の先生のところに行っていたのですが、
80歳を超えると、病院を紹介されるのです。
それから宝塚の先生のところに行っています。

ここは患者にとってはありがたいのです。何の苦痛も
無く、検査が済むのです。
昨日の検査は、腹部のレントゲンとCTのあと内視鏡
でした。

気がつけば、椅子にもたれて少し朦朧とした感じ。
あと先生の診断がありました。
きれいです。異常なしとのことで、
胃の内視鏡検査も、もうしなくてもよいとのこと。

ああよかったと思う反面、もっと日々の生活習慣に
気をつけなければと思いました。
まず一番に「食べ過ぎ」に注意することです。
私は美味しかったら、ついつい食べ過ぎるのです。

感謝しながら帰途は娘の車で、送ってもらいました。
家に着くと、確定申告の仕事を娘がしている一方で、
私はウナギ寿司をせっせと作りました。

夕食は二人で「おいしいね」と頂きました。
息子の分と、娘婿へのお土産は別にとっておきました。

ありがたい一日でした。


# by hekiku | 2018-01-24 10:22

アロエの花 2018.1.20

今日は24節気の大寒の日。
あまり寒くもなく室内で14℃くらい。

いつ植えたか覚えもないが、家の奥の狭いところに
アロエがいつも元気にしている。
とても大きくなって、数年前に娘に切ってもらったのだが
それが暮れに花をつけていることが分かった。

アロエの花は知らなかったから調べてみると、
割合に珍しいものという。
種類は「キダチアロエ」というらしい。

昔からアロエは傷薬になったり、やけどにもいいという。
そして、おなかの薬でもあるそうな。

花は2本。で1本を切って、玄関に飾ることにした。
鉢は大きな食器に、どんと入れた。
葉っぱが20本ほどあるから、見事な生け花。
娘は、芸術品という。
外に残している一本はどうなることやら。

永い間放っておいたのに。
珍しいといわれる花を咲かせてくれてありがとう。

しかし、植物は生存の危険にさらされるようになると、
自ら、花を咲かせ、種を造って子孫繁栄をするという。

水もやらず肥料もやらず、炎暑の夏も、雪のちらつく
酷寒にも耐えてきた植物に感動と感謝でいっぱい。

この大自然の営みの中で、人間はどれだけ傲慢に
生きているか。動植物の真剣さをもっと感知しな
ければと思う。


# by hekiku | 2018-01-20 15:23

1月17日5時46分 2018.1.17

阪神淡路大震災。23年の日を迎えました。
悲しい日です。6434人が亡くなりました。
私の知っている人が10人余り。

災害というものは、ほんとうに理不尽なものです。
どうしてあの人が?
良い人を選んで、連れて行ってしまうのか?
人間の頭で考えられるものではありません。

この世に生きていることは、不安定なものです。
何があるかわからないのです。
私は年を重ねて、この世がどんなに激しい流れの中に
あるのかを実感しています。

今、平和であっても忽ちにして、地獄図の世界になる
かもしれないのです。
それは天災だけではありません。
人間社会が作り出すものもあります。

その激動の中で、生存しているのです。
覚悟は要りますね。 

そんなことを心配ばかりしておれませんから。
月を見て、、山を見て、楽しんでいるのです。
そして子供の成育を喜んでいるのです。

我が家の近くは被害がきつくて10軒の隣組の中で
新築の1軒だけを残して、9軒は全壊でした。

が、今ではみんなきれいな家で、安らかに暮らしてい
ます。二代目のメンバーで。

23年は夢のようです。

# by hekiku | 2018-01-17 08:25

鶯の声を 聞きつるあしたより 春の心に なりにけるかも 良寛


by hekiku
プロフィールを見る